昭和ほんわか喫茶「COCO」大阪市中央区平野町

客先を訪問する前の時間調整をかねて、どこかで一服したかった。
辺りにカフェなどあるかと探してみたら、「COCO」という喫茶店が目に止まった。

COCO

喫茶店だが、食事推しっぽい店だな“ママの手作り”メニューがアピールされてるし。
空腹じゃないしメシをゆっくり食うほどの時間はない、他の店を探そうかと思ったが。

COCO

張り紙の中に“御一服(煙草)どうですか!”とのメッセージがあり、“どうですか!”ときたらそれはもう“よろこんで!”ということになる。
ここで一服しよう。

COCOCOCO

平日の13時台後半、もうランチのピークは過ぎたようで静かな店内。
お歳のいった女性が店主なのだろうか、ほんわかした対応は“おっかさん”といった雰囲気で、食事推しっぽいのに料理を頼むつもりはなく気が引けていて“コーヒーだけでもいいですか”と訊く俺を優しく迎え入れてくれた。

COCO

コーヒーは、ああ昭和の喫茶店のコーヒーだなぁという薄いものだった。
一杯が350円という値段も、これまた昭和だ。
コーヒーを飲みながらタバコが喫えて、憩えた。

この店に行ったのは2019年10月3日
↓「食べログ」での店舗情報

ココ喫茶店 / 肥後橋駅淀屋橋駅本町駅

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ

プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索