間違いない昼飲みが楽しめる「吉」大阪市此花区西九条

初めて西九条へ足を向けたとき、高架下の飲み屋街に大きな魅力を感じた。
が、そのとき日曜の昼間だったせいか、開いている店はほとんど見当たらなかった。

後日、改めて訪ねても、やっぱり意外と昼から飲める店は少ないようだった。
そんな西九条駅近辺で、間違いなく昼酒を楽しめるのが「吉」。

吉吉

屋号は“きち”じゃなく“よし”ね。
店先は情報過多で、うどん屋だか立ち飲み屋だか定食屋だかわからないという様相を呈しているが、とにかく飲めることは間違いない店なのだというのは伝わる。

吉

看板には“立呑”とあったが、座れるフロアもある。
空いてたし、買い物の荷物も多かったのでテーブル席へ。
まずビール、キリンラガー瓶があって嬉しい。

吉吉

メニューを眺めるとラインナップ豊富で、これはビールのあと日本酒にシフトして楽しめるなとほくそ笑む。
なんなら麺類か丼物で締めるとこまでいける。

吉IMG_009233.jpg

きずし、日本酒、どっぷり飲む構え。
酒は地酒とかでなく“お酒(正一合)320円”ってやつ。
こういうのが昼下がりにダラっと飲むときに良いんだよ、リーズナブルで嬉しいし。

タバコが喫えるし、店内にはテレビでどうということのない民放地上波番組が流れていて、ボンヤリと腰を落ち着けて飲める。
チャキチャキしたフロア担当の女性スタッフさんの接客も心地よい。

吉IMG_009234.jpg

メニューにある“煮込(鳥・肉)”というのが気になった。
なにしろ『味の金メダル』と書き添えてあるから、それはもう自信作なんだろう。
出てきたものは、酒場でよくある“煮込み”とは違った、具沢山スープのようなものだった。
野菜も多く、鶏肉もゴロっとして、玉子がとかれた中華っぽい見た目のスープで、なんだか栄養摂取できてる気もするし酒のアテという役目も果たされる一品だった。

違う違う、間違ってた。

IMG_009235.jpgIMG_009234.jpg

先述の『味の金メダル』的なテイストで、煮奴(湯豆腐的なものだろうか)には『サービス安い』と書き添えてある。
メニューにある“煮込(鳥・肉)”というのが気になった。
なにしろ『味の金メダル』と書き添えてあるから、それはもう自信作なんであろう煮奴を、俺は食ったんだった。
出てきたものは、酒場でよくある湯豆腐とは違った、具沢山スープのようなものだった。
野菜も多く、玉子がとかれた中華っぽい見た目のスープで、なんだか栄養摂取できてる気もするし酒のアテという役目も果たされる一品だった。

IMG_009236.jpgIMG_009237.jpg

また、ノルウェーを“ノールウェー”と表記してあったりピカチューが飾られていたり、そこかしこにキッチュなセンスが垣間見えて面白い。

ゆったり飲んで、ここは良い店だなぁと思った。

吉吉

だいぶ間が空いて、再び。
相変わらずガヤガヤとした店先。

吉吉

よく見るとミニチュアのディスプレイとかあったんだね、ほっこり。
土曜の13時台、けっこう空いてる。
テレビを眺め易いポジションに腰を下ろした。

吉吉

まずビール、それから……おでん。
このとき2月中旬で、そろそろ春の予感も訪れるかもしれないが依然まだまだ寒いという時期、ぼちぼち今季最終おでんのタイミングかもしれないな、なんて思って。

吉

しかし、おでんには日本酒なんだよな。
ビールもいいかもだが、おでんには日本酒って気分なんだよねぇ。

吉

いったん日本酒にシフトすると、日本酒に合うアテを求めて杯を重ねたくなるわけである。
玉吸い、これをアテに選択。
わざわざ捻った選択しやがるな、と思われるかもしれないが事情がある。
実は15時から揚げもの焼きもの、メニューの選択肢が増えるのよ。
その時間になると立ち飲み屋がオープンして、そっちの厨房から焼きものなんかが供給されるシステムとのことで。
そういえば、同じ屋号の店がゴールドタウンっていう九条駅建屋内にあった気がする。
両者の位置関係は把握できてないが、もしかして店内は繋がってるのかもだ。

そんなこんなで、15時になるまでの繋ぎで、玉吸い。
いやでも、汁もので酒を飲むっていうのも、けっこうアリだよ。

吉

焼きもの解禁の時刻になり、さわら。
すごく良い感じに焼けてるし、盛り付けも何気にキレイなんだなこれがまた。

今回も、じっくりのんびり飲めた。
「吉」の昼飲み、間違いないな。

この店に直近で行ったのは2020年02月15日
↓「食べログ」での店舗情報

立ち飲み居酒屋・バー / 西九条駅千鳥橋駅九条駅(大阪メトロ)

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement