あのね巻は素晴らしいアテ巻「佐兵衛すし 本店」大阪市浪速区恵美須東

かねて行きたいと思ってた「佐兵衛すし 本店」へ、ようやく。

佐兵衛すし 本店佐兵衛すし 本店

こちらは本店で、近くに支店がある。
まずは本店から行ってみるのが筋かな、と。

佐兵衛すし 本店

かねて行ってみたいと思っていた目当ては、あのな巻・あのね巻だ。
これが名物メニューであるとネットで情報を拾っていて、ぜひ食ってみたいなと思っていたのだ。

佐兵衛すし 本店佐兵衛すし 本店

かなり盛況だったが、なんとか席を確保できた。
というか実は、満席なのを見ては近所をぶらついて時間を空け、また様子を見てというのを二度ほど繰り返しての、ようやくチャンスを得たという具合だ。

席に着くと飲みものはどうするか訊かれたので、剣菱を二合で注文。
酒のメニューが他言語で、情報量が多くて見づらいね。
灰皿が置いてあって嬉しい。

佐兵衛すし 本店

さっそく、あのね巻。
具材豊富な海鮮太巻きの、シャリがないやつ、という様相。
酒を飲むための、アテ巻というやつだ。
これは、かねて試したいと思っていたその期待値を上回って、素晴らしかった。

アテ巻と名乗るものは以前にも食ったことはあるが、それは細巻きでシャリも含まれていた。
やはりシャリはないほうが酒が進む。
また、もともと俺はカッパ巻や鉄火巻で酒を飲むのが好きで、それらはアテ巻と呼称はされないがアテ巻的な使い方をしていたことになるわけで、その上をいく酒が進むものでなければわざわあざアテ巻と名乗って欲しくはない。
あのな巻は、正しくアテ巻だった。

ちなみに、あのな巻・あのね巻の違いは具材にカズノコを含むか含まないかで、価格差は100円。
せっかくだから100円を惜しまず“あのね”を注文したが、“あのな”でも十分に満足できると思う。

佐兵衛すし 本店佐兵衛すし 本店

酒のアテとなる一品もあり、また細巻きが安くてバリエーション豊富。
アテはもう“あのね”で足りたので、酒をおかわりして細巻きを食うことにした。

佐兵衛すし 本店

うなきゅう、鉄火。
細巻きで酒を飲むのは、俺にとって締めのようなもの。
これもまたアテ巻で飲むのとは違う喜びがある。
それはそれとして、あのね巻はとても気に入った。

次は支店に行ってみよう。

↓「食べログ」での店舗情報

佐兵衛すし 本店寿司 / 新今宮駅前駅動物園前駅新今宮駅

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement