ノスタルジックな町角大衆酒場「淡路屋」大阪府東大阪市足代新町

布施でのハシゴ酒。

布施は好きなところで、いつか寄ろうとGoogleMapsでリストに入れている酒場もいくつかある。
その中から、どこへ行ってみようかとぼんやり考えつつ歩いていたら、リストアップしてない酒場に出会した。

淡路屋淡路屋

昭和の風情が色濃く漂う「淡路屋」。
いったい何十年前から、そのままの姿でこうして町角に佇んでいるんだろうと思わせる外観。
看板も、暖簾も、味わい深いことこの上ない。
これはもう立ち寄らずにはいられない、スルーするなんて無理だ。

淡路屋淡路屋

月曜の昼下がり、カウンター席は空いていた。
良い感じの角っこに腰掛け、もう既にビールは飲んでいたからハイボールをお願いした。
だいぶぞんざいに氷がブチ込まれたハイボールの、お供にポテトサラダ。

淡路屋淡路屋

酒は安くはない。
でもそれが気にならないほど、雰囲気とか気分というのが楽しめる。
そこそこキャパのある店内のメインとなるのは、けっこう長いコの字型カウンター。
カウンターの天板は色褪せて、時の流れを感じるね。
また、カウンター内の作業スペースはけっこう広いのに、ダンボール箱とかいろいろ積み重ねてあって、あまり整理整頓されてなく感じる様子も、良い。

淡路屋

古びた照明入り看板でキリン生ビールがアピールされていて、それに“年中あります”と添えてある。
きっと昔は、生ビールを夏だけでなく年中ずっと供給するってのが簡単なことじゃなく希少だったのかなぁ、なんて想いを馳せる楽しさがある。

IMG_003362.jpg

俺が座ったのは焼き台の近くだったから、焼きものを注文したくなった。
豚バラ塩焼き、九州育ちの俺にはお馴染みの豚バラだ。
程よく焼けてて、塩加減も良い按配。

IMG_003361.jpg

伝票は既製品じゃなく、独自の発注で印刷されたに違いないやつ。
この乱数表式の伝票を使ってる酒場は、間違いないって俺の中で定評がある。

店の外も内も、いろいろ細かいところも“こういう感じ好きだなぁ”って感じる店だった。
独り黙々と飲み食いしながらも、内心嬉しいニヤニヤがとまらないタイプの酒場だった。

この店に行ったのは2019年02月17日
↓「食べログ」での店舗情報

淡路屋居酒屋 / 布施駅小路駅(大阪メトロ)新深江駅

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement