コーヒーと本「COFFEE & BOOKS」福岡市博多区博多駅東

コーヒーを飲みながら本を、っていう形態のカフェって増えたよねぇって印象。
こちら「COFFEE & BOOKS」も、そういう店。

COFFEE & BOOKSIMG_002740.jpg

福岡のオシャレな書店として有名なブックスキューブリックとオシャレなカフェとして人気のマヌコーヒーというオシャレとオシャレが合体したオシャレなことこのうえない店だ。
中華料理店「八仙閣」の本社ビルの1階エントランス部というロケーションで、なんだかすっごく広々とした雰囲気。
ただ「COFFEE & BOOKS」の専有部分は限定されており、ブルーとイエローの椅子は座っていいけど他のは「八仙閣」の陣地といった具合。

COFFEE & BOOKSCOFFEE & BOOKS

カウンターで注文し、好きな席に着くと店の人が注文の品を持ってきてくれるシステム。
メニューを眺めるとラテ類が多い印象、そういうの俺は好んで飲まないのでエスプレッソを注文。

COFFEE & BOOKS

すると、もはや2010年代で元号も令和だよってほど時代は移り変わっているのに、まだこういうことを言われるのかって言葉を聞いた。
エスプレッソは小さなカップで量が少ないけど良いですか、という確認。
これは、店側をディスってるわけじゃないよ。
店がそれを言わなければならないほど、いまだにエスプレッソってどういうものか知らない人がいるんだな、知らずに注文して量が少ないことにクレームをつける人が存在してるってことだよな、ということに呆れるわけよ。
もうとっくにエスプレッソってのは一般に定着してるだろって思ってたが、そうじゃないのかって驚きがあった。

COFFEE & BOOKSCOFFEE & BOOKS

エスプレッソをいただきつつ写真集など眺め、ひとときを過ごした。
まぁいい感じなんだけど、残念ながら禁煙なのよね。
いやまぁ本が傷む可能性があるから禁煙なんだろうな、と想像できるから納得できるが。
しかしコーヒーこぼされて本が傷むって可能性もあるんだけどね、うっかりこぼしちゃったらどうしようって怖さがあるので、粗忽者である俺はあんまり本が読めるカフェには行かないようにしてる。

この店に行ったのは2019年12月28日
↓「食べログ」での店舗情報

コーヒーアンドブックスカフェ・喫茶(その他) / 博多駅東比恵駅

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement