憧れの北海道コンビニ「セイコーマート 北3条店」札幌市中央区北3条西

更新をサボっていた時期の積み残し……この店に行ったのは2018年11月27日および28日。

どこかへ遠出をするとき、その地にしかないローカルなチェーンに行くのが好きだ。
今回、初めて北海道に行くにあたって、北海道ならではのローカルチェーンに是非とも、と思っていた。
ただし、飲食店ではなくコンビニエンスストアだ。

セイコーマート 北3条店

宿泊したホテルの近所に、目的のコンビニがあった。
そう、「セイコーマート」だ。
俺は、噂に名高き、北海道で絶対的に支持されているらしい「セイコーマート」に、ぜひ行きたかったのだ。
こちらは「セイコーマート 北3条店」になる。

セイコーマート 北3条店セイコーマート 北3条店

もはや憧れさえ抱いていた「セイコーマート」、その店内に入って感無量。
陳列されている商品も独自性があり、ああザンギ売ってるな、やっぱ北海道ならではだよなぁと感激。

セイコーマート 北3条店

そして、「ソフトカツゲン」だ。
ああ、これがそうか、これが道民に愛されているという「ソフトカツゲン」なんだ、初めて見たよと歓喜。

セイコーマート 北3条店

あっ、「サッポロクラシック」の缶も売ってるじゃないか。
これを買えるのって北海道だけだよなぁと胸熱。

セイコーマート 北3条店

そして、おにぎり。
これは北海道に行ったことのある友人にレコメンドされてたんだけど、「セイコーマート」で売ってる「ベーコンおかか」「チーズおかか」おにぎりが美味しいんだと。

IMG_008293.jpgIMG_008294.jpg

いろいろ買って、ニマニマしながらホテルの部屋に戻った。
クラッシクラガー缶を開けて、惣菜をアテに美味しくいただいた。
ささやかなホテル飲みの締めに、ベーコンおかかおにぎりを食った。
北海道満喫、という気分になって幸せに就寝。

IMG_008295.jpg

翌朝、買い込んでいたもので朝食。
ソフトカツゲンと、「ちくわパン」だ。

セイコーマート 北3条店IMG_008296.jpg

ちくわパン、道民に愛されているローカルグルメということで、これも食ってみたいと思ってたんだ。
パンの中にちくわ、そのちくわの穴の中にはツナ。
なかなかユニークだよね。
乳酸菌飲料であるソフトカツゲンは、飲むヨーグルト的なものの元祖的な存在なのかもしれないね、知らんけど。
甘過ぎたり酸っぱ過ぎたりしないので、スムースにゴクゴク飲める味。

セイコーマート 北3条店

そして翌晩もまた、飲んだ帰りに「セイコーマート 北3条店」で買い物をしてホテルへ戻った。
前夜に続いてサッポロクラシックと、「十勝ブランデーハイボール」というのも買ってみた。
アテは「塩ザンギ」。

二日に渡ってセイコーマート満喫、北海道を楽しんだ。

↓「食べログ」での店舗情報

セイコーマート 北3条店その他 / さっぽろ駅(札幌市営)札幌駅(JR)大通駅

関連記事

朗らか角打ち「明昭屋」大阪府大阪市北区天神

南森町駅の近くで用事を済ませ、天満の商店街で酒屋の角打ち。
下調べをしていて行ってみたいなと思ってた「明昭屋」という店。

明昭屋

屋号は、明治も昭和もやってます、みたいな由来なのだろうか、いや違うかな。
間口が広く開放的ではあるが、ちょっとここで角打ちできるとは想像しにくい感じ。

明昭屋IMG_002324.jpg

ただ、店先を注意深く観察すると、奥で飲めますよと案内する看板がある。
ただ、それさえも普通に商店街を歩いてると見落とすかもねってくらいの存在感だから、そこに気づいた人たちが集う店なのかもしれない。
角打ちできるスペースは、独自に「SAKA BAR」と呼び名もあるようだ。
店内から外に向けて撮った画像で、だいぶ奥まってるんだな飲むところは……と、お判りいただけるだろうか。

明昭屋

まずはビール、残念ながら好きじゃない銘柄のものだったが、生ビールもあるんだな。
酒屋なんだからキリンやサッポロも、もしかしたら出してくれたかもしれないがメニューにはアサヒのみ。

明昭屋明昭屋

なるほど、メニューをよく見ると“缶ビール(中略)などはプラス30円〜100円程度”で店内のものを飲めるとのことだから、キリンやサッポロの缶ビールを飲むことも可能だったわけだな。

明昭屋明昭屋

生ビールを注文した流れで、アテにフライドポテト150円也をお願いした。
冷凍食品だが、注文後にわざわざ揚げてくれるのが嬉しい。
けっこうアテは豊富で、日本酒やワインに合わせられるものもあり、そしてどれも安い。

IMG_002323.jpg

エンシェント・クラン、酒販店で1,000円前後の安いブレンデッド・スコッチ(たまに家飲みに買う)のハイボール、ジョッキで量たっぷり350円。
酒の小売りスペースと角打ちエリアが同じ空間にあるタイプの店では禁煙なのが珍しくないが、ここは珍しくタバコが喫えて有り難い。
それと、角打ちエリアを切り盛りする大将なのか店主なのか、オッチャンが常に笑顔で接してくれて、なんだか店内が朗らかな空気で良いね。
角打ちビギナーにも、きっと楽しいと思う。

この店に行ったのは2019年11月27日
↓「食べログ」での店舗情報

明昭屋立ち飲み居酒屋・バー / 南森町駅大阪天満宮駅扇町駅

関連記事

おっちゃんプロミストランドかもしれない「稲田酒店」大阪市北区浪花町

ふらっと天五中崎通商店街へ足を延ばしてみた。
かって立ち寄った「堀内酒店」へ、と思ったが開いてなくて、その近くの「稲田酒店」へ。

稲田酒店稲田酒店

店先が、すごく趣きがあるなぁ。
暖簾は新しくてキレイだけど看板や2階部分外壁のエンブレムなど、経年の貫禄に溢れてる。
また、『塩』っていうプレートもね、塩が専売だった頃からの店なんだなぁと、これも時の流れを感じる。

稲田酒店

まずビール、キリンラガー瓶があって嬉しい……まで、間があった。
立ち飲みなんだが立錐の余地もないほど盛況で、先客が2名ほどお帰りになるまで入れなかった。
ちなみに、ビールはキリンはサッポロもなんでもあるとのことで、さすが酒屋の角打ち。

稲田酒店稲田酒店

アテに、ホワイトボードならぬブラックボードに記載されたラインナップから“しんこおろし”を。
しんこ、って子代の小さいやつ、新子を酢でシメたやつの大根卸し添えかなと予想したが違った。
でもこれは酒に合うような、と日本酒を注文。

稲田酒店

そうこうするうちに先客のオッチャンたちの会話の輪に入れていただく。
俺も、こういう酒場に馴染むことができるオッチャンになったんだな。
そうだな、まだ若い頃はこういう酒場に背伸びして首を突っ込んでたかもしれないが、今はもはやそうでじゃないな。

それはそうと、大阪のあちこちに観光客が訪れ、若いカップルが訪れるようになって、それは経済効果的にオッケーだなと思うんだけど、やっぱりオッチャンの安住の約束の地はあって欲しいと思う。
ここは、そうかもしれない。

この店に行ったのは2019年11月26日
↓「食べログ」での店舗情報

稲田酒店立ち飲み居酒屋・バー / 天神橋筋六丁目駅天満駅中崎町駅

関連記事

ホッケじゃなくホッキ「まるひら」札幌市中央区北一条西

更新をサボっていた時期の積み残し……この店に行ったのは2018年11月27日。

札幌でハシゴ酒。
魚が食える居酒屋へ行きたいなとウロウロして、「まるひら」という店に辿り着いた。

まるひらまるひら

ビルの地下に、ひっそりとあった。
こんな閑散としたフロアにあって店が続いてるんだから、きっと地元で人気の店なんだろうって感じ。

まるひらまるひら

北海道の地酒がラインナップされている、ちょっとお高いが。
正直、どれを飲んだか覚えていないが、美味しくいただいた気はする。

まるひら

お通しに、お万菜3種盛り。
ヘルシーな顔ぶれ。

まるひら

刺し盛りを注文し、できればホッケも食いたいとお願いしてみた。
が、それは叶わなかった。
北海道に行くにあたって、やっぱホッケだよね、しかも地元じゃホッケが刺身で食えるらしいなんて下調べをしていたんだけど、時期じゃないとのこと。
そもそもホッケを刺身で食うってのは、そう一般的じゃないというようなことを教わった。
それで、ホッケじゃなくホッキ貝を盛ってくれた。
なるほど、ホッキ貝も北海道ならではなんだね。

美味しい刺身を楽しめたし、知見が広まった。

↓「食べログ」での店舗情報

まるひらうどん / 大通駅西4丁目駅さっぽろ駅(札幌市営)

関連記事

ルイベにぬる燗「たかさごや」札幌市中央区南三条西

更新をサボっていた時期の積み残し……この店に行ったのは2018年11月27日。

初めての北海道、札幌。
せっかく札幌で飲むんだから、老舗っぽい札幌の酒場で飲みたかった。
下調べをしておいて向かったのは「たかさごや」という店。

たかさごやたかさごや

期待通り、なかなか味わいのある佇まいで老舗感もある。
また、暖簾に“道産子手作り”とあるのが良いね。
北海道らしいものが食えそうだと期待が高まる。

たかさごやたかさごや

厨房を囲んだ大きなコの字カウンターがメインだが、テーブル席もあったな。
照明は、画像ほどは暗くなかったと記憶しているが、静かで落ち着いた酒場って雰囲気だった。
まずビール、そりゃサッポロだよな。

たかさごや

今回、ぜひ食ってみたいと思ってたルイベを注文した。
北海道らしい食べものとして、酒飲みの俺が思い浮かべたのがルイベだ。
ラーメンとか蟹とかトウモロコシじゃなく、北海道で本場のルイベを食いたいと思ったな。

たかさごやたかさごや

冷たいルイベには、燗酒だろう。
嬉しいことに北海道の地酒が何種類か揃い、どれにしようか迷ったけども、値段を見比べて一番安い徳利一合330円の「金滴」という酒にした。
これも北海道の酒だし、徳利で燗をつけてもらうのに良いと思って。
ルイベと、ぬる燗。
冷やっ、ショリっ、とろっ、甘ぁ……温かい酒をグビリ。
札幌気分、満喫。

↓「食べログ」での店舗情報

たかさごや居酒屋 / 狸小路駅すすきの駅(市電)すすきの駅(市営)

関連記事

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement