日替わりリーズナブル「つうつうハイハイ店」大阪市天王寺区上本町

ハイハイタウンに来たが酒を飲みにではなくメシを食いに、何故ならこのあと仕事だから。
そんなわけで、普段なら“ここは飲む店ではないなぁ”とスルーしてしまう店に入る。

つうつうハイハイ店つうつうハイハイ店

うん、普通にうどん屋さんだねぇ「つうつうハイハイ店」。
店頭のサンプルメニューがズラリ、選択肢豊富そう。
しかし、うどんの価格帯として「なんばうどん」「松屋」が基準となっちゃってる俺には、どれも安くはないなぁと思ってしまう。

つうつうハイハイ店つうつうハイハイ店

でも「日替定食」700円、これはリーズナブルだねぇ。
カツ丼、そば/うどん、小鉢も付いて700円って安いじゃない。
これでもし丼が玉子丼とか木葉丼だと“ああ、うん……そうねぇ”ってなるんだけどカツ丼だと“おぉ、いいね”ってなるわけよね。

つうつうハイハイ店つうつうハイハイ店

とても美味しい、とは言わないが及第で文句はないです、というカツ丼とそば。
小鉢は、ちょうどいい箸休めといった感じ。

テキパキと働きつつ、客への気配りも見えるフロアスタッフに好感が持てました。
提供も早く客の回転も早く、近隣のサラリーマンのランチに良い店だと思ったな。

この店に行ったのは2022月03月18日
↓「食べログ」での店舗情報

つうつうハイハイ店そば(蕎麦) / 大阪上本町駅谷町九丁目駅四天王寺前夕陽ケ丘駅

関連記事

具沢山とはこういうことだ「はなぶさ 英」大阪市福島区福島

ここ最近のエントリーが過去を遡ってばかりだったのは、引きこもっているからだ。
だから、ほとんど飲食店に行っていなくて更新ネタがなくなるからだ。

例年この季節は、外に出る仕事がなくって延々と部屋で作業をしているから。
しかしまぁ、それも精神衛生上よくねぇなぁと、ただ単にメシを食いに外に出たりはする。
福島区の鷺巣辺りは、なかなか趣き深い食堂や洋食屋があって(GoogleMaps調べ)注目している。
そこで、ノーマークだった食堂が、なんとなく目に止まった。

はなぶさ 英はなぶさ 英

「はなぶさ 英」という店。
まぁ控えめな存在感で、暖簾らしいものは出ているが営業してんのかな、と思っちゃう。
でも路上置き看板が出てるからね、やってらっしゃるんだ。

はなぶさ 英

路上看板に2種類の日替わりが案内されていて“おかず色々あり”とか書いてなかったように、おかずショーケースから選んでというシステムの店ではない。
ママさん(って呼びたい優しい雰囲気の方)に“どっち?”と訊かれて“なるほど二択オンリーなんだな”と理解して、鯖味噌煮をお願いした。

はなぶさ 英はなぶさ 英

鯖、大きいわ。
これ、冷たかったので少し驚いたが、それでも十二分に美味しかったんだよね。
そして加えて“小鉢二品付き”って看板に書いてあったが、その小鉢がまた充実の内容。
銀色の器のものは、肉じゃがを揚げで包んできんちゃくにした、みたいなものだった。
メインおかず、小鉢の物量だけでもう満腹が絶対的に保証されてる様相で、ごはん小にしてて良かったなと思った。

それだけじゃない。

はなぶさ 英はなぶさ 英

豚汁。
具沢山豚汁。
具沢山ってレベルじゃねぇぞ、って威容だよ。
具がたくさん入ってますよ、どころじゃない質量というか密度というか、飽和状態とまで言える。
日本よ、これが具沢山だ。
すべての具沢山は道を開けろ。
っていうやつ。

ごはん小と豚汁だけで余裕で腹が満ちたよね、って思った。
おかず400円、ごはん小50円(!)、豚汁100円(!)、しめて550円。
でもね、量が多い、安い、だけじゃない丁寧さを感じる味だったんだよねぇ。

あ、もし行ってみようと思う人がいたら、昼の営業は13:30頃までなんで、そこだけご注意を。

この店に行ったのは2022月03月17日
↓「食べログ」での店舗情報

家庭料理 英定食・食堂 / 福島駅新福島駅野田駅(阪神)

関連記事

鄙びていて良いのだが「お多福」大阪市福島区吉野

直近のエントリーで(またこの書き出しですよ)野田阪神最寄りの地獄谷にある店について書いたが、その並び数軒隣にも飲み屋がある。

お多福

この外観は、とても好み。
正しく昔ながらの酒場って感じで。

お多福お多福

キリンラガー瓶があって嬉しい。
アテに、鮭。

やや薄暗く静かな店内。
先客もあったが、和気藹々のにぎやかさはなくて、それも良かった。

何度か立ち寄ったんだけど、いつからか(まぁ2020年4月1日の健康増進法改正施行からだろうね)禁煙になっちゃってて、店先に禁煙のステッカーが貼ってあって、それから寄り付かなくなってしまった。

でも、喫煙者じゃなければ、鄙びた感じが味わえる酒場だと思うよ。

この店に行ったのが確認されているのは2019月03月16日
↓「食べログ」での店舗情報

お多福居酒屋 / 野田阪神駅野田駅(阪神)海老江駅

関連記事

場所や雰囲気は好きです「酒場透泉」大阪市福島区吉野

直近のエントリーで(またこの書き出しか、とそろそろ思われていることと存じます)2019年02月10日と2018年04月08日にコーヒー160円という驚く安さの喫茶店に行ったと書いた。
その両日に、同じ酒場に行っていたのだとTwilogを振り返っていて判明しましてね。

酒場透泉酒場透泉

「酒場透泉」という店で、最寄りは大阪メトロ野田阪神駅となる“地獄谷”というエリアにある。
地獄谷とは大層なネーミングだが、入り組んだ路地に飲食店が密集みたいな場所で、昼に開いてる店は少ないから俺としてはそんなに興味を持っていない所ではある。

酒場透泉酒場透泉

この日は遅い昼メシとしてビール、肉じゃが。
キリンラガー瓶があって嬉しいし喫煙可能で嬉しかった(今はどうか知らんけど)。
これが2019年02月10日のこと、このあと件のコーヒー屋さんに行ったのね。

そして遡って2018年04月08日、件のコーヒー屋さんに初めて立ち寄った日なんだけど、それは「酒場透泉」に初めて立ち寄った日でもあったのです。
なんか、なんかスゴくないですか、同じ日なんですよ、酒場とコーヒー屋さんに初めての日、2回目の日、それぞれ同年同月なんですよ、偶然の産物ですかシンクロニシティですか、ねぇ。
と、盛り上がるのは当事者である俺だけだよね。

酒場透泉酒場透泉

初めてのときは、さすがに入りづらいなぁと気圧される存在感だったね。
潔く“酒”とだけ染め抜かれた暖簾は、店内の様子を覆い隠して中が窺えない。
が実は、路地側の引き戸がちょっと開いてて店内を覗けたんだけどね。

酒場透泉酒場透泉

良い感じに雑然として、こういうの好き。
常連さんと、店のお母さんの、和みの場という空気感だったが、別に一見お断りとかではない。
このときは、おもむろに日本酒を飲んだな。
看板にある“透泉”、これは知らなかったが奈良県の酒なんだね。

そんで、この店にはこの2回だけじゃなく、あと何度か寄ってるんだけどね。
まぁちょっと、そこまで俺にとって居心地の良い酒場でもないのよね。
というのは、毎度いつものように集ってらっしゃる常連諸氏が、どうやら草野球だかソフトボールをやってるみたいで、その様子を録画したビデオが店内で流れてることが多いのよ。
それで常連諸氏がゲームについてあれこれ盛り上がって、俺は独りポツーンと……っていうのはいいの。
俺ってあんまり酒場での客同士の交流とか、あんまり求めてないんでポツーンはいいんだが、問題は、あまねくほとんどのスポーツというものが俺は嫌いだってことなの。
だから草野球だかソフトボールの試合みたいなのが延々と耳に入るのが嫌なんだよ。

あー、だから逆にスポーツが嫌いじゃない人にとっては良いかもしれない酒場です。

この店に最初に行ったのは2018月04月08日
↓「食べログ」での店舗情報

酒場透泉居酒屋 / 野田阪神駅野田駅(阪神)海老江駅

関連記事

激安は伊達じゃない「コーヒーショップ マル屋」大阪市西成区千本北

直近のエントリーで大阪メトロ四つ橋線玉出駅最寄りの“たこ焼き発祥の店”といわれる店のことを書き、『目的があって岸里へ行ったのだがアテが外れて、ちょっと休憩で喫茶店(この喫茶店のことも書いていないと確認して驚いている)に寄って』とも書いている。
その喫茶店のことを書いておこう、それは2019年02月10日のことだった。
知る人ぞ知る、という店かもしれない、けど知ってる人もけっこう多いかもしれない。

コーヒーショップ マル屋

「コーヒーショップ マル屋」。
レンガ調のタイルとか、昭和を彷彿とさせるってゆーか昭和からずっとこうなんだろう。

コーヒーショップ マル屋

コーヒー160円。
この安さが、一部ではネタ的に扱われているかもしれないが。
安いからどうだっていうんだ、普通に美味しいです、とは言いたい。

コーヒーショップ マル屋

そんで、この店のメニューって紙屑みたいな……あっ、いや朽ち果てかけていて……いや、古文書みたいだったりするんだけど、それもまたネタ的に扱われがちかとは思うが……うん、それはネタ的に扱われても仕方ないか。
でもね、店自体は、けっこう洒落た造作なのよ。
ロマンがある。

というわけで、西成区だし激安だしで、面白おかしく言われがちかもしれないんだが、良い喫茶店だよ。

で、まだ話は続くんだけど、この店に寄ったのはこのときが初めてではなかった。
最初に利用したのは2018年04月08日だった。
そのことを俺はまめに記録していたわけでは全然なくて、Twilogで確認した。
とにかくTwitterでつぶやいておくと後からTwilogでで振り返ることができるのでTwitterいいよね。

コーヒーショップ マル屋

「コーヒーショップ マル屋」。
このときが初めて。
このときは俺もネタ的に、アホほど安いボロボロの喫茶店が西成にある、ってんで来たんだと思う。

きちんとした格好で丁寧に迎えてくれたマスターは、だいぶ歳がいってらして。
その接客、所作は、長いことやってらっしゃる喫茶店の貫禄と、控えめさを感じさせるものだった。

コーヒーショップ マル屋コーヒーショップ マル屋

コーヒーとミニホットケーキで240円。
ホットケーキは、不器用と行っては失礼だが不器用に彩られていた。
不器用ながら、もてなしの気持ちを感じるのでこういうの好きです。

ところで、こちらは今も健在なのだろうか……というのはGoogleMapsでは臨時休業ってなってんのよね、それはコロナ的なアレでそうだったんだろうけど。
ちょっと近いうちに、また行ってみたい。

この店に最初に行ったのは2018月04月08日
↓「食べログ」での店舗情報

コーヒーショップ マル屋喫茶店 / 西天下茶屋駅岸里駅天下茶屋駅

関連記事

最近書いた記事


カテゴリ

プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索