安くてうまい天津飯「おぼこ飯店」東大阪市足代

一時期、天津飯に執着して、短いスパンで連食した。
そのとき、Twitter上で交流のある大阪ネイティブの方に“大阪の天津飯は近鉄沿線がうまい”といったサジェスチョンをいただき、また具体的にどの店がうまいかってのも教えてもらった。

おぼこ飯店

布施の「おぼこ飯店」。
あざやかな黄色の看板がインパクトあるが、店自体は小さな町中華という感じ。

おぼこ飯店

店先のメニューを見ると、飯、麺類が安いなぁ。
チャンポンが500円で食えるのかぁ、と惹かれたんだが天津飯を食うために来たのだ。
俺がもう10歳若ければ、天津飯もチャンポンも食ったかも。

おぼこ飯店

カウンター席に着き天津飯を注文すると、手早く作ってくれた。
その仕事っぷりが見事で、期待が高まった。
提供された天津飯は、餡どっぷり。
醤油の香ばしい香りが食欲を刺激した。

おぼこ飯店

玉子は火の入り具合も抜群で、具材にエビがはいっていた。
まったく具がない天津飯に当たっちゃったりして落胆したこともあったので、ここの具は豪華だなぁと思った。

おぼこ飯店

天津飯、450円なんだよ。
ファッキン消費税が加算されても500円を超えない。
うまい天津飯が、安く食える嬉しさ。
とても満足した。

この店に行ったのは2019年02月17日
↓「食べログ」での店舗情報

おぼこ飯店中華料理 / 布施駅小路駅(大阪メトロ)JR河内永和駅

関連記事

ノスタルジックな町角大衆酒場「淡路屋」大阪府東大阪市足代新町

布施でのハシゴ酒。

布施は好きなところで、いつか寄ろうとGoogleMapsでリストに入れている酒場もいくつかある。
その中から、どこへ行ってみようかとぼんやり考えつつ歩いていたら、リストアップしてない酒場に出会した。

淡路屋淡路屋

昭和の風情が色濃く漂う「淡路屋」。
いったい何十年前から、そのままの姿でこうして町角に佇んでいるんだろうと思わせる外観。
看板も、暖簾も、味わい深いことこの上ない。
これはもう立ち寄らずにはいられない、スルーするなんて無理だ。

淡路屋淡路屋

月曜の昼下がり、カウンター席は空いていた。
良い感じの角っこに腰掛け、もう既にビールは飲んでいたからハイボールをお願いした。
だいぶぞんざいに氷がブチ込まれたハイボールの、お供にポテトサラダ。

淡路屋淡路屋

酒は安くはない。
でもそれが気にならないほど、雰囲気とか気分というのが楽しめる。
そこそこキャパのある店内のメインとなるのは、けっこう長いコの字型カウンター。
カウンターの天板は色褪せて、時の流れを感じるね。
また、カウンター内の作業スペースはけっこう広いのに、ダンボール箱とかいろいろ積み重ねてあって、あまり整理整頓されてなく感じる様子も、良い。

淡路屋

古びた照明入り看板でキリン生ビールがアピールされていて、それに“年中あります”と添えてある。
きっと昔は、生ビールを夏だけでなく年中ずっと供給するってのが簡単なことじゃなく希少だったのかなぁ、なんて想いを馳せる楽しさがある。

IMG_003362.jpg

俺が座ったのは焼き台の近くだったから、焼きものを注文したくなった。
豚バラ塩焼き、九州育ちの俺にはお馴染みの豚バラだ。
程よく焼けてて、塩加減も良い按配。

IMG_003361.jpg

伝票は既製品じゃなく、独自の発注で印刷されたに違いないやつ。
この乱数表式の伝票を使ってる酒場は、間違いないって俺の中で定評がある。

店の外も内も、いろいろ細かいところも“こういう感じ好きだなぁ”って感じる店だった。
独り黙々と飲み食いしながらも、内心嬉しいニヤニヤがとまらないタイプの酒場だった。

この店に行ったのは2019年02月17日
↓「食べログ」での店舗情報

淡路屋居酒屋 / 布施駅小路駅(大阪メトロ)新深江駅

関連記事

商店街の賑わい立ち飲み「小西酒店」大阪府東大阪市長堂

惜しまれつつ2020年2月29日に閉館した布施ラインシネマで映画を観たあとブランドーリ布施って商店街をぶらんぶらんしてたら、飲めそうな酒屋があった。

小西酒店小西酒店

角打ちできる酒屋の予感、「小西酒店」。
こういうの、立ち寄ってみらずにおれない。

小西酒店小西酒店

実際、飲めたね。
長いカウンターがあって、お客さんいっぱい。
月曜の14時台だったんだけど、おっちゃん客で盛況。
キリンラガー瓶と、アテにレーズンバター。

酒を小売りする店舗って部分は垣間見えなかったので、角打ちできる酒屋ってより、立ち飲み屋だなって感じ。
また、価格面でも、あまり角打ちって感じではなかったな。
でもまぁ、気軽に寄って気楽に飲める店。
女性スタッフが切り盛りする、穏やかに賑わう店だった。

この店に行ったのは2019年02月17日
↓「食べログ」での店舗情報

小西酒店立ち飲み居酒屋・バー / 布施駅小路駅(大阪メトロ)新深江駅

関連記事

初めての高井田ラーメン「中華そば 光洋軒」大阪市東成区深江南

大阪には“地ラーメン”ってないよな、って思ってた。
その地に根ざした、昔からあって、そのエリアでずっと愛されているラーメンっていうやつ。

ごめん、今回だいぶ前置きが長くなる。

九州では、福岡には博多ラーメンがあって、さらにエリアを限定して長浜ラーメンがあって、博多ラーメンと長浜ラーメンは違うものだなという差異も確認できて、さらに福岡県内でも久留米のラーメンは別物で、隣県の熊本のラーメンもまた、博多や久留米のものとは違うなって独自性が見える。
九州北部だけでも“地ラーメン”と呼べるものは複数あるなって思えるのに、大阪には、ないよなぁ。
都市の規模の大きさの割には、大阪には“地ラーメン”ってないよなぁ……と、ずっと思っていた。

強いて言えば「神座」なのかな、って20年くらい前には思ってたが、あまり魅力を感じなくて食ったことはない。
また、Twitterで交流のあるネイティブ大阪人の方から“あれはルーツは奈良なんだよね”とサジェスチョンをいただいて、あぁ大阪のものじゃないんだなぁ、と。

ま、大阪は粉もの文化だし、うどん絶対勢力圏だし、ラーメンは別にどうでもいいのかな大阪の人は。
俺も別にラーメンというものにそれほど情熱はないし、大阪“地ラーメン”問題で真剣に悩んでいるわけでもない。
と、そこで前述のネイティブ大阪の方から“高井田ラーメン”という聞いたことのないタームが投げかけられたのだった。

高井田ラーメン、それこそが大阪の“地ラーメン”と呼べれるものなのか。
気になって、実際に食ってみたいなぁと高井田まで行ってみたね。

中華そば 光洋軒

初めて聞いた地名なので、遠かったりアクセスが悪いエリアだったら億劫だなぁと思ったが、なんのことはない近鉄布施駅から歩いてちょっとの場所だった。
布施は、何度か飲みに行って馴染みがあるし、好きな町だ。
千日前線の新深江からも遠くないロケーションで、そっちからアプローチした。

中華そば 光洋軒

前述のネイティブの方から高井田ラーメンの店として二軒を教えてもらっていて、そのうちの一軒「中華そば 光洋軒」へと訪れた。
老舗っぽい風格のある面構え。

中華そば 光洋軒中華そば 光洋軒

初めての高井田ラーメン、品書き的には中華そば、600円也。
まず、黒い、スープが黒い。
醤油の香りが鼻腔を刺激する。
肉、メンマ、多量のネギ、無骨なルックス。

中華そば 光洋軒

麺が太い、かなり太い、博多の細麺に慣れ親しんだ俺にとって、これは極太だ。
噛むのに苦労する、というファーストインプレッションを抱いたほどに、太くて反発力さえ感じた。
スープは直球で醤油味だな、まったくストレートに醤油濃い味、塩っぱさ。

かなり独自性を感じて、紛うことなき、これぞ大阪の地ラーメンだ、というものを味わえた。
行った甲斐があった、と大いに満足した。

もう一軒、この日は休みだった高井田ラーメンの店にも、いつか行ってみたいな。

この店に行ったのは2019年02月17日
↓「食べログ」での店舗情報

中華そば 光洋軒ラーメン / 布施駅新深江駅小路駅(大阪メトロ)

関連記事

間違いない昼飲みが楽しめる「吉」大阪市此花区西九条

初めて西九条へ足を向けたとき、高架下の飲み屋街に大きな魅力を感じた。
が、そのとき日曜の昼間だったせいか、開いている店はほとんど見当たらなかった。

後日、改めて訪ねても、やっぱり意外と昼から飲める店は少ないようだった。
そんな西九条駅近辺で、間違いなく昼酒を楽しめるのが「吉」。

吉吉

屋号は“きち”じゃなく“よし”ね。
店先は情報過多で、うどん屋だか立ち飲み屋だか定食屋だかわからないという様相を呈しているが、とにかく飲めることは間違いない店なのだというのは伝わる。

吉

看板には“立呑”とあったが、座れるフロアもある。
空いてたし、買い物の荷物も多かったのでテーブル席へ。
まずビール、キリンラガー瓶があって嬉しい。

吉吉

メニューを眺めるとラインナップ豊富で、これはビールのあと日本酒にシフトして楽しめるなとほくそ笑む。
なんなら麺類か丼物で締めるとこまでいける。

吉IMG_009233.jpg

きずし、日本酒、どっぷり飲む構え。
酒は地酒とかでなく“お酒(正一合)320円”ってやつ。
こういうのが昼下がりにダラっと飲むときに良いんだよ、リーズナブルで嬉しいし。

タバコが喫えるし、店内にはテレビでどうということのない民放地上波番組が流れていて、ボンヤリと腰を落ち着けて飲める。
チャキチャキしたフロア担当の女性スタッフさんの接客も心地よい。

吉IMG_009234.jpg

メニューにある“煮込(鳥・肉)”というのが気になった。
なにしろ『味の金メダル』と書き添えてあるから、それはもう自信作なんだろう。
出てきたものは、酒場でよくある“煮込み”とは違った、具沢山スープのようなものだった。
野菜も多く、鶏肉もゴロっとして、玉子がとかれた中華っぽい見た目のスープで、なんだか栄養摂取できてる気もするし酒のアテという役目も果たされる一品だった。

違う違う、間違ってた。

IMG_009235.jpgIMG_009234.jpg

先述の『味の金メダル』的なテイストで、煮奴(湯豆腐的なものだろうか)には『サービス安い』と書き添えてある。
メニューにある“煮込(鳥・肉)”というのが気になった。
なにしろ『味の金メダル』と書き添えてあるから、それはもう自信作なんであろう煮奴を、俺は食ったんだった。
出てきたものは、酒場でよくある湯豆腐とは違った、具沢山スープのようなものだった。
野菜も多く、玉子がとかれた中華っぽい見た目のスープで、なんだか栄養摂取できてる気もするし酒のアテという役目も果たされる一品だった。

IMG_009236.jpgIMG_009237.jpg

また、ノルウェーを“ノールウェー”と表記してあったりピカチューが飾られていたり、そこかしこにキッチュなセンスが垣間見えて面白い。

ゆったり飲んで、ここは良い店だなぁと思った。

吉吉

だいぶ間が空いて、再び。
相変わらずガヤガヤとした店先。

吉吉

よく見るとミニチュアのディスプレイとかあったんだね、ほっこり。
土曜の13時台、けっこう空いてる。
テレビを眺め易いポジションに腰を下ろした。

吉吉

まずビール、それから……おでん。
このとき2月中旬で、そろそろ春の予感も訪れるかもしれないが依然まだまだ寒いという時期、ぼちぼち今季最終おでんのタイミングかもしれないな、なんて思って。

吉

しかし、おでんには日本酒なんだよな。
ビールもいいかもだが、おでんには日本酒って気分なんだよねぇ。

吉

いったん日本酒にシフトすると、日本酒に合うアテを求めて杯を重ねたくなるわけである。
玉吸い、これをアテに選択。
わざわざ捻った選択しやがるな、と思われるかもしれないが事情がある。
実は15時から揚げもの焼きもの、メニューの選択肢が増えるのよ。
その時間になると立ち飲み屋がオープンして、そっちの厨房から焼きものなんかが供給されるシステムとのことで。
そういえば、同じ屋号の店がゴールドタウンっていう九条駅建屋内にあった気がする。
両者の位置関係は把握できてないが、もしかして店内は繋がってるのかもだ。

そんなこんなで、15時になるまでの繋ぎで、玉吸い。
いやでも、汁もので酒を飲むっていうのも、けっこうアリだよ。

吉

焼きもの解禁の時刻になり、さわら。
すごく良い感じに焼けてるし、盛り付けも何気にキレイなんだなこれがまた。

今回も、じっくりのんびり飲めた。
「吉」の昼飲み、間違いないな。

この店に直近で行ったのは2020年02月15日
↓「食べログ」での店舗情報

立ち飲み居酒屋・バー / 西九条駅千鳥橋駅九条駅(大阪メトロ)

関連記事

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement