熊本駅から徒歩圏内に素敵な昼酒スポットがあったよ「味処 壱・弐・参」

熊本駅の周辺て酒飲み環境がプアだよな、と嘆いていた。
駅構内も駅近隣も、ぜんぜんパッとしねぇなと思いつつ、機会のあるごとに飲み屋を求めて駅周辺をウロウロしていたんだよ若奥さん。

駅を出て右手、線路沿いに田崎方面へ向かう道沿いの古びた店にも、何度か入ってみたが特筆するほどの店には出会わなかった。
その日は少し足を延ばして(俺自身の足は短いが)、あの有名な観光ラーメン屋の近くをウロウロしていた。
そしたら!

壱・弐・参:路上看板

ほろ酔いセット、アルコール2杯と小鉢2つで1,080円ってなかなかイイねって路上看板が目に入った。
この看板を見たのは平日の15時台、ほろ酔いセット注文できるのか、この時間帯に。
「味処 壱・弐・参」という店で、なんだかメシ屋然とした外観で飲み屋っぽくはないんだよな。
テレビ局の近くなんで、そこで働くスタッフがメシを食うという需要がメインかと想像されるロケーションでもあるから、酒よりメシに注力してるだろうとも予想された。

壱・弐・参:外観

店に入ると、うん定食屋だよねって感じにテーブル席が入り口すぐにあって。
奥には小上がり、壁には定食メニューがペタペタ貼ってあって、やはりメシ食う店だなと。
揚げ物系の定食が多いようだ。

壱・弐・参:店内

小上がりの逆サイドにはカウンターがあったので、独りの俺はカウンターへ。
タクシー乗務員と思われる先客がひとり、メシを食っていた。
うん、いろんな時間帯にランダムにメシを食う就業形態とかライフスタイルの人々ってのがいるんだから、ランチ後のアイドルタイムに閉めないメシ屋って俺は好き。

で、俺はメシを食うでなく、ほろ酔いセットをオーダーしてみた。
オーダーは快諾された。
やった、昼間っから酒飲める店じゃん、イイね!

そして素敵なことに、セットの小鉢2つというのは“お決まり”ではなく、本日のツマミ的なホワイトボードに書いてある選択肢から自分で選ぶことができるシステム。
いいね、自由度が高いのって好きだな俺。
フライドポテトと板わさをセレクト。
なぜポテトかってーと、セットで選択できるアルコールはビール or 焼酎となっていたので、焼酎が苦手な俺にはビール一択なのでビールにはポテトかなって選択なわけね。

壱・弐・参:ビール

まずビールがきて、厨房でポテトを今から揚げる様子が伝わってきた。
いちいち注文後に揚げてくれるんか、と喜んでいると板わさがきた。

壱・弐・参:板わさ

かまぼこ丸ごと一本かよ、低価格セットの一品としちゃ豪勢だなと嬉しくなった。
この板わさを一目見て、セット適用外になるがポン酒を注文しようと決心したね。

が、まずはビールと、揚げたてのポテトをいただく。

壱・弐・参:ポテトフライ

いい感じの揚げ具合と塩加減だ。
ポテト登場前に一杯目のビールはほとんど飲んでいたので(俺は無駄に飲むのが早い)、二杯目のビールのアテはポテトだけでまかなえた。

そんなわけでポン酒だ。
店のオバチャンにポン酒はなにがあるか訊くと香露と剣菱とのことで、香露を選択。
徳利と猪口で出されて嬉しいね。

壱・弐・参:ポン酒

ところで板わさ、切り方がなんか独特で板に張り付いた部分が結構な厚みなんだよね。
なんか意味があるのかしらんと思いつつ、割り箸のエッジで張り付いた部分も削いでいただきました。

壱・弐・参:板わさ

満足できる昼酒を楽しみました。
店に入る前の予想と違い、テレビ局勤務っぽい客はおらず、オッサンや老齢マダムが主な客層のようだった。
そして店を出るときに店頭のテント(駄洒落じゃないよ)に“餃子のおいしいお店”と書いてあるのに気づいた。

二回目に行ったときは、餃子を食べてみようと前もって決意して。
ほろ酔いセット適用にはならないが、餃子が売りなら食べてみねばなるまいか、と。

ビールと餃子を注文し、まずビールがきて、餃子が焼けるまでどうぞと、ほうれん草のおひたしを出してくれた。
ありがたいね、ちょっとしたサービス。
さて今回もタクシー乗務員と思われるオッサンがカウンターでメシを食っていた。
平日の14時台、小上がりでは焼酎だか飲んでる老齢マダムが何人か。
ここはテレビ局至近の立地だが、なんか地域住民の昼下がりの憩いの場になっているのか。
そういう雰囲気のほうが俺は好きだから、いい。

壱・弐・参:餃子

餃子がきた。
良い具合の焼き色がついた皮から、餡の野菜のグリーンが透けて見える。
肉や野菜は食感が保たれた刻み具合で、手作り感があっていいなぁ。
味付けは濃くないが、意外とニンニク風味が効いている。
全体的に素朴で、オバチャンが手作りしましたという餃子。

熊本駅からちょっと歩くことにはなるが、他県から熊本を訪れて駅近辺の飲食店事情にガッカリする人にオススメしたい。
システマチックな利潤追求居酒屋とかでお仕着せ熊本名物セットなんか食べるより、地元の庶民店に行くほうがいいじゃない?
俺はわざわざ何処かへ行くなら、その土地の空気が感じられる地元の店に行きたいもん。
そういった意味で、この店をオススメしたい。

↓「食べログ」での店舗情報

味処 壱・弐・参餃子 / 二本木口駅田崎橋駅熊本駅前駅

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement