俺にとって理想の寿司屋のひとつかもしれない「すし処 賛志郎」大阪市浪速区難波中

なんば楽座を抜けて、阪神高速高架下のバスターミナルも過ぎた先の交差点あたりに、寿司屋があった。

すし処 賛志郎すし処 賛志郎

それほど目立たない、間口の狭い、通りから少し奥まった寿司屋だが、なんだか存在感があった。
「すし処 賛志郎」という店。

すし処 賛志郎すし処 賛志郎

店先に品書きの案内があって、見ると安い。
寿司屋さんの価格帯を判断する俺の基準は、細巻と日本酒の値段。
こちらは十分に俺にも払える庶民価格だ。

そしてまた、暖簾のかかった引き戸のガラス越しに店内を窺うと、初老の先客氏がタバコを喫っていた。
いいね、喫煙できる寿司屋だ。
細巻が安くてタバコが喫える寿司屋は、俺にとって良い寿司屋だ。

暖簾をくぐると元気な大将が迎えてくれた。
カウンター席のみで、先客はお一人。
先客氏とふたつほど空けて席に着いたら、まずは飲み物を訊ねられた。

すし処 賛志郎

日本酒を冷やでとお願いすると、どんな酒が良いかとのことでサッパリ辛口を所望。
涼しげな透明の徳利と猪口で酒が出された。

すし処 賛志郎すし処 賛志郎

「厳選辛口 吉乃川」、新潟の酒だ。
すっきり、うまかった。
ラベルを撮らせてくれるよう大将に言うと、どうせなら裏も撮るよう促された。
先客の常連氏によると、大将は自らは酒を飲まないそうだが、酒の吟味だけはしっかりしているとのこと。

すし処 賛志郎すし処 賛志郎

ガリをのせた葉蘭が敷かれ、それじゃなにか握ろうかという流れに。
いまはそう腹は減ってないしアテが欲しいと言うと、お造りを少なめで出そうかと提案してくれた。
本当に、少なめで、でも種類が多く盛られていて酒飲みにはこういうのがすごく嬉しい。
こういうので、二合は軽く飲める。

大将は、とてもよくしゃべる。
先客氏が先に帰られて、残る俺は一見の見知らぬ客だから会話は途切れるかと思いきや、まったくとめどなく大将はしゃべるので、それを肴に酒がすすむという様相を呈してきた。
これちょっとおしゃべりが苦手な人には苦痛かもってレベルのトークの連鎖。
しかしまぁ、話題が豊富で俺には愉快だった。

すし処 賛志郎

締めに鉄火とカッパ巻き。
あまり寿司を食わずに申し訳ないなと思ったが、べつに大将は気にしていない風だった。

安くて、酒飲みに寛容で、タバコが喫えて、飽きない寿司屋。
ここは、俺にとっての寿司屋の理想郷のひとつかもしれない。

↓「食べログ」での店舗情報

賛志郎寿司 / 大阪難波駅なんば駅(大阪メトロ)JR難波駅

関連記事

コメント

非公開コメント

カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement