鮨であり呑みくい家であり「魚と肴」福岡市早良区西新

寿司屋さんに行きたいというリクエストに応じて、『西新オレンジ通り飲食街』の「魚と肴」へ。

魚と肴魚と肴

店先の看板には“鮨”の一文字に添えて“呑みくい家”とあって、これは飲めるな、と。
寿司屋へ行ったらおむむろに“お決まり”を注文する、というのが好きではなく、まずひとしきり酒を飲むことが好きなので、飲める寿司屋が好きなのよね。

魚と肴

赤星があって良い。
メニューでは瓶ビールはキリンとサッポロと記載があり、キリンは一番搾りだったので残念。
キリンラガーと赤星が並び揃っていれば素敵だったのにね。

魚と肴魚と肴

五種盛りで飲もうとしたら、同行者がおもむろに“大将おまかせ握り9巻”を注文して虚をつかれたが、まぁ仕事帰りで空腹だったんだね。

魚と肴魚と肴

そのあとも注文は続く。
鯛のあら炊き、ぎょくの天ぷら。

魚と肴魚と肴

穴子の握り、賄い納豆、海鮮茶碗蒸し、菜の花の天ぷら等々。
ほとんどが同行者の希望で、本当に健啖家で驚く。

魚と肴魚と肴

俺は食うよりも飲むほうに熱心で、安いマスプロダクトの「恒の月」から初めて「出羽桜」とか「東一」とか「酔鯨」など、思うままに杯を重ねるが注文する銘柄を帰るごとに猪口を変えてくれるサービスが嬉しい。

魚と肴魚と肴

寿司屋に来たら鉄火とカッパというのがいつものパターンで、やっぱりここでも。
だいたい俺は日本酒と鉄火とカッパで締められたら、それで気が済むのよ。
でも今回は贅沢してトロウニなんて注文しちゃったよ、すごくうまい。

魚と肴魚と肴

店内は、寿司屋というよりコンパクトな割烹という雰囲気かもしれない。
カウンターにネタケースはなく、オープンキッチン内の空間も板前の厨房といった様子。
まぁ飾らない感じ、という言い方もできるかな、そして俺には喫煙可なので嬉しい。

厨房内での大将の仕事っぷりを眺めていると、特に汁物をこしらえる所作が背筋が伸びて印象的だった。
だから赤だし美味しいだろうなと注文してみたが、なかった。
替わりにアラ汁を同行者が注文したので、ちょっと啜らせてもらったが美味しかったな。

ところどころ寿司屋然としてないない部分があって、そこが飲み屋として使い易い面でもあると思った。
好きな感じの店だわ。

↓「食べログ」での店舗情報

魚と肴寿司 / 西新駅唐人町駅

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement