おじさんおばさん猫さん「海吉」東京都荒川区南千住

更新をサボっていた時期の積み残し……この店に行ったのは2018年11月下旬。

南千住へ行ってみた、初めて。
三ノ輪っつーか日本堤で『あしたのジョー像』を拝んでから、歩いて南千住駅の辺りへ行ってみた。

かつて“山谷”であった界隈には、昼から飲める酒場がたくさんあると期待していた。
南千住駅の周辺にも飲める店がいっぱいあると想像してたが、実際には飲めそうな店が見当たらず、けっこう途方にくれることとなった。

海吉

駅の西側、南千住仲通りへ入ってみると、ようやく飲めそうな店が目に止まった。
パッと見て、やってるのかどうか不安に感じた「海吉」という店。

海吉

屋号は“かいよし”と読むんだね。
路上の看板には『料理とお酒の店』とあるが、入り口ドアには『お酒と料理の店』……どっちなんだ、いやどっちでもいいか……さらに『南千住支店』とあるが本店がどこかにあるのか……まぁいいや。
それより暖簾が店内におさまっているから開店前かな、でも営業中の札がかかっているしなぁ、と引き戸をガラガラと開けて店内を窺ってみた。

海吉

カウンターの奥で、おばさんが迎えてくれた。
女将、というより“おばさん”という感じ。
ともあれ、飲める店に辿り着けたわけだ。

海吉

とにかくビールを。
俺の嫌いな銘柄のものだったが、とにかくビールが飲みたかった、だいぶ歩いてきた後だったので。
土曜の午前中、先客はなし。
店内は片付いてなく雑然とした印象で、これは開店間もなくて準備が整ってないのかなと思われたが、いつもこのくらい雑然とした店なのかもという気もした。

海吉

子持ち昆布と茹でた枝豆を和えたものが突き出しとして出されたが、おでんを注文してみた。
せっかく東京に来てるから、ちくわぶをお願いしてみた。
味が染みて柔らかく、ちくわぶ美味しいじゃんと思った。

海吉

おばさんだけでなく、店には大将、というか“おじさん”もいた。
基本、おじさんは客席に座ったままだが、見知らぬ一見客である俺にいろいろ話しかけてくれて、接客担当なのかな。
おばさん、おじさんとも気さくで、なんか親戚の家にメシ食いに来てるみたいなホスピタリティを感じた。
そして、俺を迎えてくれたのは人間だけではなかった。
猫。
写真に写ってくれて、ありがとう猫さん。
俺は猫が好きなので嬉しい。

「海吉」は、おじさんおばさん猫さんがもてなしてくれる店だった。

「海吉」荒川区南千住5-34-3

場所は良いのに目立たなかった「カフェ・ド・クリエ 市ヶ谷駅前店」東京都千代田区五番町

更新をサボっていた時期の積み残し……この店に行ったのは2018年11月下旬。

市ヶ谷に宿泊してた朝、ホテルをチェックアウトしてコーヒーが飲める店を探した。
いやホテルのラウンジでもコーヒーは飲めたんだけど禁煙だから、タバコを喫いながらコーヒーが飲める店を探したというのが正しいな。

カフェ・ド・クリエ 市ヶ谷駅前店

駅周辺にカフェがあるだろうと市ヶ谷駅の辺りを探すと、全店舗で激しく禁煙だから俺にとって無価値なスタバはあったんだけどスタバじゃ意味がない。
どうしたものかと思ったが、いや最初ちょっと気づかなかったけどカフェがあったわ「カフェ・ド・クリエ 市ヶ谷駅前店」が至近に。
地下鉄の出入り口すぐ傍って利用しやすそうで目立ちそうな場所に、あったわ。

カフェ・ド・クリエ 市ヶ谷駅前店

目立ちそうなロケーションなのに俺にとっては目立たず気づかなかったのは、店舗が入居してる「PALETTE PLAZA」ってビルが営業開始前でひっそり暗かったからか。
こちらの「カフェ・ド・クリエ」は早朝から営業してるんだが、ビルは10時開業なのね(平日は09時から……この日は土曜だった)。
それで、ひっそりとして目立たなかった。

カフェ・ド・クリエ 市ヶ谷駅前店

喫煙できる安定のカフェとして、けっこう「カフェ・ド・クリエ」は好き。
コーヒーとタバコを楽しめ、軽い朝メシもとることができた。

↓「食べログ」での店舗情報

カフェ・ド・クリエ 市ヶ谷駅前店喫茶店 / 市ケ谷駅麹町駅半蔵門駅

関連記事

屋号がツカミなんだね「ネオ大衆酒場 踊る肉だんご」福岡市中央区警固

ちょっと理由があって久しぶりに警固本通りを歩くと、なんだか知らない新しい店があった。

ネオ大衆酒場 踊る肉だんごネオ大衆酒場 踊る肉だんご

えっと、飲み屋だ、ああ立ち飲みね、と思ったわけだが“踊る肉だんご”って。
俺にとってそれは、けっこうなツカミになったな。
思わず立ち寄ってしまったよ「ネオ大衆酒場 踊る肉だんご」って店。

ネオ大衆酒場 踊る肉だんご

できて間もない店なんだ、という真新しさがある。
できたばかりの清潔感と、殺風景さもあるね。
福岡には“立ち飲み”を名乗りながらも椅子があるってのが珍しくないが、ここはフロアは正しく立ち飲みだな、奥のカウンター席は座れるようだが。

ネオ大衆酒場 踊る肉だんごネオ大衆酒場 踊る肉だんご

品書きを見ると、アルコール類もフードも、そう豊富なラインナップではない。
おしなべて、立ち飲みらしく価格帯が安いという感じもあまりない。
あ、ただ“プレミアムモルツ(極小)100円”ってのは良いね、もうほんとちょっと喉を潤したいだけ、ってときに有り難いと思うんだ。

ネオ大衆酒場 踊る肉だんご

極小ではなく小生にした。
この店は、ナイスな若い男子スタッフが迎えてくれて店内BGMはクラブミュージック的なやつで、俺みたいなオッサンが馴染めるタイプではなく、それが“ネオ大衆酒場”ってことなんだけど。
そういうネオなんとかだったら禁煙なんじゃねーかなと思いながら店に入ったわけだが、喫煙できる店だったので俺のなかで良い評価になった。

ネオ大衆酒場 踊る肉だんご

さて、屋号にも謳ってるし、推しであろうメニューを注文してみよう。
踊る肉だんご、は赤味噌煮込みとトマト煮込みがあるんだな。

ネオ大衆酒場 踊る肉だんごネオ大衆酒場 踊る肉だんご

トマト煮込みにした。
けっこう野菜たっぷりで、ソースがうまくて、ソースで酒が飲めそうでもあった。
肉だんごは、まぁ肉だんご、だよねってものだった。

ネオ大衆酒場 踊る肉だんご

肉だんごをアテにレモンサワー、サワー類400円〜って安さは感じないね、そんなに。
とかいって、サクっと飲むにはそれなりに悪くない店だったよ。

ネオ大衆酒場 踊る肉だんご

それはそうと、この店のロゴというかキャラクターなのかな、ロゴかなっていうイラスト。
これって屋号の“肉だんご”と相まって、どうしても住吉4丁目あたりの特定のセクシャリティの人たちが出会いを求めて集う店を連想しちゃうな。

↓「食べログ」での店舗情報

踊る肉だんご立ち飲み居酒屋・バー / 赤坂駅薬院大通駅桜坂駅

関連記事

俺にとって理想の寿司屋のひとつかもしれない「すし処 賛志郎」大阪市浪速区難波中

なんば楽座を抜けて、阪神高速高架下のバスターミナルも過ぎた先の交差点あたりに、寿司屋があった。

すし処 賛志郎すし処 賛志郎

それほど目立たない、間口の狭い、通りから少し奥まった寿司屋だが、なんだか存在感があった。
「すし処 賛志郎」という店。

すし処 賛志郎すし処 賛志郎

店先に品書きの案内があって、見ると安い。
寿司屋さんの価格帯を判断する俺の基準は、細巻と日本酒の値段。
こちらは十分に俺にも払える庶民価格だ。

そしてまた、暖簾のかかった引き戸のガラス越しに店内を窺うと、初老の先客氏がタバコを喫っていた。
いいね、喫煙できる寿司屋だ。
細巻が安くてタバコが喫える寿司屋は、俺にとって良い寿司屋だ。

暖簾をくぐると元気な大将が迎えてくれた。
カウンター席のみで、先客はお一人。
先客氏とふたつほど空けて席に着いたら、まずは飲み物を訊ねられた。

すし処 賛志郎

日本酒を冷やでとお願いすると、どんな酒が良いかとのことでサッパリ辛口を所望。
涼しげな透明の徳利と猪口で酒が出された。

すし処 賛志郎すし処 賛志郎

「厳選辛口 吉乃川」、新潟の酒だ。
すっきり、うまかった。
ラベルを撮らせてくれるよう大将に言うと、どうせなら裏も撮るよう促された。
先客の常連氏によると、大将は自らは酒を飲まないそうだが、酒の吟味だけはしっかりしているとのこと。

すし処 賛志郎すし処 賛志郎

ガリをのせた葉蘭が敷かれ、それじゃなにか握ろうかという流れに。
いまはそう腹は減ってないしアテが欲しいと言うと、お造りを少なめで出そうかと提案してくれた。
本当に、少なめで、でも種類が多く盛られていて酒飲みにはこういうのがすごく嬉しい。
こういうので、二合は軽く飲める。

大将は、とてもよくしゃべる。
先客氏が先に帰られて、残る俺は一見の見知らぬ客だから会話は途切れるかと思いきや、まったくとめどなく大将はしゃべるので、それを肴に酒がすすむという様相を呈してきた。
これちょっとおしゃべりが苦手な人には苦痛かもってレベルのトークの連鎖。
しかしまぁ、話題が豊富で俺には愉快だった。

すし処 賛志郎

締めに鉄火とカッパ巻き。
あまり寿司を食わずに申し訳ないなと思ったが、べつに大将は気にしていない風だった。

安くて、酒飲みに寛容で、タバコが喫えて、飽きない寿司屋。
ここは、俺にとっての寿司屋の理想郷のひとつかもしれない。

↓「食べログ」での店舗情報

賛志郎寿司 / 大阪難波駅なんば駅(大阪メトロ)JR難波駅

関連記事

本店に行ってみて気が済んだ「上等カレー 本店」大阪市福島区福島

大阪のあちこちに店舗があるなと気になっていた「福島 上等カレー」という店。
今までに「土佐堀店」「上新庄店」に行ってみて、うーん「上等カレー」とはこういうものか、と判った気はした。
が、どうやら「上等カレー」はチェーン展開をしつつも、店舗ごとの裁量権はけっこう大きくて店ごとに味も価格も違うっという話を大阪在住者から聞いて、気になったりもした。

そこで、これはもう総本山たる本店に行ってみるといろいろスッキリするんではないかと考えた。
そんなわけで、思い立って福島の「上等カレー 本店」に行ってみましたよ。

上等カレー 本店

駅からちょっと歩かねばならず、アクセスが楽なロケーションではないね。
総本山たる本店は、古びた店舗なのかなと想像していて、職人気質の親父が独りでやってる老舗の食堂みたいなの。
おお、ここから全てが始まったのかってドラマを感じさせる店なのかと勝手に想像してた。
ぜんぜん違ったね。
まぁ、チェーン展開後に改装したのかもしれんけど(これもまた勝手な想像)、商売っ気の漂う店舗だった。

上等カレー 本店

本店は「福島 上等カレー」とは名乗ってないのね。
ま、そりゃ始祖だから、わざわざ“福島”と冠することはないわな。

店に入ると食券マシーン。
スタンダードなカレーを食おう、と料金を見ると800円。
一番安い、なにもトッピングしないカレーが、800円。
虚を突かれた思いがした。

上等カレー 本店上等カレー 本店

カレーが速攻で提供された。
キャベツのピクルス……というか浅漬け、が添えられ、卵黄も付いてきた。
本店は卵黄が付くのがデフォルトなのか。

上等カレー 本店

途中で卵黄をのせて食った。

特に感動はない。
というか、高っけぇな。

確かに店舗ごとに価格設定が違うんだな。
デフォルトのカレーで比較すると、上新庄店が580円、土佐堀は630円だった。
これは地価によって値段が違うのかなと、なんばウォーク店の価格を見てみると680円だった。
なるほど一等地ほど高いって感じか。
ついでに「上等カレー」は東京にも展開してるようなので渋谷店の価格を見てみると630円、あら高くない。
ふむ、福島の本店は、どの店舗より飛び抜けてカレーが高い。

まぁ、なんつーか、800円を払ってわざわざ食うもんではないな。
そのように感じた、というのが俺の正直な気持ち。
まぁとにかく、これでもう気が済んだ。

↓「食べログ」での店舗情報

上等カレー 本店カレーライス / 福島駅新福島駅西梅田駅

関連記事

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement