なんだか暖かい世界「キッチン あや」福岡市博多区奈良屋町

更新をサボっていた時期の積み残し……この店に行ったのは2018年11月26日。

客先を訪問しての、奈良屋町での昼メシどき。
ちょっと風情のある小道に、味わい深い存在感の「キッチン あや」という店があった。

キッチン あや

色褪せたテントの小さな店、こういう感じに惹かれる。
店先に張り紙が何枚かあって、どうやらカレーの店なのかな。

キッチン あやキッチン あや

ふむ、昼はカツカレー、そして夜は居酒屋っぽい営業か。
アピールされているカツカレー、コーヒー付きで650円って安いなと思った。

結構お歳のいった、ご夫婦であろうお二人が迎えてくれた。
カツカレーを注文し、しばし待つ。
ランチのピークをひと山超えたというタイミングだったか、ゴハンが切れたのだろうか、ちょっとお時間かかりますとのことだが俺は急いではいない。

キッチン あや

先にサラダが提供され、コーヒーも付いてきた。
たぶんコーヒーは本来なら食後に出してくれるのだろうが、カツカレーに時間がかかるので先にコーヒー飲んでてね、ってことだろう。
ご主人も女将さんも、しきりに待たせて申し訳ないと詫びてくださるのだが、急いでないし気にしない。

キッチン あや

待ってる間に店内を眺めると、なんというか装飾品などが店というより家って感じ。
じいちゃんとばあちゃんの家にメシを食いに寄った、ってな気分になる感じ。

待たせてすみません、とカツカレーが提供された。
しきりと恐縮されていらっしゃったが、店に入ってから20分も経たずに提供されたから、そこまですごく待たされたわけではないのよね。

キッチン あや

カツカレーは、盛り付けが雑然としていた。
それは、なにか微笑ましい感じの、拙い様子の、ちょっと笑ってしまうタイプの雑さだった。
不思議と“カワイイ”と思ってしまった。
そう感じたのは、お店のお二人の人柄、なんだか不思議に優しい空気のせいだろう。

キッチン あや

食べてみると、カレーは家庭料理の延長ってとこかな……と正直なところ感じた。
でも食べ進めると以外と奥行きのある、スパイシーでもある、創意工夫と手間暇を想像するような味……でありつつ良い意味で家庭料理の延長と感じたね。

ユニークだな、という感想。
そうそう、夜の居酒屋メニューも、昆布チップス、青じそとしょうがの天ぷら、などユニークな品が並んで、しかも安いんだよなぁ。
いつか夜に酒を飲みに寄りたい、と思いながらも機会をまだ得ていない。

↓「食べログ」での店舗情報

キッチンあや定食・食堂 / 呉服町駅中洲川端駅千代県庁口駅

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement