男の子ってこういうのが好きなんでしょ的な組み合わせだが「なごみ食堂」福岡市中央区舞鶴

こういう店って俺は行かないよね、ってオサレな外観の「なごみ食堂」。
なんかこうオサレな人しかいないし(店側も客側も)、オサレな食いものしかなさそうに見えるから、普段ならパスする。

なごみ食堂なごみ食堂

でも店先で魅力的なメニューがアピールされていて、それに惹かれたんだ。
そして、このすぐ近くで仕事のミーティングを済ましたところだったので、寄ってみても良いかなと思った。

なごみ食堂

魅力的なメニューとは、ナポカツランチ。
ナポリタンにカツをトッピングという、“男の子ってこういうのが好きなんでしょ”っていうワンパクな組み合わせだ。
けっこういい歳こいたオッサンである俺は、でも心は(つーか精神活動レベルが)男の子のままなので、こういうの好きです。

なごみ食堂なごみ食堂

ナポカツランチA、トンカツ80g+ナポリタン150g、サラダとスープ的なもが付いて780円(税別)。
トンカツ160g+ナポリタン300gのナポカツライスBは、身体的活動レベルは歳相応どころか低レベルな俺にはトゥーマッチだな。

なごみ食堂

そんでまぁ、カツとナポリタンって組み合わせは素敵なんだが、それぞれがワイルドさに欠けて、あまり“男の子ってこういうのが好きなんでしょ”的な魅力は楽しめなかった。
カツの肉はとても柔らかくて、でも俺としてはもっと低レベルな肉質でいいし、コロモも焦げてるくらいがいい。
ナポリタンは、やわいのは良いが、太過ぎるなぁ……頬めのうどんみたい。
スパゲットーニくらいが望ましいと思うんだけど、このパスタ˙は何だろう。

もっとワイルドで雑な味付けで焦げたりしてると“男の子って(以下略”だと思うんだけどなぁ。
まぁ、この店は実際には女性客のほうが多い気がするんで、これでいいのか。

この店に行ったのは2020年02月28日
↓「食べログ」での店舗情報

なごみ食堂居酒屋 / 赤坂駅天神駅西鉄福岡駅(天神)

関連記事

福岡にもこういうカレーあったんだね「琥珀館」福岡市博多区上川端町

この喫茶店のことは、以前から存在は認識していた。
なかなか趣きのある純喫茶のような気がする、いつか立ち寄ってみようと思っていた。
そんな「琥珀館」にカレーを目当てに訪れることになるとは、予想外な展開。

琥珀館琥珀館

俺は徒然なるままにGoogleMapsでランダムに飲食店の外観・料理・メニューの画像を眺めるのが好きなんだけど、それをやってたら「琥珀館」では“こういうの福岡にもあったんだ?”ってカレーを出してるって知ったのよ。

琥珀館

名物ライスカレーというのが、それだ。
おお、福岡でもこういの出す店があったんだ、って驚きをがあった。
大阪独自のものだって思い込みがあったもんでね。
それはどういうものかって、カレーとライスが混ざってて生玉子がトッピングされているというものなんだ。

琥珀館琥珀館

名物ライスカレー、860円也。
画像を見てもらえれば判っていただけるでしょう、カレーとライスがじっかり混ざり合っており、ライスの一粒ひと粒までこっくりとカレーでコーティングされているかのような様子で、中央に輝く卵黄。
もしかしたら見た目だけで“うわっ”と拒絶反応を示す人もいるかもしれない、混ざっちゃってるカレー。

こういうの、有名どころでは難波の「自由軒」、西心斎橋の「ニューライト」で提供されていて、大阪では馴染みがあると思う。
そのどちらの店でも食ってみたことがあって、九州育ちの俺は正直なところ少しの違和感を感じつつ味わったんだけど、いやいや美味しかったんですよ。

「琥珀館」のものは、じっくりと凝縮されている感じがあって、そしてけっこう辛い。
食べ進めながら額に汗が滲みはじめ、でもしっかり旨味があって、辛いのに止まらない。
そしてまたボリュームもけっこうあって、そういう意味でもなかなか止まらない。

琥珀館琥珀館

食後にアイスコーヒーで、ほっと一息。
スープとドリンクが付いての860円で、そこまで高いってこともないかな。
ところで、このとき満席に近いほど盛況で、そこそこ席数のある店内はお客さんがいない空間がなかったので、店内の写真は撮りそびれました。
良い感じの古びた味わいの喫茶店、という魅力的な風情があったんだけどね。

次の機会があれば、ランチタイムを避けてコーヒーをゆっくり飲みたい気がする。

この店に行ったのは2020年02月26日
↓「食べログ」での店舗情報

琥珀館喫茶店 / 祇園駅中洲川端駅呉服町駅

関連記事

ありがとう喫煙席「ドトールコーヒーショップ 天神駅店」福岡市中央区天神

天神で仕事の用事を済ませ、ひと休みしようとフラフラ歩いてたら「ドトールコーヒーショップ 天神駅店」が目に止まった。

ドトールコーヒーショップ 天神駅店

まぁ、「ドトール」でいいか、という気分である。
もし「ベローチェ」が近くにあればそちらを選ぶが、まぁ「ドトール」でいいか。

ドトールコーヒーショップ 天神駅店

それほど積極的に利用したいわけでもなかったが、喫煙席を案内する張り紙を見つけて、ぜひ利用しますという気分に変わった。
このご時世、喫煙席があるカフェは有り難い。

ドトールコーヒーショップ 天神駅店

小腹が空いていたのでホットドッグを注文したが、あくまでメインはコーヒーとタバコである。
もう何度も何度も書いていることだが、コーヒーとタバコは切っても切れない仲だ。
個人経営の喫茶店はともかく、全国展開するようなチェーンではカフェといえども全席禁煙って店舗が増えるなか、喫煙席を用意してくれている店は大いに支持する。

これは、20202年の2月下旬のこと。
このあと4月に改正健康増進法が施行され、もはやこの店舗も完全禁煙になったかもと公式で確認してみたが、まだ喫煙できるようだ。
良かった。

この店に行ったのは2020年02月26日
↓「食べログ」での店舗情報

ドトールコーヒーショップ 天神駅店カフェ / 天神駅西鉄福岡駅(天神)天神南駅

関連記事

今季初冷やし中華「京都 餃子の王将 玉川店」大阪市福島区吉野

<追記:2020年05月23日>
今期初の冷やし中華を、2020年も「京都 餃子の王将 玉川店」で。
去年と同じじゃん。

京都 餃子の王将 玉川店

いや、是非この店で今期初冷やし中華を華々しくスタートしたいと思ったわけではない、むしろ昨年の記憶は芳しくなかった。
ただただ、ロケーション的な理由、単に近場で済ませたというだけのことだ。

京都 餃子の王将 玉川店

ビールと餃子を、冷やし中華へのプレリュードとする。
ビールは好きじゃない銘柄のものしかなかったが、まぁ餃子のお供としては許容できる(ビールそのものを美味しく楽しみたいという場合には許容できない)。

京都 餃子の王将 玉川店

冷やし中華は、去年とは違った。
盛り付けが、ずいぶんキレイだ……去年は雑だった。
それだけで嬉しい、冷やし中華は目で見て楽しむという要素も、俺には大事なのよ。
そしてまた、去年は“冷麺”として提供されていたが今年は“冷やし中華”として出されている。
これもまた、俺はこだわりたい点なんだよね、やっぱ“冷麺”と“冷やし中華”とは違うものじゃん、俺が求めてるのは冷やし中華なのよ、ってね。

加えて、去年は店の衛生面が気になっちゃったんだけど、改善されていた。
特に気になった“洗い桶に伏せて置いてあるコップにセルフで水を注いで、このコップは洗ってあるに違いないはずだと思っても水を飲むのに勇気が要った”って部分が変わって、よく冷えた清潔そうなコップに注がれた水がスタッフから提供された。
この変化は嬉しい、もしかしてコロナ禍のせいで良い方向に変わったのかも。

総じて、去年とは違って、とても良くなった。
今期初冷やし中華を、楽しめた。

およそ1年ぶりにこの店に行ったのは2020年05月23日

<初回投稿:2019年05月19日>
冷やし中華が好きなのでゴールデンウィーク明けくらいから冷やし中華がそろそろ食えるシーズンだよなと胸が高鳴る。

京都 餃子の王将 玉川店

昼時にJR野田駅辺りでぶらぶらしていて、「京都 餃子の王将 玉川店」の店先で様子を伺った。
中華の店なんだから冷やし中華あるんじゃないか、もう“冷やし中華はじめました”なのではないか、と。
それはそうと、こちらの店舗はいわゆる“京都王将”なんだね。
九州育ちの俺には“京都王将”は普通に「餃子の王将」だ。
いわゆる“大阪王将”というのは近年になってショッピングモールなどに出店して、そう馴染みのない存在なのよね。
関西ネイティブにとっては“京都王将”と“大阪王将”の違いは大きな問題なのだろうか、なんて考えたりしてみたが、俺にはどうでもよくて冷やし中華が食えるかどうかにしか関心がなかった。

京都 餃子の王将 玉川店

冷やし中華を出しているという貼り紙があった。
よし、冷やし中華が食える、冷麺と呼称されているが。
京都か大阪の違いは興味ないが、冷やし中華と冷麺の違いは俺にとって大きな問題である。
俺が好きなのは冷やし中華なのであって、韓国冷麺とか盛岡冷麺とかではない。
だが大阪では冷やし中華のことを冷麺と呼んでいるケースが多いように体感している。
この店の貼り紙はビジュアルで冷やし中華であることが判断できるのでとても良い。

京都 餃子の王将 玉川店

そんなこんなで、今季初冷やし中華。
とりあえず盛り付けが雑。
ツユは爽やかな酸味は良いが、甘さがもうちょい欲しかった。

それはそうと店が……俺は飲食店について衛生面をどうこう言うことは稀だと思うんだけど……衛生面でどうかなぁと思ってしまった。
洗い桶に伏せて置いてあるコップにセルフで水を注いで、このコップは洗ってあるに違いないはずだと思っても水を飲むのに勇気が要ったし、提供された冷やし中華をの皿を手にしたら皿の裏に何かがこびりついているように感じた。
なので、今季初冷やし中華は、華々しい幕開けとはならなかった。
そのせいで、今季は冷やし中華への渇望が強まる気がする。

↓「食べログ」での店舗情報

餃子の王将 玉川店餃子 / 玉川駅野田駅(JR)野田阪神駅

関連記事

センタープラザから移転復活「ファミリーばんざい健康食堂」ほろ酔いセット健在

<追記:2020年05月23日>
あいかわらず、熊本市において「ファミリーばんざい健康食堂」は救いだ。
昼酒砂漠の熊本のオアシスだ。

ファミリーばんざい健康食堂ファミリーばんざい健康食堂

いろいろ情報を集めて、ようやく熊本市でも昼から飲める店が増えたのかな、と思ったこともあった。
が、実際に行ってみると閉まってるじゃねぇか、休んでるじゃねぇかって店がいくつもあった。
間違いなく昼から飲めるのは、「福の屋」と、この「ファミリーばんざい健康食堂」と、あとほんの数件だ。

ファミリーばんざい健康食堂ファミリーばんざい健康食堂

久しぶりに訪れたのは2020年2月25日、変わりなく健在で嬉しい。
店先の張り紙に“令和も昼から楽しく呑めます”という、すばらしく頼もしいメッセージ。

ファミリーばんざい健康食堂ファミリーばんざい健康食堂

酒1杯とアテ2品で750円(税込)の“ちょい呑みほろ酔いSet”をお願いした。
生ビールはキリン一番搾り。

ファミリーばんざい健康食堂ファミリーばんざい健康食堂

アテはカラアゲ、ほうれん草のゴマ和え。
カラアゲはビールのために、ほうれん草のゴマ和えは追加注文した日本酒に合わせる。

ファミリーばんざい健康食堂

日本酒をチビチビやってる間に、鯖を焼いてもらう。
鯖が焼けて、日本酒をおかわり。

良い昼酒を楽しめた。
この店は、末長く存在していて欲しい。

<追記:2016年01月05日>
昼飲み対応が驚くほどにすっごくレベルアップしていた!
熊本市で昼飲みするなら、今ここがイチオシかも!

ファミリーばんざい健康食堂:外観ファミリーばんざい健康食堂:外観

店の前を通りがかったら、なにやら店先の情報量が増えていた。
ほろ酔いセットは以前からあるが、その他にもなにやら……近づいてよく見ると“三酒の神器”だと。

ふむ、酒が3杯飲める晩酌セット的なものか。
これは試してみねばなるまいと、時刻は16時台で晩酌の時間帯ではなかったが店へ入ってみると既に先客が2組あり、どちらも酒を飲んでいた。
良いね、この店は熊本では珍しく昼酒ウェルカムな店だ。

席に着き、店のオヤッサンにとりあえず“三酒の神器”を注文したい旨を伝える。
改めてメニューを確認。

ファミリーばんざい健康食堂:メニュー

酒3杯、アテ3点で1,500円という内容。
選べる酒は生ビール、ハイボールやサワーなどの他に、キリンラガーって書いてあるな。
これは、もしかして瓶ビールっていうことか?
アテは惣菜メインというか、ほぼ揚げものというラインナップ。
トンカツ、カラアゲ、ミニめんちカツと、ここはいっそ揚げもの大好き男子高校生みたいなトリオで攻めてみようかと(いい歳こいたオッサンなのに)考えていたら、店のオヤッサンが別のメニューも持ってきて酒のアテっぽい惣菜もあるよと案内してくれた。

ファミリーばんざい健康食堂:メニュー

ああ、ポテサラとか、煮物とかいいねぇ。
こちらもセットに絡ませて良いとのことで、アテの選択肢が豊富になった。
よし、じっくり考えよう。
まずビールを注文し、飲みながらアテをセレクトすることに。

ファミリーばんざい健康食堂:酒

キリンラガー瓶だ、嬉しい!
1,500円のセットに、瓶ビールが含まれるなんて素敵じゃないか。
だって酒3杯、アテ3杯、計6アイテムとしてざっくり1,500円を6で割ると250円なわけじゃん?
だからキリンラガー瓶が250円で飲めちゃうって計算になるわけで、これは破格にお値打ちだ。
ビールは小瓶じゃなく中瓶だよ、中瓶1本で500円以上に設定してるクソみたいな店もあるってのに、250円よ。
この時点でもう、俺はすっかり嬉しくなっていた。

ファミリーばんざい健康食堂:料理

ワンプレートでトンカツとミニめんちカツが出てきた。
おお、野菜が添えられているしケチャップ味スパゲチーまで付いてる!
お子様ランチっぽくて楽しい。

揚げものだけってのもアレなんで、あと1アイテムは煮込みにした。

ファミリーばんざい健康食堂:料理

鶏皮の味噌煮ホルモン風。
これが、酒飲み的には“当たり”だったね。
白味噌で、味が濃く、これは酒が進む一品だった。

キリンラガー瓶と、トンカツとミニめんちカツのプレートと、鶏皮の味噌煮ホルモン風。
これらが揃ったテーブル上は、ちょっとしたパラダイスだった。
さらに酒を、あと2回おかわりできる。
これで1,500円なんだから、納得の満足感だよ。

店のオヤッサンに、すごい豪華なセットですねと声をかけると、うんサービスだから……という答え。
気のせいか、その声には少しの寂しさが感じられたんだが、そりゃそうだよなぁ利益出るのかなって出血サービスだろうなって判るもん。

ビールを飲み干し、揚げものがあるので2杯目と3杯目はハイボールにした。
そしてまだ、鶏皮の味噌煮ホルモン風は温存していた。
この味噌煮は、ポン酒と一緒に楽しみたいなと残しておいたのだ。
“三酒の神器”セットのメニューにはポン酒の記載はなかったが、セットとは別にポン酒が注文できるか訊いてみた。

ファミリーばんざい健康食堂:酒

ポン酒あったよ、熊本の酒「れいざん」
徳利と猪口ってのが気分いいね。
この頃には、味噌煮の鶏皮の脂が冷えて煮こごり状になっていた。
それが、ポン酒にとても合うんだ。
煮こごりのようでいて、中には鶏皮がしっかり存在していて、もとから味が濃かったので冷めても酒が進む味。
この味噌煮は、非常にアテとしてのポテンシャルが高い一品だったね。

ファミリーばんざい健康食堂:メニュー

“三酒の神器”のセットの他に、なます、玉子焼き、角煮などなど酒のアテになる一品がいろいろあった。
俺は1,500円セットの価値の高さにすっかり気分よくなってたし、1,500円セットだけ注文されると店は赤字っぽいよなという気持ちもあったので、角煮を追加注文した。

ファミリーばんざい健康食堂:料理

ふぁー、立派な角煮じゃん。
そして、添えられたショウガがね、これ単体でも酒のアテになるような甘辛くピリリとしたもので。
これもまた満足度の高い品だったのよ。

そんなこんなで、素晴らしく充実した昼酒を楽しめた。
店に入るときは1,500円だけで済ませておこうと思っていたが、味噌煮が素晴らしかったのをきっかけにセットの他に追加注文してしまった。
それでも会計2,330円で、すごく納得価格。

店は、そもそもは食堂っぽくて、定食やカレーなんかがメインとしている。
だが間違いなく以前より酒を飲む客を意欲的に取り込もうとしているし、昼酒に対しても積極的な姿勢を感じる。
移転前のセンタープラザ時代からある“ほろ酔いセット”でサクっと飲むのもいいだろう、“三酒の神器”で腰を据えて飲むのもいいだろう。
またあるいは、セットでなく酒とアテを単品で注文して楽しむってのもアリだよな。
セットにしろ単品にしろ、昼間っから注文できるってのが、まず大きなベネフィットである点も強調しておきたい。
どんどん、酒飲み向けの店へと進化しているようで、俺はとても嬉しい。

この店は、昼酒砂漠熊本の、今もっとも熱い昼酒スポットだって気がするよ。

<初回投稿:2015年05月09日>
2015年3月末に惜しまれつつ閉鎖されたセンタープラザ
熊本のバス交通のハブ、交通センターの地下にあったショッピングプラザで、飲食店も何店舗かあった。
昼から注文できる「ほろ酔いセット」がある「ファミリーばんざい健康食堂」が、ちょっと好きだったんだよ。

センタープラザ閉鎖にともない閉店する際、別の場所で復活する予定だと店の人が言っていたので待っていた。
できれば4月下旬にとの話だったが、ようやく5月に入って復活してくれたよ。

ファミリーばんざい健康食堂:外観ファミリーばんざい健康食堂:外観

場所は、栄通り、観光地として有名になったキャサリン's BARの並び、隣の隣だな。

ファミリーばんざい健康食堂:外観

確かにセンタープラザにあった店だとわかるね。

店内は明るく新しく、センタープラザ地下だったときより広くてゆったり。

ファミリーばんざい健康食堂:店内

さっそく「ほろ酔いセット」はあるのかメニューをチェックする。

ファミリーばんざい健康食堂:メニュー

が、ちょっと見当たらない。
それはそうと以前よりアルコールが充実してるかな、とか思いつつ店の人に「ほろ酔いセット」あるか訊く。
あります、と嬉しい返答。

ファミリーばんざい健康食堂:ビールファミリーばんざい健康食堂:ほろ酔いセット

うん、これだ、以前と変わらぬ「ほろ酔いセット」だ。
生ビールと、枝豆と唐揚げで600円。
また会えて嬉しいよ。

熊本市繁華街で、昼からビールを飲みたくなったら「ほろ酔いセット」だ。
ちょっと小腹も満たせるし、なんならカツカレーとかガッツリ食ってもいいだろう。
移転復活が嬉しいぜ。

↓「食べログ」での店舗情報

ファミリーばんざい健康食堂定食・食堂 / 熊本城・市役所前駅花畑町駅通町筋駅

関連記事

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement