すんげぇガッカリ…すき家の「炭火豚丼」…

すき家、嫌いじゃないんだけどねぇ…。

ふらっと立ち寄ったら「炭火豚丼」ってのがアピールされていた。
知らんかったが、新メニューか。

すき家炭火豚丼:店外のぼり

店内でもアピールされてるな。

すき家炭火豚丼:店内POP
すき家炭火豚丼:店内POP

大盛りもプッシュされてるな…いや、ちょっと高くねぇか740円って?

並を注文しました。
はい、こちら。

すき家炭火豚丼:商品

山椒が添付されております。

すき家炭火豚丼:山椒

で、まぁ食ったらば、まぁ…なんつーか…うん。

えーっと、とりあえず、焼けよ。
なんか本部だか工場だかから届いたレトルト湯煎しましたっての丸出し感。
焼けた感じが欲しいんだよ、肉の焼けたフレーバーが!
ま、なんともしれん炭火っぽいフレーバーは添加されてるけどね。

違う、焼いたものと、焼いたっぽいものは、違う。

つーても、工場だかでレトルトにする前工程では焼いてんのかもしれんけどさ、いやどうだろうねぇ、まぁ焼いてたにしてもよ、俺が求めたのは客に提供する時点で焼いた肉なのよ。

吉野家の、十勝なんちゃら焼き味豚丼だったかが登場した際、どーせ焼かないだろレトルト湯煎だろと侮っていたら、オーダーされてから焼いてたのよね、ちゃんと。
で、美味しかったのよね。
(現行の「ロース豚丼 十勝仕立て」はガッカリなんだけど)
そうだから、すき家「炭火豚丼」には、がっつりガッカリした。

そんで520円だよ、並520円。
こういうメシ系ファストフードで、500円以上は使いたくないのよ。
だって500円以上の金を使うんなら、町の定食屋とか行ったほうが美味しいメシ食えるじゃん?
でも、期待して使ってみたのよ。
なんやかんや言うても嫌いじゃないぜ、すき家…と思って520円も是、と。
そうして、ガッカリしたのでした。

まー、フォローしとくと、タレはうまいね。
蒲焼きっぽいタレでゴハン食えるわ。
いっそタレ丼にしちゃえよくらいの。

食べ終えて、後悔の念を胸に抱きつつ会計。
520円+Taxで、561円。
うわぁあ。
こんなもんに561円も使ったのかと、自責の念に苛まされました。
自己嫌悪。

あ、これって確認したら2014年9月10日からの発売だったのか、もう今さらニュースバリューないな。
っつーか豚丼さ、“ぶたどん”じゃなくて“とんどん”って読ませるのかよ!
もはや何もかもが気にくわねぇよ!

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement