ちゃんとメシを食う食堂「力餅食堂」大阪市福島区吉野

この店、もう閉店してるのかな、まだやってるのかなと気になっていた「力餅食堂」。
夜に通りすがってばかりだから開いてるところを見たことがなかったんだな、昼に行ってみたら営業してた。

力餅食堂力餅食堂

看板、そして屋号が良いなぁと思ってたんだけど、暖簾がいいねぇこれがまた。
登録商標って大げさな……と思ってググったらWikipediaに項目があって、なんでも大元の店は1889年(なんと明治時代だわ)に創業して、いろいろあったが京阪神一円に展開する大衆食堂になったという壮大な店なのね。
知らなかったけど、そういえばいつかどこかで「力餅食堂」って屋号は過去に見かけたような気がしてきた。
俺は九州育ちで馴染みがないが、関西ネイティブなら深い思い入れがあるのかもしれないね。

力餅食堂

まぁ歴史的なことはおいといて、とにかく昼メシを食いたくて行ったのです。
店先のメニューサンプルも食欲をそそる。

力餅食堂力餅食堂

店に入ると、ああ古い風情、こういうの好き。
古いが、しかし整然としている。
お茶を出してくれて、ほっと一息。

力餅食堂

品書きを見ると、そうラインナップは豊富ではないかな。
でもまぁ、これだけあれば不足はないでしょって布陣でもあるかな。

力餅食堂

カツ丼を注文した。
目の前にカツ丼が現れると、出汁の良い香りが鮮烈に。
こういうのあんまりないよな、丼ものでここまで出汁が香るって、と思った。

食ってみると、ちょっと塩っぱさも感じるかな、でも美味しいな、と。
どこかちょっと上品な気もする、けど庶民的でもあるな、と。

庶民的、というのは客層もそうだったな。
近所に住んでるのであろうオジサン独りメシとか、だいぶ長いこと連れ添っておられるなぁという老夫婦とか、子供連れファミリー客とか、なんかこう日々ちゃんと生活してますという人が来る店って感じ。
そう感じたからか、古い大衆食堂ではメシを食うより酒を飲みたいしタバコも喫えると嬉しいなぁと思っちゃう俺なんだけど、この店に関しては酒とかタバコは求めずにメシをちゃんと食おうという気持ちになった。

この店に行ったのは2019年11月16日
↓「食べログ」での店舗情報

力餅食堂うどん / 野田駅(阪神)野田阪神駅海老江駅

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement