かなり玄人好みな感じの立ち飲み「ウエダ商店」大阪市北区梅田

大阪駅前第1ビルに、飲める酒屋があることは知っていたが、なかなか立ち寄る機会を得られずにいた。
土日祝が休みだから、在住地の福岡から大阪を訪ねる際には利用しにくかった。
だが、大阪に常駐してる今なら行ける。

ウエダ商店

こちらが目的の「ウエダ商店」入り口。
大阪駅前第1〜4ビルは地下にたくさんの飲食店があるが、こちらは地上1階。
この入り口はビルの外、ビルの中にも入り口がある。

ウエダ商店ウエダ商店

ビルの中の入り口は雑然として、たぶん酒屋なんだけど店内での小売りより、発注を受けての飲食店への配達が主な業務なのかなと思わせる様子。
札が下がってて、立ち飲みできるのは15時半からだと判った。
よし、もう飲める時間だ。

ウエダ商店ウエダ商店

店内は酒屋という様子はなく、年季のはいった立ち飲み屋という風情。
ごちゃごちゃしていて、それが良い。
奥には広めのフロアもあるが、そちらは退勤後の勤め人グループが大挙して押し寄せるスペースだろうから、独りの俺はカウンターへ。
年季のはいった女性スタッフ数名で切り盛りされていて、そのうちの一人が“社長”と呼ばれてたんだけど実際に社長なのかしら。

ウエダ商店

こちらは日本酒がいろいろ飲めるようだった。
まず「櫻正宗 純米 焼稀」ってのをいただいた。
飾り気のないコップで、表面張力いっぱいに、330円。

ウエダ商店

調理されたアテも豊富に揃う。
あなきゅう280円也、これはだいぶ砂糖甘いね。

月曜の16時台、まだ客はまばらで静かな時間が流れる。
ここはロケーション的にキタの一等地なんだろうが、ぜんぜんそんな気がしないのが面白い。
どこかの下町のようだ。
また夜になれば満員盛況で、違う空気になるんだろう。

もう一杯、「魚沼」の純米300円をいただいて、満足して撤収。
立ち飲み、角打ちっていうのもだいぶ若い世代にも浸透してきたと思うが、ここはちょっと敷居が高く感じるかもね、若い人には。
ずっとそういう空気であって欲しいと、わがままにも思った。

↓「食べログ」での店舗情報

ウエダ商店立ち飲み居酒屋・バー / 西梅田駅北新地駅梅田駅(阪神)

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement