神戸名物そばめし発祥「青森」神戸市長田区久保町

更新をサボっていた時期の積み残し、店を利用したのは2021年の春。
電車に乗って兵庫県は神戸の新長田まで行った。

三宮とかじゃなく新長田へ行ったのは、観たい映画があったから。
俺がちょっと遠出をするのは、だいたい映画が目的なのね。

青森(そばめし)青森(そばめし)

それで、新長田に来たからにはと、「青森」へ。
神戸名物そばめし発祥の店なんだってね、いっぺん行ってみっか、という動機で。

青森(そばめし)

めっちゃ混んでた。
カウンターもテーブル席も埋まってて、奥の小上がりがあるほうへ案内された。
そこには椅子が置かれて、待合室状態で、そこにも先客があった。

青森(そばめし)

だいぶ待ったな。
映画の前に軽く腹ごしらえでもくらいの気持ちだったんだが、だんだん時間の余裕がなくなっていった。

ようやく席に案内され注文が通ってからも、だいぶ待ったな。
こう言っちゃアレだが、鉄板でジャッジャってやればすぐ出来上がるもんなんじゃねぇのって思ってたが間違った認識だったようだ。

青森(そばめし)青森(そばめし)

やっと、そばめし。
ふーむ、人生初そばめし。

なんか食い進めると単調に感じたな。
そばめし発祥の店で食った、という事実のみが俺に残った、って感じ。

それにしても人気の名店とかってのは、なんも予定がなくてめちゃくちゃ暇みたいなときに行くべきなんだわな、という教訓も残ったな。

この店に行ったのは2021年03月28日
↓「食べログ」での店舗情報

お好み焼 青森お好み焼き / 駒ケ林駅新長田駅苅藻駅

関連記事

安いし提供は早い「大衆居酒屋 マルキ」兵庫県尼崎市潮江

JR尼崎駅で降りて。
話には聞いていたが、阪神尼崎とJR尼崎ではぜんぜん様子が違うな。
阪神尼崎が所謂“アマ”だとすれば、JR尼崎のほうは印象がかなり違うんだな、というのを実感した。

駅前に大きなショッピングモール、隣接して高層マンションや中低層だが個数はすごく多そうな集合住宅が商店街をも形作っているアミング潮江。
それらだけでひとつの生活圏コロニーといった様相で、そこでずっと生きていけそうだなぁと思わせるものがあった。

だが同時に、そこでは何でも手に入りそう、供給されてそうではあるが、全国展開のチェーン店ばかりが目立つなぁという印象も持った。
飲食店についても、然り。

大衆居酒屋 マルキ大衆居酒屋 マルキ

「大衆居酒屋 マルキ」という店が昼から営業してて、寄ってみた。
ネオ大衆酒場という部類かな。
表に5周年云々と書いてあったから、ネオにしては古参かな。

大衆居酒屋 マルキ大衆居酒屋 マルキ

まさにネオ大衆酒場な造作。
こういうの禁煙だったりするよなと不安だったが、喫煙可なので良かった。
ネオはスーパードライとかブラックニッカしかねぇよなと不安だったが、赤星があったので良かった。

大衆居酒屋 マルキ大衆居酒屋 マルキ

とん平焼き、薄い。
でも赤ウインナーは5本あって180円、安い。
そしてどちらも、提供が早かった。
安くて早いなら良いよ、昼から開いててタバコ喫えるしさ。

最初の話に戻るが、俺はアマのほうが好きだな。

この店に行ったのは2021年07月22日
↓「食べログ」での店舗情報

大衆居酒屋 マルキ 尼崎店居酒屋 / 尼崎駅(JR)

関連記事

暑いときにも熱いうどん「松屋」兵庫県尼崎市潮江

ここにも「松屋」があったんだ、と軽い驚き。

松屋(尼崎)松屋(尼崎)

うん、“あの「松屋」”だよねぇ。
そば・うどん200円、こういう値段設定なのは、間違いない“あの「松屋」”だよ。

こちらは、JR尼崎駅を北側に出てすぐ、大きなショッピングモールや高層中層集合住宅が立ち並ぶエリアの一角にある「松屋」。
俺が“あの「松屋」”と言ってるのは、立ち食いだったり座りだったりするがおしなべて価格設定が激安である庶民的そばうどんお店であるところの道具屋筋の「松屋」とかジャンジャン町の「松屋」とか、なんばの「松屋」のことね。
あ、東淀川区の淡路にも「松屋」あったよね。

松屋(尼崎)松屋(尼崎)

尼崎にもあったんだぁ、よっしゃうどん食ったろ、と店内へ。
立ち食いじゃなく椅子があるね、厨房の壁の品書きを見ると、やっぱ安いね。

しかし……暑いね。
入り口が開け放たれてオープンエアーに外の熱気が、そして厨房からの熱気もあいまって、暑い。
お冷やがおいしい。

松屋(尼崎)松屋(尼崎)

肉うどん。
暑いんだけど肉うどん頼んじゃった。
あー、やっぱ関西の肉うどんってタマネギはいってるなぁ、とか思いつつ啜る。
汗が流れる、しかし、ツユがうめぇ、肉の旨味がプラスされて奥深く美味しいツユを全部飲み干したいと感じるほどうめぇ、汗だくになりつつも。

いや、店が暑いといっても客である俺は食い終わったらサッサと店を出ればいいけど、店のオバチャンは営業中ずっと暑い店内にいなきゃなんねぇんだぞ、そう思うと頭が下がります。

このとき至近距離のショッピングモール内映画館が目的で、ちょっと腹拵えに寄ったんだけど。
また尼崎で映画を観る機会があれば、またここの「松屋」に寄ろうと思ったよ。

この店に行ったのは2021年07月22日
↓「食べログ」での店舗情報

松屋うどん / 尼崎駅(JR)

関連記事

ギターと缶ビール「B-ステーション」大阪市中央区谷町

更新をサボっていた時期の積み残し、店を利用したのは2020年の12月。
ちょっと普段は利用しないような店に立ち寄ってみた。
場所は大阪メトロ谷町九丁目駅に直結している薄暗い地下街……東谷町ビルって建物の地下商店街、サンドウィッチで満腹になった喫茶店「門」があるところ。

B-ステーションB-ステーション

楽器屋さんだよね。
ギター屋さんなのかな、まぁギター中心の楽器屋さんなんだろうね。

B-ステーション

だが店に近づいてみると、楽器屋さんでありつつバーであるようだ。
酒が飲めてギターが弾ける店、「B-ステーション」。
なんか面白いな。

B-ステーションB-ステーション

店内は、めっちゃ楽器屋さん。
そう広い店じゃないが、ここでライブが行われることもあるそうな。

B-ステーションB-ステーション

缶ビールや、ハイボール缶とか、ドリンクはそんな感じ。
ワンドリンク500円で、ポテチとか乾きものをドサっとくれる。
なんか酒屋で角打ちって感覚があって、そして酒屋では酒が飲めるように楽器屋だから楽器を弾くこともできる。

店のお姉さんが音楽の話しとかしてくれて、楽しく過ごした。
禁煙だが、周りが楽器に取り囲まれているし、そこは納得。

ギターなぁ……ボケ防止に指先を動かすのは良いとかいうし、ちょっとギター買ってみようかなと思ってみたりしたね(弾けるとは言ってない)。

この店に行ったのは2020年12月20日
「B-ステーション」大阪市中央区谷町9-3-11

関連記事

たくさんメニューがありました「但馬屋」大阪市北区天神橋

更新をサボっていた時期の積み残し、店を利用したのは2020年の12月。

天満では「銀座屋」ばっかり利用しがちなので、たまには他の店にと「但馬屋」へ。
アーケード街から東にずれた細い道……それでいて飲食店が立ち並んでいる……にある。

但馬屋但馬屋

提灯が、なんかこうベタに、いかにも居酒屋ですとか酒場ですっていう様相を呈していて、なんかいいよね。
看板に“大ビンビール400円”とあって、天満にしてはちょっと安くないなぁと思わないでもなかった。

但馬屋

キリンラガーはなくて一番搾りだった。
ちょっと安くはないしラガーじゃないし、やっぱりちょっと残念よね。
ちなみに突出し的に、ひじきが付いてきた。

但馬屋但馬屋

しかしまぁ、この店の特徴はめちゃくちゃメニューが豊富ってことだろうかね。
とにかくアイテム数が多くて、壁には品書き短冊がみっしりと整然と貼られていて、なんかもう壮観である。

但馬屋

あまりに選択肢が多いと何かを注文するべきか思考停止してしまいそうになるが、とん平焼きだね、そんなときは。
とにかく好きだし、ビールに合う。

但馬屋但馬屋

そんでビールを飲みながら、とん平焼きを食いながら、落ち着いて改めてメニュを眺める。
このとき12月の下旬になろうって頃、寒いし温まるのが良いなと、おでん。
玉子、大根、厚揚げ、この3種が俺のゴールデントライアングルなのだ(注文の仕方がワンパターンなのである)。
おでん、そうなれば日本酒だ。

うん、なんだか心地よく過ごせた。
とりたてて何かがすごく好きってところはないが、極めて遺憾であるといった部分もない。
まぁ、中庸、という感じか。
でも日々の生活のなかで中庸ってのも大事よね。

この店に行ったのは2020年12月18日
↓「食べログ」での店舗情報

但馬屋居酒屋 / 天満駅扇町駅天神橋筋六丁目駅

関連記事

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement