クセのあるレタリングとカトラリー「COFFEE HOUSE トミー」大阪市浪速区難波中

更新をサボっていた時期の積み残し、2020年の春。
この時期に通ってた難波中の現場周辺あちこちで昼メシを食っていた時期。

COFFEE HOUSE トミーCOFFEE HOUSE トミー

難波中の喫茶店「COFFEE HOUSE トミー」。
屋号がトミー、あるいはTomiであることを認識するのに少し時間がかかった。
というのは、看板やテントのヒラガナ表記もローマ字表記も、店名のレタリングがクセの強いデザインなもんで“なんて書いてあるんだ?”ってなっちゃって。

しかも店先のメニューサンプルを収めたショーケースの上には“COFFEE HOUSE”じゃなく“TEA ROOM”と謳ってあって、もうなにがどうやねん、という感じだ。
まぁいい、そういう表記の揺らぎとかレタリングがどうこうとか、そう気にすべきことではないのかもしれない(いや俺はどうも気になってしまうんだが)。

COFFEE HOUSE トミーCOFFEE HOUSE トミー

とにかく本日のランチが4種類なんだなと、ではカツカレーにしようと、店内へ。
すごく昭和の純喫茶というものでもなかったが、順当に喫茶店だなぁという空間。

COFFEE HOUSE トミーCOFFEE HOUSE トミー

サラダも付いてて、なかなかカツがデカいよねって見た目のカツカレー。
カレーソースは欧風カレーって感じ。

COFFEE HOUSE トミーCOFFEE HOUSE トミー

スプーンとフォークが合体した、なんだか殺傷力の高そうなカトラリーが面白い。
これが手にかかえるサイズだとしたら、刺す、突く、断つ、叩く、どんな攻撃方法もいけるみたいな。

食後にコーヒー、ドリンクをセットにしたら850円。
そんなに安くもねぇなぁって思ったが、ドリンク付きにしたのは喫煙可の店だったからだ。
コーヒーとタバコを楽しめるんなら、支払い額が上がってもやぶさかではない。
つまり俺は喫煙可の店では少し多めにお金を落としますよって客だということだ。
喫煙可の店に栄えあれ。

この店に行ったのは2020年04月07日
↓「食べログ」での店舗情報

トミー喫茶店喫茶店 / 難波駅(南海)大阪難波駅なんば駅(大阪メトロ)

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement