今は此処でやってらっしゃいます「BAR HARePPA」大阪市淀川区十三本町

飲み足りない、というより心が満たされないまま十三を歩いていて、この店の路上置き看板に目が止まった。

BAR HARePPA

あっ、バーだ。
あっ、ノーチャージで酒が安い。
あっ、音楽好きの店だ。
それらの要素で、俺は救われた気がしたので、その店「BAR HARePPA」に立ち寄ろうと思った。

BAR HARePPA

階段を上がって2階に店舗がある、上がったフロアは殺風景ではある。

BAR HARePPAIMG_001235.jpg

店内は、すごい素敵な空間だった。
けっこう広いスペースだが、間延びせず落ち着いたトーンでまとめられた店内。
なにか巨大な排気システムのようなものがあって、それはなにか訊くとコーヒーを焙煎するから排気するためのもだということだった。
迎えてくれたのは女性店主で、だがオーナーが昼に喫茶店をやっているとのこと。
それで焙煎か。
で、逆にいえば、喫茶店の店舗を夜だけ間借りしてバーをやっているという感じだということだ。

BAR HARePPABAR HARePPA

立派なオーディオの機器があって……うわっ真空管じゃん……それはオーナーのものだそうで。
ただ、夜もそのシステムで音楽が聴ける(ただし真空管のほうは夜は稼働しない)。
店内の片隅にレコードが積まれていて、そこからザ・ドゥービー・ブラザーズの「ドゥービー天国」を聴かせてもらった。

BAR HARePPABAR HARePPA

ドゥービーを聴きながら飲んだのは、ジム・ビームのロック。
このときシアターセブンで映画を観たあとで、映画の中の登場人物がジム・ビームを飲むシーンがあったから俺も飲もうと思った……という短絡的な選択。
お供に、チョコを。
ドゥービーのLPレコードA面B面を聴くあいだにジム・ビームを3杯だったか4杯だったか。

ところでこの「HARePPA」は、以前は“しょんべん横丁”でやってたそうな、火災の前は。
今は、ここで健在だ。

↓「食べログ」での店舗情報

ハレッパバー / 十三駅

関連記事

かつて経験したことがないほどの「中島酒店」大阪市淀川区十三東

シアターセブンで映画を観たあと、かねて立ち寄りたいと思っていた「中島酒店」へ。

この場所

この外観がたまらない、経年で彩度が落ちたグリーンのテントが、良いね。

この場所

ここは酒屋で、店内で飲めるようで、「中嶋酒店」でありつつ「立呑の店くれは」という屋号もあるようだ。

いつか行ってみねばと思っていたが、なかなか果たせずにいた。
時間的に閉店後だったり休業日だったり、あとに仕事を控えてて俺が酒を飲めないタイミングだったりで、なかなか暖簾をくぐれずにいた。
ようやく機会を得て、いざ暖簾をくぐろうとしたら……

この場所

サッシ戸に小さく、禁煙の貼り紙。

あいたたた、と思ったが、この機は逃したくないと、ままよと店内へ。
すごく混んでいて賑やかで、とまどった。
角打ちができる酒屋で、鄙びた風情があって、というのを期待していたが、酒を小売している様子は見受けられず、これはもう立ち飲み屋だなという様相だった。

そして、かつて経験したことがないほどの、アウェイ感に曝された。
女将と大将かと思われる両名から、いずれも“なんだこいつ”といった態度であしらわれた。
すごい、こんなの初めて……ってぐらい。

この場所

赤星があったのは救いだった。
飲み干して、さっさと撤収した。
いつか行ってみたいと思っていた店だったが、二度と行くまいという店になった。

↓「食べログ」での店舗情報

中島酒店立ち飲み居酒屋・バー / 十三駅

関連記事

今はこの店です「呑み処たけこ」大阪市西区九条

シネ・ヌーヴォで映画を観たあと、昼間っから立ち飲み。
まだ13時台なのに「呑み処たけこ」って店が開いてたから、有り難く立ち寄った。
昼から飲める店というのは有り難いのだ。

呑み処たけこ呑み処たけこ

屋号に“たけこ”とあるから、この人がそうなんだろうなって女性店主が迎えてくれた。
まずビール、キリンラガー瓶があって嬉しい。
ちょっとした惣菜がカウンター上に並んでいて、小腹が空いていたのでスパサラをいただいた。

呑み処たけこ呑み処たけこ

屋号も女性店主も、失礼ながら洒落てはいないんだが、店内は妙に小洒落ていてミスマッチを感じた。
訊くと、居抜きで内装そのまんまとのことで、納得。

呑み処たけこ

どうやらここが「呑み処たけこ」になったのは、割と最近のようだ。
この場所をGoogleMapsで見ると「立ち呑み処 いっとく」となっているからね。

開店が早くて、気軽に寄れる感じなので使いやすい気がする立ち飲み屋だったよ。

「呑み処たけこ」大阪市西区九条1-17-13

関連記事

オールドスクール新世界「平野屋」大阪市浪速区恵美須東

新世界東映で映画を観たあと、「平野屋」でちょっと立ち飲み。

平野屋平野屋

どんなに新世界が観光地化してカップルや家族連れの姿が珍しくなくなっても大陸からのインバウンドだらけになっても、どこ吹く風という空気を感じる。
昼間っから酔っぱらってるオッサンの吹き溜まりだった頃の姿のまま、昔から変わらないオールドスクールな立ち飲みであることに敬意を抱く。
いや、店側がどう思っているか知らないけど、まったく観光酒場になってないなと俺は感じていて、勝手にリスペクトしているのよね。

平野屋平野屋

にしんの煮付けたのと、日本酒。
酒は冷なんだけどチロリで提供されて、このチロリってのが良いよね、絵面的にも嬉しい。

平野屋

いつまでも変わらないといいなぁ、と勝手に思っている。

↓「食べログ」での店舗情報

平野屋立ち飲み居酒屋・バー / 新今宮駅前駅動物園前駅新今宮駅

関連記事

とにかく外観が感嘆するほど素晴らしい「仙」北九州市八幡東区西本町

八幡でイベント上映される映画を観に行こうと決めて、あまり足を運ぶ機会のない土地にせっかく訪れるんだから素敵な飲み屋がないか調べた。
いつものようにGoogleMapsで“大衆酒場”や“大衆食堂”とかのキーワードで検索したら、あまりに素晴らしい外観の店があって、思わず“うわっ”って声がでた。
それが「仙」という居酒屋だ。

仙

これ。
もう絶句するほどの素敵さ。

仙仙

掘ったて小屋、バラック、廃屋といった美辞麗句(違う)を並べ立てたいほどの、その姿。

仙仙

ゲゲゲの鬼太郎おばけハウスといった風情もある。
俺は、こういう店が、非常にワクワクして大好きだ。

仙仙

写真がボケてて恐縮だが、店内も田舎のじいさんばあさんの家みたいで趣がある。

外観だけで感無量、来て良かったという悦びを得たが、中もなかなかだ。
しかも、店主は白くなった髪と髭を長く伸ばした、いかにも仙人といった人物だったので嬉しくなった。
ここまでで、既に満足し尽くした。

仙仙

あとは、普通に飲み食いした。
キリンラガー瓶があって嬉しかった。
このときは10名ほどでの酒宴で、前もって料理がセッティングされていたのだが、ほぼ肉だった。
馬刺しを、すごく久しぶりに食った。

仙仙

網で焼肉。
煙がこもるのが良い。

仙仙

メニューを見ると普通に居酒屋っぽくドリンクもフードもラインナップされていて、ハイボールとかコークハイを何杯も飲んだ。
そう、意外と普通に居酒屋なのよね。

仙

あ、カレー麻婆餃子だったかな、これ美味しかった。

店に辿り着き、感嘆しながら店を眺めまわし、店内の造作を味わって、席に着く。
そこまでがクライマックスだな、といったら失礼だろうか。
あとは、普通に居酒屋だよね、普通に居酒屋なのが悪いわけでは勿論ないけれど。

↓「食べログ」での店舗情報

居酒屋仙居酒屋 / 八幡駅

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement