ちょっとしたカルチャーショックだった「とり平」大阪市北区角田町

阪急沿線のどこかへ用事で出かけて阪急梅田駅まで帰ってくると、どうしても新梅田食道街を避けて通れない。
もうかれこれ20年くらい前になるが、俺が初めて“大阪って酒飲みにとって素敵過ぎる都市だな”と感銘を受けた場所なので、いまだに想い入れが深くてスルーできない。

とり平とり平

新梅田食道街には沢山の店があるが、まだまだ立ち寄ったことのない店も多い。
そんな店のひとつ「とり平」へ入ってみた。

カウンターだけの狭い店内は盛況で、どうにか隅っこの席に座ることができた。
席に着くなり飲み物のオーダーを訊かれてビール、キリンラガー瓶があって嬉しい。

とり平

そして、お通しが出された。
そのお通しが焼き鳥であることに、軽いカルチャーショック。
お通しはキャベツじゃないんだ、と九州育ちの俺は意表を突かれたのよね。

とり平

さらに、辛子と大根おろし。
これはなにかしら、と不思議に思った。
まぁ薬味的なものだよね、とは思うが、九州だと七味か一味唐辛子なんだよね。
豚バラに一味ってのがポピュラーだよねという地域で育ったので、焼鳥屋で辛子と大根おろしってのは意外な展開。
まぁ豚バラに辛子ってアリだよね……って、ここには豚バラはない。
それより大根おろしのほうが辛子より不思議。

とり平とり平

不思議に思いつつも焼き鳥を何本か注文し、不思議に思いつつ大根おろしを焼き鳥にトッピングするなどして食べてみたのだが、店の人が後客に“大根おろしは口直しにそのままどうぞ”と声をかけていた。
そうだったのか……いや、俺にも言ってくれよと思ったね。

とり平

あとになって関西出身の人に「とり平」のことをTwitterで訊いたら、お通しに焼き鳥が出たり辛子や大根おろしが出てくるのは独自のスタイルとのこと。
大阪のどこの焼鳥屋でも大根おろしが出てくるわけじゃないんだな。
さらに、大根おろしはおかわり可能とのこと。
なるほど、九州の焼鳥屋でのキャベツと、同じ扱いということだと、あぁそうか、と理解できた。
キャベツも大根おろしも、さっぱりするし消化を助ける働きがあるよね、なるほどなるほどと納得。

それから、焼き鳥が小ぶりだな、とも感じた。
特に最初の、お通し焼き鳥はミニ焼き鳥って感じ。
これは、酒のアテとしてはいいね、腹一杯にならなくて。

なかなか面白い経験とした、と得した気分になった。
と同時に、大阪で他の焼鳥屋をもっと体験してみようと思った。

↓「食べログ」での店舗情報

大阪一 とり平 本店焼き鳥 / 梅田駅(大阪メトロ)大阪駅梅田駅(阪急)

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement