素敵な会館で焼き鳥「立呑み・やきとり 才 西院店」京都市右京区西院高山寺町

京都でハシゴ酒。
河原町から西院までてくてく歩いてみようかなんて思ったが、途中で寒くてやってらんねぇなと電車に乗った。
そうして辿り着いたのは、『折鶴会館』。

才才

なんともこの、建物そのものの古さと味わい、これを見たかった。
看板も良い、白と黒との飾り気のないコントラスト、書体の当たり前さも良い。

才

会館自体を愛でるだけでなく、酒も飲もう。
「立呑み・やきとり 才 西院店」で。

才才

プレーンチューハイと、タマゴサラダ。
玉子は潰しちゃわないで、ゴロゴロしてる。

才

賑わっていて、良い感じにガヤガヤしてる立ち飲み屋だね。
年季の入った、という風情の店内の様子も好きな感じ。

才才

焼き鳥の店だから、焼き鳥食おうと思った。
豚バラがあって鶏皮があって、福岡の焼き鳥屋みたいだなぁと少し嬉しくなった。
テラテラと脂が光る豚バラが、とくに美味しかったなぁ。

渋いんだけど敷居は高くない立ち飲みで、良いねぇ。

この店に行ったのは2019年12月25日
↓「食べログ」での店舗情報

立ち飲み居酒屋・バー / 西院駅(阪急)西院駅(京福)西大路三条駅

関連記事

ふらっと寄って軽く一杯「百」京都市中京区錦小路通高倉西入ル西魚屋町

京都の河原町で飲んで、せっかく京都に来てるんだからハシゴしようと西院へ向かうことにした。
阪急電車に乗ればすぐだが、あえてちょっと歩いてみようと思った。
普段の行動圏ではない場所を、気の向くまま歩くのが好きだ。

百

一軒の店が気になった。
ビニールシート張りの店先、そういう安っぽい外観の店は好みなのよね。

百

あっ、ここって「百」なんだ。
だいぶ前に、京都で行きたい店としてリストアップしてたな、夕方早めから飲める100円立ち飲みとして。
今も安く飲めるのかな、看板に入店料無料って書いてあるから以前は単価が低い代わりに入店料がかかったんだな、とか思いつつ通りすがったし飲むか、と店内へ。

百

酒を一杯と、惣菜をひとつ。
パックされた惣菜がたくさん積んであって、そこから好きに選ぶ。
事前に金券を買って支払うシステムだが、内心めんどくせぇなと思ってたら一杯しか飲まないなら現金でもいいと言ってくれたので、良かった。

百

惣菜をセルフレンチンして、独り飲みに適した壁向き立ちカウンターでいただいた。
ふらっと寄ってサクっと飲むのにお誂え向きだと感じた。

百

なんかいろいろ試行錯誤しつつ店を維持してるのかもな、と思わせる空気があった。
安く飲ませてくれるために頑張ってくれてるんだと思う、ありがとうございます。

この店にようやく行けたのは2019年12月25日
↓「食べログ」での店舗情報

立ち飲み居酒屋・バー / 烏丸駅四条駅(京都市営)京都河原町駅

関連記事

ようやく4年越しの感慨「たつみ」京都市中京区裏寺町通四条上ル中之町

いつだったっけ、と確認してみたら2015年3月5日のことだった。
その日、河原町の「たつみ」に行き損ねた。

たつみ

京都いえば「京極スタンド」くらいしか知らなかったその頃、きっと他にも素敵な酒場があるはずだと調べて「たつみ」の情報に辿り着いき、これは間違いなく俺が好きなやつだと確信していた。
そして京都を訪ねる機会があった際、意気揚々と向かったんだが、なんと定休日に訪問してしまうという間抜けなミスを犯してしまったのだ。
木曜定休だということを把握していなかった、まったく自己責任の落ち度で「たつみ」で飲むことは叶わなかった。

たつみたつみ

それから、なかなか京都に足を延ばす機会はなく、時は流れてようやく4年越しで「たつみ」の前に立った。
前回も、休業している店舗の前に立ち尽くしたわけだが、その頃と佇まいは変わってないなぁという喜び。
今回はちゃんと看板に灯がはいってるぞ、という喜び。

たつみたつみ

昔ながらの、という店先の風情。
昼から飲める店で12時開店、このとき16時で、もうだいぶ客が入ってるんだろうなと思いつつ店に入った。

たつみ

“座り”は埋まってたが、“立ち”はなんとかいけた。
もともと此処は立ち飲みと認識していたので、むしろ立ちでウェルカム。
まずビール、キリンラガー瓶があって嬉しい。

たつみ

立ったポジションはあんまり良くなくて、店内を見渡しにくかった。
壁にはどの面にもたくさんの品書き短冊が貼ってあるが、その全容はうまく把握できなかった。
が、まぁとにかくラインナップ豊富だねぇ。
観察してると、日本全国の酒のアテが揃ってるって様相だな、ルイベとか“へしこ”なんかもあるんだね。

たつみたつみ

あなきゅう、それからビールを飲み干して清酒を。
地酒もいくつかあったけど、あえての“清酒”を。
こういう、昭和の空気で賑やかな酒場では、ちょっといい酒よりは名もなき“清酒”っていうのが気分だ。

たつみ

あなきゅうは、無難な選択として選んだ。
京都だしなぁ、鱧とか注文しようか、天ぷらあるよなぁ、とか思ったんだけどね、やめた。
“あらあら、鱧ですの、今の時期は旬と違いますんやけどなぁどす”とか思われるかもしれないと、イモを引いた。
意気地のない俺である。

たつみ

さらに無難に、コロッケ。
いや、酒のアテはなんでもよかったのよ、この店で飲めてるってだけで感慨ひとしおだったから。

それはそうと、店のスタッフは若い男子中心で、忙しく良く働くなぁと思ったんだけど。
品物を受け渡すカウンターの奥、厨房の人がすごかった。
だいぶ年齢を重ねられた女性で、もしかして女将なんだろうかと思ったが、調理をこなしながら客席の様子をばっちり把握してるんだよ、そして若い男子たちの司令塔になって店をコントロールしている。
すごく、デキる人だなぁって感心した。
そういう人に支えられて、素敵な酒場ってのは存在できるんだよねぇ。

想いが募っていた「たつみ」、予想以上に良い店だったよ。

この店にようやく行けたのは2019年12月25日
↓「食べログ」での店舗情報

たつみ居酒屋 / 京都河原町駅祇園四条駅三条駅

関連記事

どうして打ち合わせ場所にスタバを指定するんですか「スターバックス コーヒー 京都タワー サンド店」京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町

新規単発案件の打ち合わせで、京都へ。
京都へ行くのはいいんだけど、打ち合わせも好きなんだけど。
場所がスタバだ。

スターバックス コーヒー 京都タワー サンド店

京都タワーがにょっきり生えてるビルの1階、「スターバックス コーヒー 京都タワー サンド店」。
サンド店って何だ、サンドウィッチに特化した店舗なのか、なんてトンチキなことを考えてしまったが「京都タワーサンド」っていう商業施設の店舗って意味なんだね。
いやでも、京都タワーサンドって何なのよ……京都タワーと地面に挟まれてるってことなのか。

スターバックス コーヒー 京都タワー サンド店

とりあえず、並ぶ。
とりあえず並ばなきゃいけないからスタバは嫌いだ。
並んでるとメニューを手渡してくれるのはいいね。

スターバックス コーヒー 京都タワー サンド店

しかしまぁ、客が多い。
こう客が多いと、並んだ末にようやく商品を手にしても席がないんじゃないか、と不安になる。

スターバックス コーヒー 京都タワー サンド店

コールドブリューコーヒーのトールを注文した。
なぜかと言うと、メニューに載ってる写真ではメイソンジャーみたいなものに入ってて、ちょっと“映える”かもしれないなと思ったからなんだ。
だが、実際はプラカップで提供された。
映えないじゃん。
だったら、わざわざ高い水出しコーヒーじゃなくて普通のアイスコーヒーにすりゃよかった。

それにしても、だ。
なんで打ち合わせ場所にスタバを指定するかなぁ。
今までに何度も経験あるんだよ、スタバでの打ち合わせ。
スタバである必然はまったくないと思うんだよ、どうせならタリーズがいいよ俺は、っつーかドトールとかベローチェでいいじゃんか。
すでに取引があって言いたいことも言えるクライアントなら、スタバやめましょうよって言えるんだけどね、新規だとそうもいかない。

並ぶとか混んでるとか席が空いてないかもとかネガティブなファクターしか見当たらないから、もしなんとなくカッコイイ気がするからって理由で打ち合わせ場所にスタバを選んでいるんなら、ぜひやめて欲しい。

この店に行ったのは2019年12月25日
↓「食べログ」での店舗情報

スターバックス・コーヒー 京都タワー サンド店カフェ / 京都駅七条駅五条駅(京都市営)

昼でも夜でもいつでも「丸一屋」大阪市浪速区難波中

この店に最初に立ち寄ったのは2019年2月2日の昼だったが、更新をサボってた時期だからブログには書いてないな。
難波中の24時間営業うどん立ち食い「丸一屋」。

丸一屋

立ち食いうどん、大阪では「松屋」みたいな激安の店があるから、この店はそんなに安くはないなと感じちゃうのは我ながら心がさもしいよなぁ。
激安ではないけど、まったく高くなんかはないよ。

丸一屋

天ぷらうどん300円。
いなりも付けたんだけど、3個という予想外の分量に想定外に腹いっぱいになったな。

丸一屋

そして最近、夕方の仕事の前に腹ごしらえで再訪。
昼でも夜でも開いてるって安心感あるね、なにしろ24時間営業。

丸一屋

月見うどん310円。
クソったれファッキン消費増税のせいで10円高くなってるよ、腐れ政権め。

速くて安くてうまい、そんな食事を24時間提供してくれる店があるって有り難いことだよね。

この店に直近で行ったのは2019年12月24日
↓「食べログ」での店舗情報

丸一屋立ち食いそば / 大阪難波駅なんば駅(大阪メトロ)難波駅(南海)

関連記事

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement