福岡にもこういうカレーあったんだね「琥珀館」福岡市博多区上川端町

この喫茶店のことは、以前から存在は認識していた。
なかなか趣きのある純喫茶のような気がする、いつか立ち寄ってみようと思っていた。
そんな「琥珀館」にカレーを目当てに訪れることになるとは、予想外な展開。

琥珀館琥珀館

俺は徒然なるままにGoogleMapsでランダムに飲食店の外観・料理・メニューの画像を眺めるのが好きなんだけど、それをやってたら「琥珀館」では“こういうの福岡にもあったんだ?”ってカレーを出してるって知ったのよ。

琥珀館

名物ライスカレーというのが、それだ。
おお、福岡でもこういの出す店があったんだ、って驚きをがあった。
大阪独自のものだって思い込みがあったもんでね。
それはどういうものかって、カレーとライスが混ざってて生玉子がトッピングされているというものなんだ。

琥珀館琥珀館

名物ライスカレー、860円也。
画像を見てもらえれば判っていただけるでしょう、カレーとライスがじっかり混ざり合っており、ライスの一粒ひと粒までこっくりとカレーでコーティングされているかのような様子で、中央に輝く卵黄。
もしかしたら見た目だけで“うわっ”と拒絶反応を示す人もいるかもしれない、混ざっちゃってるカレー。

こういうの、有名どころでは難波の「自由軒」、西心斎橋の「ニューライト」で提供されていて、大阪では馴染みがあると思う。
そのどちらの店でも食ってみたことがあって、九州育ちの俺は正直なところ少しの違和感を感じつつ味わったんだけど、いやいや美味しかったんですよ。

「琥珀館」のものは、じっくりと凝縮されている感じがあって、そしてけっこう辛い。
食べ進めながら額に汗が滲みはじめ、でもしっかり旨味があって、辛いのに止まらない。
そしてまたボリュームもけっこうあって、そういう意味でもなかなか止まらない。

琥珀館琥珀館

食後にアイスコーヒーで、ほっと一息。
スープとドリンクが付いての860円で、そこまで高いってこともないかな。
ところで、このとき満席に近いほど盛況で、そこそこ席数のある店内はお客さんがいない空間がなかったので、店内の写真は撮りそびれました。
良い感じの古びた味わいの喫茶店、という魅力的な風情があったんだけどね。

次の機会があれば、ランチタイムを避けてコーヒーをゆっくり飲みたい気がする。

この店に行ったのは2020年02月26日
↓「食べログ」での店舗情報

琥珀館喫茶店 / 祇園駅中洲川端駅呉服町駅

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement