思いがけない店だった「ぼっち」大阪市中央区千日前

道頓堀とか法善寺横丁あたりで酒を飲もうと出かけてみたが、賑やか過ぎる雰囲気に馴染めないなと人がいないほうへと逃れていたら、ちょっと好きな感じの飲み屋が目に止まった。

ぼっちぼっち

こういう感じで路地に佇んでるって風情が好み、しかも屋号が「ぼっち」ときた。
そういう意味合いのネーミングじゃないかもだが、いつも独り“ぼっち”で酒を飲んでる俺には似合いだ。

ぼっち

この店には「ハッピーセット!!」というものがあって、えらく得だなぁと思った。
ドリンク2杯と三品盛り1,000円、これをお願いしよう。

ぼっち

まず生ビール、一番搾り。
三品はホワイトボードメニューから出るとの案内があったが、角度的にボードが見えない席だったので任せることに。
その際、苦手なもの嫌いなものを訊いてくれて、そういう配慮は嬉しい。

ぼっち

ヘルシーな三品盛りが出てきて、わぁ……と思った。
いい歳こいてるのに子供じみた味覚しか持ち合わせないオッサンである俺には、わぁ……地味なもんばっかり。
しかしまぁ、だからこそ自分からは口にしないようなものを食うのも良いものだよね栄養バランス的にも、なんて前向きにとらえて食ってみた。
すると、これが美味しい。
控えめで、薄味で、地味だけど丁寧に料理してあるなぁと感じた。
店を一人で切り盛りしている大将は、あんまり料理人って感じではなくて気楽に飲み屋やってるオッチャンって印象の人なんだが、意外と言っては失礼だろうがキチンと仕込みとか真摯に調理をする人なんだなぁと感銘を受けた。

ぼっち

この店は料理が良いんだな、と何か他にも食ってみたくなった。
おでん、玉子と厚揚げ。
これがまた、澄んだスープにひとひら浮かんだ柑橘の皮が良いアクセントで、出汁の匂いと爽やかな香りのコントラストが云々と独りごちてしまいたくなるものだった。

ぼっち

おでんには日本酒、剣菱を常温で。
酒器が、ちょっと洒落てる。

IMG_002195.jpg

先客が退けちゃって俺ひとりになっちゃったんで、酒をおかわりしつつ大将と世間話しなど。
話すとやっぱり、料理人ってより飲み屋のオッチャンって感じ。
それが気楽で、タバコも喫える店だし、だいぶ寛いだ。

また寄るかもしれないなぁ、この店。

この店に行ったのは2019年11月14日
↓「食べログ」での店舗情報

いざかや ぼっち居酒屋 / 日本橋駅近鉄日本橋駅大阪難波駅

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement