あれもこれも300円でセルフで楽しいし肉も焼ける「人手不足 前原駅前店」福岡県糸島市前原中央

珍しく、電車に乗って酒を飲みに行った。
福岡市英地下鉄からのJR筑肥線、筑前前原駅へ。

人手不足 前原駅前店

目的の店は「人手不足 前原駅前店」。
ちょっとホットな話題になってたのよ、Twitterの俺のTLの中で。

この店、アルコールメニューも惣菜も焼肉も、とにかくなんでも300円って立ち飲み屋なんだよね。
もちろん、チャージも300円ですみたいな悪いオチはつかないよ。

人手不足 前原駅前店

なんでも300円なだけじゃなく、なんでもセルフ。
つまりビールが飲みたければ自分でサーバから注ぐ。
ビールを注ぐのって難しいが、自分でやるのはちょっと楽しい。

ちなみに薄汚い猜疑心を抱く俺は、これって本当にビールなのかと訊いたら、モルツとのこと。
いいね、正直な商いだなぁ。
ビールを謳いながら発泡酒や新ジャンルとかを出す店は、大嫌いだ。

人手不足 前原駅前店

惣菜は“糸島のおばちゃん手作り”とのこと。
ポテトサラダをいただきました。

人手不足 前原駅前店人手不足 前原駅前店

さて、肉だが。
俺って、あまり焼肉ってものに対する情熱がなくて、日頃から“あぁ焼肉が食いたい”とかって思うことはない。
だからここも、酒と惣菜だけでいいよねぇって思ってたんだけどね。

でも、肉に注力してるんだよね、ってのが店員さんとのトークで伝わってきたし。
ガスのロースターが、せっかく各席にセットされてるし。

人手不足 前原駅前店

鳥せせり、ぶたバラをいただきます。
岩塩とハーブソルトで。

あと牛カルビも食ったけど写真がないな、焼いてるとこの動画を録るのに夢中だった。


動画も見てくれると嬉しいです。

人手不足 前原駅前店

締めに、羽釜炊きですよと、これまた店が注力してる肉釜飯(そういう品名だった記憶)を一膳。
あ、なんか、ほっこり。

均一価格でセルフって、気楽でいいね“お構いなく”って感じでね。
禁煙だったのは俺としては残念なんだけど、なんかまた電車に乗って行ってもいいかもな、って思ったね。
あっ、昼間っから開いてるし早い時間にはサービスもあるんで、17時より前に行くの推奨だよ。

この店に行ったのは2020年08月26日
↓「食べログ」での店舗情報

人手不足 前原駅前店立ち飲み居酒屋・バー / 筑前前原駅

副菜で満腹ランチ「プレーヌ」福岡市中央区舞鶴

那の津通り沿いの、街角の喫茶店といった佇まいの「プレーヌ」。

プレーヌプレーヌ

ちょっとこれは常連ばかりの敷居の高さがある店かな、と思わないでもなかったが、惹かれる雰囲気もあった。
店先に掲示されたメニューを見ると、食事メニューが割とリーズナブルだなって気がした。
このとき、仕事の合間の昼休みタイムだったので、ここでメシ食うことにしようと店の中へ。

プレーヌ

店内のBGMはオールデイズで、その頃60年台くらいが青春だったのかなと想像される女性二人で店を切り盛り。
カウンター奥の装飾が、ロマンチックというか乙女チックな少女趣味って様相。

プレーヌプレーヌ

ハンバーグ(ライス・汁物付)650円也をお願いした。
それが提供されて、まず“うわぁ、キャベツ……”って思った。
キャベツの、量が、多いのよ。

粗く刻まれた大量のキャベツを食い尽くすのは、けっこう骨が折れる作業だった。
そんでまた、マカロニがね、マカロニサラダっつーか茹でてマヨネーズで和えられたマカロニがね、これまた量が多くて……しかも炭水化物じゃん、ライスもあるのにマカロニも炭水化物じゃん。
満腹になっちゃったね。
ま、650円で満腹になれて得したね、とポジティブに考えることもできるんだろうが……満腹になっちゃった、という感想なんだよね正直なところ。
副菜で、満腹。

カツ丼とかにすれば幸せになったのかもしれない。

この店に行ったのは2020年08月25日
↓「食べログ」での店舗情報

プレーヌ喫茶店 / 赤坂駅大濠公園駅天神駅

関連記事

缶詰酒場「めでた屋」の大将が俺を唆す(笑)

<追記:2020年08月30日>
馴染みの店だからこそ、行くたびにブログに書いたりしない「めでた屋」。
もうだいぶ、付き合いも長い。

めでた屋めでた屋

ここが好きなのは、もはや福岡市内では希少な、“昭和の酒場”だからだ。
そりゃあ今はブームで“ネオ大衆酒場”とかが何軒もオープンしてるけどね、それは現在の若者に向けた営業スタイルであって、俺みたいな昭和の遺物であるオッサンのための店ではない。

福岡って新しもの好き、熱しやすく冷めやすい、そういう土地だよな。
だから俺なんかは、わずかに残った古くからの酒場を愛でるしかない。
まぁ、ここも創業何十年とかの老舗ってわけではないが、それでもそこそこ長いことやってるなぁ……20年くらい?

めでた屋めでた屋

赤星、お通し。
安定の喫煙可。

めでた屋

大将と、他愛のない世間話とか、酒場の情報交換とかしながら飲む。
この夜は、ユーチューバーの話なんかしてたな。
ユーチューバーやって、小銭が稼げるといいなぁ、なんて話。
うん、まぁ俺も興味がないわけではない。
けど手を出すのが億劫で、それに広く一般に好まれるようなコンテンツを作り出せる気もしない。

そう思って手をつけずにいたけど、いや、あんなもん軽いノリでやったらいいじゃん。
そもそもこの「タベノミー」だって、広く一般に好まれるようなコンテンツじゃないんだけど、好きでやってるだけだもんなぁ。

そう考え直して、動画を編集して、YouTubeにアップしてみた。



チャンネル登録お願いします(小銭が欲しいです<=結局それかよ)。

<初回投稿:2015年06月10日>
福岡市中央区渡辺通「めでた屋」は、缶詰バーを標榜しており缶詰好きにとっては全国区レベルで有名な店だろう。
そこそこ馴染みの店で、先日また行った。
以前に立ち寄ったときに、東京酒場巡りに行くって言ったら立ち飲み屋がいっぱい載ってる本を貸してくれてたんで、それをお返ししようと。

この日は福岡でハシゴ酒、ここで6軒目。
けっこう酔ってきたがビールでリセットだ。

めでた屋

赤星、いいよねぇ。
ビールを飲みながら、東京ではどんな飲み屋に行ってきたかって話を大将としたり。
東京から出張でというお客さんと、神田「三州屋」の素晴らしさについて話したり。

めでた屋

お通しのポテサラをつまみに男梅サワーを2杯。

めでた屋:男梅サワー

つーか2杯目は、1杯目に乙類焼中と炭酸だけを足してもらったんだけどね、そのくらいの梅テイスト濃度が好きだな。

お借りしてた本を返すと、入れ替わりにまた本を貸してくれた。
そのタイトルを見て、ちょっと絶句したね。

めでた屋:本

「東京朝呑み散歩」ってか。
そういうテーマでムックが編集できるほど、朝から飲める店があるってのか。
“都内で朝から美味しく呑める主要100店”だってよ。
そんなにあるのか、ってか“主要”て……。
そしてこういう企画が成立するほど、需要があるってわけだよなぁ。
都会はスゲぇとこズラー 謎ズラ謎ズラー

こういう本を貸してくれて、俺に朝酒巡りをしに行けって唆してるんだな。
いや行きたいけどね。
またLCCの安いチケットが買えりゃ行きますよ、うん。

ところで、店先の看板が新しくなってたんだよ。

めでた屋

パッと目につく、センスの良いデザイン。
どういう店かってのも直感的に伝わる、良い看板だね。
関連記事

いい感じに放っとかれて飲める「酒房 一休」大阪市西成区天下茶屋

酷い夕立の予兆があって、天下茶屋で雨宿りのためハシゴ酒。
アーケード街に、良さげな外観の飲み屋。

酒房 一休酒房 一休

商売っ気が漂ってない、控えめに其処に在りますという風情の「酒房 一休」。
店先に品書きの一部が案内されていて、そこそこお手軽価格なので寄ってみることに。

酒房 一休

すでにビールとハイボールを飲んでたから、おもむろに日本酒。
常温で二合、素っ気ない徳利とコップが良い雰囲気。

酒房 一休酒房 一休

マグロ納豆と、冷奴。
これもう延々と飲んでられるなぁ、という体勢が整った。
なかなかキレイに盛られてるマグロ納豆だが、ぐちゃぐちゃに掻き混ぜた。

酒房 一休IMG00_5668.jpeg

昭和の飲み屋という空気だから、当然のように喫煙可なのが嬉しい。
おそらく有線の歌謡曲チャンネルなのかな、懐メロとか無節操にかかるBGMが、どうでもいい。
どうでもいいのが、心地よい。

店の大将は常連さんと、ぽつぽつと会話はあるが、俺は放っとかれていて、良い。
放置されてるんじゃなくて、いい感じに放っとかれると、自分のペースでまったり飲める。

酒房 一休

徳利をもうひとつお願いして、あわせてシラスおろし。

良い店だった。

この店に行ったのは2020年08月21日
↓「食べログ」での店舗情報

天下茶屋一休居酒屋 / 天下茶屋駅北天下茶屋駅松田町駅

関連記事

駅からすぐの安い早い酒場「やなや」大阪市西成区天下茶屋

南海の天下茶屋駅、東側に出ると目の前にすぐ飲み屋。

やなややなや

テントとビニールシートにこんもり覆われた、「やなや」という立ち飲み屋。
16時台、もう開いてて助かるね。

やなや

まずビール、キリンラガー瓶があって嬉しい。
そして、喫煙可の店で嬉しい。

ビールのお供に、かつおのたたき。
300円台だったかな、すぐ提供されてスピーディ。

やなや

酒のアテは100円台とか200円台とか、ラインナップ豊富でお手頃。
そして、他のお客さんのオーダーの様子を眺めてると、どの品も提供が早い。
安い早い酒場だな。

やなややなや

トンカツとハイボールもいただいた。
トンカツは、さほど早い提供ではなかったな……あとクオリティもさほど高くはなかったな。

しかしまぁ、ふらっと寄って100円台のアテでサクっと飲むには便利で良いんじゃないかな。

この店に行ったのは2020年08月21日
↓「食べログ」での店舗情報

やなや立ち飲み居酒屋・バー / 天下茶屋駅北天下茶屋駅岸里駅

関連記事

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement