本店に行ってみて気が済んだ「上等カレー 本店」大阪市福島区福島

大阪のあちこちに店舗があるなと気になっていた「福島 上等カレー」という店。
今までに「土佐堀店」「上新庄店」に行ってみて、うーん「上等カレー」とはこういうものか、と判った気はした。
が、どうやら「上等カレー」はチェーン展開をしつつも、店舗ごとの裁量権はけっこう大きくて店ごとに味も価格も違うっという話を大阪在住者から聞いて、気になったりもした。

そこで、これはもう総本山たる本店に行ってみるといろいろスッキリするんではないかと考えた。
そんなわけで、思い立って福島の「上等カレー 本店」に行ってみましたよ。

上等カレー 本店

駅からちょっと歩かねばならず、アクセスが楽なロケーションではないね。
総本山たる本店は、古びた店舗なのかなと想像していて、職人気質の親父が独りでやってる老舗の食堂みたいなの。
おお、ここから全てが始まったのかってドラマを感じさせる店なのかと勝手に想像してた。
ぜんぜん違ったね。
まぁ、チェーン展開後に改装したのかもしれんけど(これもまた勝手な想像)、商売っ気の漂う店舗だった。

上等カレー 本店

本店は「福島 上等カレー」とは名乗ってないのね。
ま、そりゃ始祖だから、わざわざ“福島”と冠することはないわな。

店に入ると食券マシーン。
スタンダードなカレーを食おう、と料金を見ると800円。
一番安い、なにもトッピングしないカレーが、800円。
虚を突かれた思いがした。

上等カレー 本店上等カレー 本店

カレーが速攻で提供された。
キャベツのピクルス……というか浅漬け、が添えられ、卵黄も付いてきた。
本店は卵黄が付くのがデフォルトなのか。

上等カレー 本店

途中で卵黄をのせて食った。

特に感動はない。
というか、高っけぇな。

確かに店舗ごとに価格設定が違うんだな。
デフォルトのカレーで比較すると、上新庄店が580円、土佐堀は630円だった。
これは地価によって値段が違うのかなと、なんばウォーク店の価格を見てみると680円だった。
なるほど一等地ほど高いって感じか。
ついでに「上等カレー」は東京にも展開してるようなので渋谷店の価格を見てみると630円、あら高くない。
ふむ、福島の本店は、どの店舗より飛び抜けてカレーが高い。

まぁ、なんつーか、800円を払ってわざわざ食うもんではないな。
そのように感じた、というのが俺の正直な気持ち。
まぁとにかく、これでもう気が済んだ。

↓「食べログ」での店舗情報

上等カレー 本店カレーライス / 福島駅新福島駅西梅田駅

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement