札幌正統大衆酒場「第三モッキリセンター」札幌市中央区南1条東

更新をサボっていた時期の積み残し……この店に行ったのは2018年11月28日。

その土地に古くから根付いている大衆酒場に惹かれる。
札幌にもそういう酒場はあるかなと下調べして、「第三モッキリセンター」という店を訪ねてみた。

第三モッキリセンター

そう高くはないビルの谷間に看板を見つけた。
ここは、いや俺は札幌の土地勘はまったくないわけだが、中心部というには少し外れた区画なのかな。
そう賑やかではない通りに目的の酒場はあった、という感じ。

第三モッキリセンター第三モッキリセンター

店舗はビルの1階だから、そんなに老舗感というのはないね。
ネットで調べると、何度か移転をしているとか、らしい。
店頭で品書きが案内されていて、その内容はまさに酒場だ。

第三モッキリセンター

外観は味気ないとは言えるが、暖簾は味わいがあって良いね。
色褪せて経年を感じる、という暖簾ではないが、なんだか可愛さがある。

第三モッキリセンター

店に入って席に着き、まずビール。
ここは札幌だがサッポロビールではなく、エビス。
まぁエビスはサッポロビールがディストリビュートので、良いな。

第三モッキリセンター

北海道らしいアテを、と身欠きニシン。
北海道はニシンでしょ、という連想はあるな。
ヤン衆、という言葉もニシン漁に従事した気の荒い若い衆ってな意味だっけ。

第三モッキリセンター

しかしまぁビールと冷たい魚では、寒い。
やっぱり北海道は寒いなと、湯豆腐をお願いした。

IMG_008321.jpg

湯豆腐に、ぬる燗。
これは別に、北海道の地酒とかではない。
だがそれが、むしろ俺にとっては“当たり前かもしれないが、札幌にも当たり前の大衆酒場があるんだ”という嬉しい確認になった。
というのは、蟹とかコーン味噌ラーメンとかスープカリーとか、観光客向けの北海道グルメとかではない、地元の酒飲みの店なんだな此処は、と思えたから。
そりゃまぁ地域経済にとって観光は大事だが、それはそれとして地元の、単なる酒飲みはいるよな。
そういう客層が好む店なんだな、ここって、そこで俺は飲んでる、という喜びがあった。

ここが札幌の正しい酒場なんだろうなって感じて、良い店だって思った。

↓「食べログ」での店舗情報

第三モッキリセンター居酒屋 / バスセンター前駅大通駅西4丁目駅

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement