リピートしたい魅力が俺にとってはある「石州」大阪市東淀川区豊里

町角の、古びたメシ屋。
そんな風情に惹かれる、だいどう豊里駅最寄りの「石州」。

石州

店内は、いい感じにゴチャゴチャ。
店っていうより、まぁよくある表現だが“田舎の親戚の家に行ったみたいな感じ”ってやつ。

石州

お父ちゃん、お母ちゃん、息子っていう家族経営かと思われる。
厨房のお父ちゃんは黙々と、フロアを仕切るお母ちゃんはマイペース、息子ナイスサポートって家族の風景。
いや、本当に家族経営かどうか知らんけど。

石州石州

店先の青いテントには“御そば処”とあるけど、店に入るなり品書きを吟味もせずカツ丼を注文。
なんか、店全体で“カツ丼をかっ喰らいたいっ!”って気分になるナニかを醸し出している気がして、なんだか無意識にカツ丼を注文しちゃったという感覚がある。

そして期待値を十二分に満たした、というかプラスアルファの満足を得たカツ丼だった。
丼にでっぷりと盛られたカツ丼は玉子たっぷり火の入り具合も絶妙、それにタクアンと味噌汁が付いて650円。
味噌汁はダシ濃ゆい飲み応えで、トータル650円ポッキリでここまで満足度の高い昼メシが食えるかと、内心で小躍りしたくなるものだった。

この店に直近で行ったのは2020年09月28日のことで、それは2度目の利用だった。
最初に訪れたのは3ヶ月ほど前、空模様の芳しくない日だった。

石州

このブログに何度か書いてることだが、俺の仕事先のひとつは阪急京都線上新庄駅から徒歩10分ちょいのロケーションで、昼メシ環境がプアなエリアだ。
手頃に昼メシを食える飲食店に乏しいので、もうアタマにきて腹立ち紛れにドラッグストアで野菜ジュースとゼリー買って済ませたりしていた。

しかしやはり、食の楽しみというのは諦めきれないものである。
そこで、GoogleMapsで仕事先から徒歩で到達可能と思われるエリア内で飲食店を探しまくり、それで「石州」を見つけたわけだ。
昼メシ環境がプアなだけでなく、仕事先の昼休みは45分しかないから行ってメシ食って戻ってという一連のプロセスを短い時間で済ませなくてはならず、だから探す範囲は限られたが、この店はギリギリいけそうだった。

石州石州

そうやって、なんとかしてまともなメシをと切望したわけだから、好みの店じゃなかったとしたらダメージは大きかっただろう。
しかし「石州」は、俺の切望を見事に満たしてくれた。
すごく好きな感じのカツ丼で満たしてくれた。

石州石州

さらに言えば、この店内が雑然としたアットホームな……それは“心温まる”とかいう意味じゃなくて従業員が我が家でするように振る舞うマイペースさ……この店は、喫煙解放区でもあった。
客が喫煙していいだけでなく、店の人もタバコ喫っててね。
もちろん調理中や配膳中には喫ってなかったよ、お客さんの波が束の間ひと段落ってタイミングでね。
素晴らしい。

そんな感じで、初回の訪問で俺の琴線に触れまくって刺さったので、リピートしたわけです。
それだけの魅力がある。
ジャスト昼休みダッシュで早足で向かわないと行けないんで機会は限られるんだが、是非また行きたい。

この店に最初に行ったのは2020年06月18日
「石州」大阪府大阪市東淀川区豊里7-21-18

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ

プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索