ようやく4年越しの感慨「たつみ」京都市中京区裏寺町通四条上ル中之町

いつだったっけ、と確認してみたら2015年3月5日のことだった。
その日、河原町の「たつみ」に行き損ねた。

たつみ

京都いえば「京極スタンド」くらいしか知らなかったその頃、きっと他にも素敵な酒場があるはずだと調べて「たつみ」の情報に辿り着いき、これは間違いなく俺が好きなやつだと確信していた。
そして京都を訪ねる機会があった際、意気揚々と向かったんだが、なんと定休日に訪問してしまうという間抜けなミスを犯してしまったのだ。
木曜定休だということを把握していなかった、まったく自己責任の落ち度で「たつみ」で飲むことは叶わなかった。

たつみたつみ

それから、なかなか京都に足を延ばす機会はなく、時は流れてようやく4年越しで「たつみ」の前に立った。
前回も、休業している店舗の前に立ち尽くしたわけだが、その頃と佇まいは変わってないなぁという喜び。
今回はちゃんと看板に灯がはいってるぞ、という喜び。

たつみたつみ

昔ながらの、という店先の風情。
昼から飲める店で12時開店、このとき16時で、もうだいぶ客が入ってるんだろうなと思いつつ店に入った。

たつみ

“座り”は埋まってたが、“立ち”はなんとかいけた。
もともと此処は立ち飲みと認識していたので、むしろ立ちでウェルカム。
まずビール、キリンラガー瓶があって嬉しい。

たつみ

立ったポジションはあんまり良くなくて、店内を見渡しにくかった。
壁にはどの面にもたくさんの品書き短冊が貼ってあるが、その全容はうまく把握できなかった。
が、まぁとにかくラインナップ豊富だねぇ。
観察してると、日本全国の酒のアテが揃ってるって様相だな、ルイベとか“へしこ”なんかもあるんだね。

たつみたつみ

あなきゅう、それからビールを飲み干して清酒を。
地酒もいくつかあったけど、あえての“清酒”を。
こういう、昭和の空気で賑やかな酒場では、ちょっといい酒よりは名もなき“清酒”っていうのが気分だ。

たつみ

あなきゅうは、無難な選択として選んだ。
京都だしなぁ、鱧とか注文しようか、天ぷらあるよなぁ、とか思ったんだけどね、やめた。
“あらあら、鱧ですの、今の時期は旬と違いますんやけどなぁどす”とか思われるかもしれないと、イモを引いた。
意気地のない俺である。

たつみ

さらに無難に、コロッケ。
いや、酒のアテはなんでもよかったのよ、この店で飲めてるってだけで感慨ひとしおだったから。

それはそうと、店のスタッフは若い男子中心で、忙しく良く働くなぁと思ったんだけど。
品物を受け渡すカウンターの奥、厨房の人がすごかった。
だいぶ年齢を重ねられた女性で、もしかして女将なんだろうかと思ったが、調理をこなしながら客席の様子をばっちり把握してるんだよ、そして若い男子たちの司令塔になって店をコントロールしている。
すごく、デキる人だなぁって感心した。
そういう人に支えられて、素敵な酒場ってのは存在できるんだよねぇ。

想いが募っていた「たつみ」、予想以上に良い店だったよ。

この店にようやく行けたのは2019年12月25日
↓「食べログ」での店舗情報

たつみ居酒屋 / 京都河原町駅祇園四条駅三条駅

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement