大牟田の昼酒地帯である年金通りの「りいる」健在でなによりです

最後に行ったのは、もう10年ほど前のことか。
いまだに健在で、まずはなにより。

北部九州で酒飲みを自称するなら、そりゃ知っとかにゃいかんめーが、っていう年金通り。
古びた店舗(兼住居だったりもする)が密集する狭いエリアは、まるでそこだけ昭和の…んー、ありきたりな表現だな、まぁとにかく飲み屋が寄り集まってんだけど全体的に古いんだな建屋が。
で、素晴らしい点は、いくつかの店が昼間っから営業しているということだ。

年金通り

こちら「りいる」は、以前は昼間どころか朝っぱらから営業してたのよね。
今は13時からだけどね。
ちなみに屋号は「上海帰りのリル」にちなんだと、以前に訊いたな。

りいる:外観

大ママは引退したと聞いたが、開店が昼からになった他は営業スタイルは変わってないようだ。
まずはビール、キリンラガー瓶があって嬉しい。
なにか食べるか訊かれたがハラ減ってなかったんで、かわきもの。
刺身とか焼き魚とか、それなりにメニューあるんだけどね。

りいる:ビール

平日の15時台、カウンターには地元の青年なのかオッサンなのか微妙な年齢層の男性客が3人。
カウンターは年季のはいったL字型で……いやL字というには短辺が短過ぎるな、小さい径の六角レンチ様の形状であり、俺は独りで短辺の席へ。
他にテーブルも3席ほどあるけどね。

りいる:壁

壁には、いつのものだろうか店が新聞に取材された際の記事が貼ってあり、その隣には手書きのカラオケの曲目リストみたいなものが。
なんですかこれと訊いてみたら、常連がよく歌うリストだそうで、曲を探すのに検索するんじゃなくリストに記載されたナンバーを直接入力するためのもの、だって。

カラオケがあるんだよね。
だから、運良く誰も歌わなければ静かに飲めるが、そういうラッキーにはあまり恵まれないようだ。
しばしば店内から熱唱が聞こえてきて入店を躊躇したこともあるし、この日は俺が店にはいった時点ではノーカラオケだったが、ほどなくして歌唱タイムとなった。
なので撤収いたしました。

まー、カラオケ絶対排斥派ではないんだけど、なければ無いに越したことは無いというスタンスです。
特に昼間はな、静かにダラっと飲みたいんだよね。

↓「食べログ」での店舗情報

りいる割烹・小料理 / 大牟田駅新栄町駅

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement