ちょっと他とスタンスが違うようだ「麺家みちくさ」大阪市天王寺区悲田院町

駅の立ち食いそば屋でのコロッケそば生存確認シリーズ。

そんなシリーズいつ始まったんだよと思われるかもしれないが、2021年10月04日11時24分、「麺家京橋外回り」においてコロッケそばの存在を確認した時点で、それは始まっていたのだ。

麺家みちくさ

今回はJR天王寺駅「麺家みちくさ」、ここは初めて。
以前に「麺家天王寺」は利用したが、そちらは阪和線ホームなので、大坂環状線を使うことが多い俺にはこちら「麺家みちくさ」のほうが利用し易いのであった。
それでも「麺家天王寺」を優先して利用したのは、ホームからひとつ上がったフロア(改札内)にある「麺家みちくさ」より、駅ホームに位置する店舗のほうがロマンを感じるからだ。

麺家みちくさ麺家みちくさ

店外にポスターが貼ってあり、券売機のタッチパネルメニューにも写真付きで。
うむ、コロッコそば、ある。
実は9月のうちに様子を窺いに寄ったときには、掲示物にもタッチパネルにもコロッケそばの姿はなかった。

麺家みちくさ麺家みちくさ

コロッケそば350円也。
なんかクーポンもらいましたよ、おにぎり、生玉子が無料になる的なやつが。

麺家みちくさ麺家みちくさ

基本は立ち食いだが、座りの席もある。
まぁ他の「麺家」もそうだったりして、それは珍しいことじゃないんだが、珍しいことに喫煙ブースがあった。
これには、素で“えっ、なんでなん?”って思った。
立ち食いそば屋の中に喫煙ブースがあるなんて珍しいってか、そもそも喫煙ブースが必要かよ、だってサッと寄ってサッと食ってサッと出る店じゃん、そんなタッチアンドゴー的な使い方をする店に喫煙ブースってのは重度の喫煙者である俺でさえ、さすがに要らないだろうと思った。

ま、せっかくだからと喫煙キメてから店を出たが。

そんでまぁ、今これを書いている最中に、あぁアルコールメニューが他の同ブランド店舗より多めで“夜は立ち飲み屋としてもご利用ください”っぽく運営会社が位置づけしているんだろうね、ここ。
だから喫煙ブースがあるのだと考えれば、納得できなくはない。
「吉野家」が“吉飲み”って言い始めた頃、喫煙ブースのある店舗が散見されたもんね、あれと同じ考え方ね。

この店に行ったのは2020年10月11日
↓「食べログ」での店舗情報

麺家 みちくさそば(蕎麦) / 天王寺駅大阪阿部野橋駅天王寺駅前駅

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement