ロードサイドの安く飲める食堂「大衆食堂 久太郎」大阪市東淀川区菅原

<追記:2019年11月20日>
久しぶりに「大衆食堂 久太郎」へ行ってみた。
この手の店は、ある日ふと気づいたら無くなっていたなんてことがありそうで、急に気になったりする。

大衆食堂 久太郎

心配無用で健在でした。
しかもけっこう昼メシ客が入っていて盛況で、よかった。

大衆食堂 久太郎

前回は酒を飲む目的で利用したが、今回は普通に昼メシを食いに。
店内の張り紙に“ラーメン各600円”とあって、みそ、正油、塩バター、カレー、とんこつ、というラインナップ。
とんこつラーメンにしてみた。

スープを一口、けっこうな塩分。
麺は太く、ゆるくうねっててクニクニの食感。
うん、九州以外のとんこつラーメンってこんな感じなのね、ってやつ。

それより、だいぶ高齢でらっしゃる大将が、なんかすごい。
ご高齢だが、声がでかい。
かくしゃくたる身のこなしでラーメンの注文を一人でさばいている。
ラーメンを作りながら“こんにちは!”とか“まいど!”と客を迎えつつ、“わかりました!”や“おねがいします!”と従業員に声をかけ店全体のオペレーションを采配する。
まさに、司令塔。

前回の利用時は昼下がりということで大将が活躍する時間帯ではなかったから、その存在感は際立ってはなかった。
昼メシ時は、大活躍だ。
大将を見るだけでも価値があるかも。

この店を再訪したのは2019年11月20日

<初回投稿:2019年04月11日>
東淀川区の阪急上新庄駅の最寄りに用事ができて、行く前に情報収集したら、素敵な食堂があるようだった。
「大衆食堂 久太郎」という店。

大衆食堂 久太郎大衆食堂 久太郎

大阪高槻線という府道沿いに、忽然と在るといった風情。
もっと田舎の県道沿いとかにあれば、すごく自然に見えるんだろうが、この店の周辺は田舎という景色ではないからミスマッチな感じがして面白い。
もちろん店は忽然と現れたわけではなく、昔から同じ姿でずっと店舗はあって、まわりが勝手に変化しましたって感じなんだろうね。

大衆食堂 久太郎

外観からして、めし屋とラーメン屋が隣り合って営業してるように見えなくもないが、中で繋がってた。
歩いて行ったから、歩道に近い正面向かって右側の入り口から入ったんだけど、迎えてくれた老店主に左側の空間へと案内された。
右側は昼飯ピーク時にしか稼働してないのかもしれない。

カウンターがあったが席はなく作り置きの惣菜が並んでいて、白いテーブルクロスのかかったテーブル席へ。

大衆食堂 久太郎

店の奥に大きな冷蔵ショーケースがあって、ビール瓶が見えたが嫌いな銘柄だったのでどうしようかなと思ったが、隅っこに黒ラベルがあったのでビールを飲むことにした。
もともと酒を飲む目的で、ここは“飲める食堂”に違いないなと思っていたので立ち寄ったわけだが、スーパードライしかなければ日本酒を飲むかと思案していたところに黒ラベルが見えたので救われたというところだ。

大衆食堂 久太郎

ビールには揚げもの、とカウンターにあったミンチカツ250円也を。
レンチンして提供してくれた。
高菜は、お通し的なものなのかビールについてきた。

大衆食堂 久太郎大衆食堂 久太郎

黒ラベルで喉が潤って、改めて冷蔵ケースを見るといろいろな一品、小鉢があった。
日本酒のアテになるものがけっこうあり、それならばと清酒(正一合)を注文。

大衆食堂 久太郎大衆食堂 久太郎

酒のアテに塩サバ(小)、破格の150円。
安くて嬉しいし、安いなりに小さくはあるのだが、酒を一合飲むのに丁度よいサイズで具合が良かった。
酒は400円、注文時に燗をつけるか訊いてくれたが冷やで。

期待通りに“飲める食堂”だった。
良い食堂だった、寂れ感やTVやBGMといった音のない殺伐とした静寂も味わい深かった。
黒ラベル、ミンチカツ、焼きサバ、酒、しめて1,300円という安さも嬉しい。

上新庄にまた行く機会には、きっと再訪する。

↓「食べログ」での店舗情報

めし久太郎定食・食堂 / 淡路駅下新庄駅上新庄駅

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement