ユルく昼飲みできて好きだな「正宗屋」大阪市天王寺区下味原町

鶴橋にも「正宗屋」あったんだねぇ。
回数は多くないが鶴橋へ訪れたことはあるのに、こんな渋い面構えの店があることを、なぜか認識していなかった。

正宗屋(鶴橋)正宗屋(鶴橋)

各線鶴橋駅を出てすぐなのに、この面構えの酒場があるなんて。
(もっとも鶴橋そのものが“駅を出てすぐなのに”って感じではあるのだが)

正宗屋(鶴橋)

なんだかちょっと、威厳さえ感じさせる存在感があるね。
風格っていうか、ね。

正宗屋(鶴橋)正宗屋(鶴橋)

店内は風格とか“知ったことか”とゴチャっとしていて、それが良い。
庶民、って感じ……庶民の中、庶民の下っていう下世話な雰囲気で、酒場ってのはこうでなくちゃね、という手本として関係省庁に認定してもらいたいくらいだ。

うーん、なんかこう鶯谷の「信濃路」を彷彿とさせる。
カウンター席と壁を向いた席が背中合わせなところ、品書きの短冊がみっしりブラ下がってるところ、そんなのが似てるって思わせるのかなぁ。
なんだかユルい空気があるなぁってのも、似てるって感じる要素かも。

それはそうと、入ってすぐのカウンター席に腰掛けたんだが、運悪く品書き短冊をすべて見渡すのは困難なポジショニングであった。
なので、視界内に冷蔵ネタケースがあったから、そこに並んでいるものからアテを注文した。

正宗屋(鶴橋)正宗屋(鶴橋)

うざく。
もともと好きなんだけど、暑い時期になるとなおさら良いよね、うざく。
みっちりと量があり、これ一品だけで何杯も酒がいけそう。
レモンチューハイにした。
このときビールは別の店で既に飲んでいたし、いい感じの“場末感”がある酒場では日本酒よりもチューハイが似合うっていう気分だったから。

正宗屋(鶴橋)正宗屋(鶴橋)

チューハイおかわり。
実際、うざくだけで何杯もいけるんだが、だし巻きも注文してみた。
作り立てではないが、じゅんわり、うまかった。

「正宗屋」といえば千日前にあるよね、あと相合橋店もあるね。
それとは別に京橋にも同じ屋号の店があるし、尼崎っつーか塚口にもあるね。

それぞれ特徴があるが、千日前と相合橋店ははハードコアで、開店即“玄人の酒飲み”で満席ってな様相で、実はちょっと馴染めない。
なんだかみんな、真面目に飲んでるなぁって空気で。
こちら鶴橋の「正宗屋」は、ユルくていい。

この店に行ったのは2021年07月13日
↓「食べログ」での店舗情報

正宗屋居酒屋 / 鶴橋駅玉造駅(JR)桃谷駅

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement