お目当の品ではないものに惹かれた「中華菜館 一番」大阪市浪速区大国

何年か後に自分でこのブログを読み返すと、2020年の2月は“中華風カツ丼”にご執心だったんだなぁと思い返すのだろう。
最初に桜川の「北京料理 龍」、翌日に難波の「一心亭」、5日空いてこちら大国の「中華菜館 一番」で“中華風カツ丼”を食った。

中華菜館 一番

看板の配色が派手であることを除けば、意外と町角の喫茶店といった佇まいの店である。

中華菜館 一番中華菜館 一番

店先の情報量が多くて、それはそれで楽しくはあるのだが、俺が確認したいのは“中華風カツ丼”が提供されるかどうか。
路上置き看板では“中華風トンカツ”なる品がアピールされており、それが提供できるのなら“中華風カツ丼”もできるに違いないだろうし、よしんばメニューにはなくとも注文すれば作ってくれるかもと思えた。

中華菜館 一番

店内の様子は、うん喫茶店っぽい。
想像したよりキャパがある店舗なんだね、って感想。

中華菜館 一番中華菜館 一番

待つことしばしで現れたものは、第一印象が“黒い”というものだった。
餡が、醤油の色合いが強いものであるのに加えて、カツのコロモが揚げ過ぎで黒い。
相乗効果的に、黒い。
それはそうと具材にマッシュルームって、“中華風カツ丼”では珍しいのかもって思った。

見た目に違わず味付けが強めで、男の子が好きな時っていうやつ。
カツのコロモが剥がれがちで、そのクリスピー過ぎるカリカリ(もうすぐガリガリ)食感は、アクセントになるといえば、なる。

中華菜館 一番

品書きでの表記は“中華風カツ丼”、お得感のある700円。
写真では、そこまで黒くないな。

中華菜館 一番

ところで、店としては餃子と、肉味噌を使った料理を推しているように感じられた。
肉味噌定食、肉味噌丼とあって、丼のほうにだいぶ惹かれたなぁ。
この店に再訪するとしたら“中華風カツ丼”じゃなくて肉味噌丼を注文するな、きっと。

この店に行ったのは2019年02月19日
↓「食べログ」での店舗情報

中華菜館 一番中華料理 / 大国町駅今宮駅今宮戎駅

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement