風格さえ感じるが庶民価格でもあり「杯杯天山閣」大阪市天王寺区上本町

友人に誘っていただき、中華料理店「杯杯天山閣」へ。

杯杯天山閣

ロケーションは、何度か訪れた「上本町HiHiTOWN」の3階。
この店は、以前にHiHiTOWN内を徘徊したときに目にして“あぁ敷居が高そうだ”という印象を受けていた。

杯杯天山閣杯杯天山閣

昔のセンスだな、古めかしいって感じだなという外観なんだけど、それが年月を経たことでの風格さえ感じさせる。
とても高級で敷居が高い、というのとは違って、酒好きのオッサンが独りでフラっと寄れる場所じゃない、と。
もっとキチンとした、ビジネスでの会食とか、ご家族での祝い事とか法要、なんなら婚姻前の御両家が初顔合わせ...etc.の社会的にキチンとした機会に利用する店って感じだなぁ、と。
だから、キチンとしてない俺は訪れることはない店だと思ってた。

杯杯天山閣

ごちゃごちゃ書いたけど、実際は普通に店に入れました。
レストランスペースに案内され、まずは生ビール。

杯杯天山閣杯杯天山閣

蒸し鶏の冷菜 ネギソース、鯛入り広東風サラダ。

杯杯天山閣IMG00_5419.jpeg

かに玉、若鶏とカシューナッツの炒め。

IMG00_5420.jpeg

葱とチャーシュー入り汁そば(ハーフ)で締め、計5品。
40種のメニューから5つを選び、それに生ビール1杯がついて2,500円(税込み)という「夏得プラン」の利用。
これは、お得感が嬉しいプランだった。
1アイテムが400円そこらで、上等な空間で美味しい中華料理が楽しめて、お得しかなかったね。

特に、鶏の冷菜と鯛入りサラダは、まず盛り付けの美しさ……それは豊富な食材による配色の見事さも込み、で楽しい。
また工夫のあるソースで、おぉこういう味かぁ想像通りではない味覚、という点も楽しめた。
締めの汁そば、これは“旨味の圧”を感じる満足感があった。

2,500円(税込み)で、こんだけ楽しめるって嬉しいね、という内容だった。
まぁ飲み物を追加注文したから支払いは2,500円ポッキリじゃなかったが、それは当たり前だ。

ホールの責任者であろう男性、食事のサーブをしてくれた若い男性、いずれも丁寧でスマートな接客。
それでいて、俺みたいな奴にも居心地の悪さを感じるところはなく。
もはや社会的に低いステージの存在として扱われる喫煙者である俺に、親切に喫煙スペースに案内してくれて嬉しかった……もちろん店内禁煙なわけよ……喫煙スペースは当日の店内稼働率によっては用意されない場合もあると付け加えておくよ喫煙者のために。

そんでまぁ、とっ散らかった文になっちゃったが、満足できる中華料理店だったよ。

この店に行ったのは2020年08月04日
↓「食べログ」での店舗情報

杯杯天山閣広東料理 / 大阪上本町駅谷町九丁目駅四天王寺前夕陽ケ丘駅

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement