喫煙者歓迎喫茶「ジャック&豆の木」大阪市北区角田町

正しい、喫煙者歓迎の喫茶店というのは、実に正しい。
何故ならば、もうこのブログでしつこいほど何度も主張していることだがコーヒーとタバコは切っても切れない関係にあるものだ。
個人の感想です。
まぁ喫茶店にクリームソーダとホットケーキを求めている人にとっては、ぜんぜん喫煙は必須ではないだろう。


ジャック&豆の木ジャック&豆の木

阪急メンズの地下にある「ジャック&豆の木」、この店をGoogleMapsで見ると、わざわざ“喫煙者歓迎のカフェ”って説明が添えてあるんだよね。
重度の喫煙者である俺に良し。
客の来店時に“灰皿のあるお席どうぞ〜”との声がけが、必ずあった。
それは、客はすべからく喫煙者であろうという前提によるのだろう、徹底しているな。

ジャック&豆の木ジャック&豆の木

TOHOシネマズ梅田で映画を観ようとしていて、その前に小腹を満たすのに絶好の場所だった。
店内は、シックで落ち着いた感じ。
平日の、やがてランチタイムという時間帯だったが、単独客が多かったおかげか静かで良かった。

ジャック&豆の木

価格帯としては、そんなに安くはないな。
いや、これぐらいが普通の価格帯なのかもね、俺が貧乏人だから安くないと感じるのだろう。

ジャック&豆の木ジャック&豆の木

コーヒーとミックスサンドで、会計は1,000円は超えなかった。
サンドウィッチに塩が添えられて、ああ昭和の喫茶店だなって嬉しくなった。
喫煙者歓迎というか、喫茶店の客はタバコを喫うもんだ、というのも昭和の残滓のような考え方とも言える。
だが逆に、これだけ喫煙という文化が敵視されている令和においては、昭和のレガシーは、矜恃とも言えなくなはないか、なんて思ったりした。

この店に行ったのは2022月05月18日
↓「食べログ」での店舗情報

ジャック&豆の木 HEPナビオ店カフェ / 梅田駅東梅田駅大阪梅田駅(阪急)

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ

プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索