安定して続きそうだね「HAKATA MEGUSTA」福岡市博多区中央街

おもむろに引用。

玄米や胚芽米を使った手作りおむすびなどの販売を行う「峠の玄氣屋」と、「立ち飲み」スタイルの店を展開している「MEGUSTA(メグスタ)」がコラボし、「立ち飲みおむすび屋さん」としてオープンした

ソース:博多経済新聞

そんな「HAKATA MEGUSTA」に立ち寄ってみた。

HAKATA MEGUSTA

小さなスペースに、なかなかの客入り。
賑わってる、という感じ。

HAKATA MEGUSTAHAKATA MEGUSTA

まずはハイボール、からのメニューを眺める。
ハイボールは口頭のやりとりで角ハイボールを頼んだんだけど、いろいろ種類が多くて選べるのは良い。

HAKATA MEGUSTA

同行者は“博多メグスタセット”というのを注文、ごま鯖・めんたいこ・サバスモークの3種のアテにワンドリンク。
鯖&サバなアテをつつかせてもらった。

HAKATA MEGUSTA

店内は禁煙で、ビニールシートをめくってビル上階へのエレベータ脇に用意されてる喫煙所で。
確認してないが、たぶん店内にトイレはなくビル上階のネットカフェを借りるシステムなはずだ。
なぜ確認してないのにそう言うかというと、以前の店はそうだったから、たぶん今もそうだろうってことで。

この場所は、JR博多駅筑紫口側ヨドバシの隣のネットカフェが入ってるビルの1階で、今までいくつか店が入れ替わってる記憶がある。
いずれも長続きしなかった印象だが、「博多屋台kuro-kara」だった頃はちょっと好きだったな。
今回の「HAKATA MEGUSTA」は、安定して長く続きそうな気がする。

HAKATA MEGUSTA

「峠の玄氣屋」と「MEGUSTA」と、どちらも経営母体が安定してるようだから続きそうというのもあるが、女性客で賑わってたから続くよねってのが強い。
女性に支持されると、商売としてイケるって気がするよ。

オッサンである俺としては、まぁ嫌いじゃないけど禁煙なのが辛いね。

↓「食べログ」での店舗情報

ハカタメグスタ立ち飲み居酒屋・バー / 博多駅祇園駅東比恵駅

関連記事

初めてじゃないのにぜんぜん知らないと感じた「くりや酒場」福岡市博多区美野島

美野島の「くりや酒場」に立ち寄った。
初めてではない。
が、ぜんぜん知らない店になっていた。

くりや酒場

なんかもう、これは居酒屋。
俺が知ってたのと、ぜんぜん違うと驚いた。

くりや酒場くりや酒場

注文はタブレット端末で。
これは便利な面もあるわけだが、この店がこうもシステマチックになったのかと虚を突かれた。

まぁ、昔を知っている必要なんかない。
変わって驚いたなんて、新規の客にとっては“おまえはなにを言ってるんだ?”という感じだろう。

現在の場所の斜め向かい辺りで、小さな店舗で、作業服のオッチャンたちが立ち飲みしていた頃は、まだ角打ちできる酒場という風情だった。
移転してから、もう角打ちじゃなくて純然たる立ち飲み屋だよねって思った。
それから足を運ぶことがなくなって、すごく久々に立ち寄って、ここまで変わったかと少し呆然としたんだ。

↓「食べログ」での店舗情報

くりや酒場立ち飲み居酒屋・バー / 高宮駅西鉄平尾駅博多駅

関連記事

期待通りの飲める食堂「丸万食堂」福岡市博多区上川端町

櫛田神社のすぐ傍に昔からある「丸万食堂」。

丸万食堂

界隈は、古くからの喫茶店がインバウンド向けゲストハウスになったり様変わりをしているが、「丸万食堂」はぜんぜん変わらない町角の食堂という佇まい。

丸万食堂

ぜんぜん変わらないというのは、たぶん“創業八十一年”ずっと変わってないんだろう。
というか、創業してから81年経ったのかな、もしかして1981年に創業したのか、わからない。
なにしろ、以前から気にはしていたんだけど、今まで一度も行ったことがないから、知らないんだよ。

気にしていたのは、飲めそうな食堂だな、という店で。
行ったことがないのは、通し営業ではないから、なかなか立ち寄るタイミングを掴めなかったから。

丸万食堂丸万食堂

初めて足を踏み入れた店内は、外観から期待された通りの味わい。
ああ、食堂だ、これぞ食堂だという感慨。

丸万食堂

ニコニコ顔の、いかにも“昔ながらの博多のオイサン”という店主が迎えてくれた。
おむもろにビールを注文すると、アサヒとキリンとサッポロがあるとの応えで、キリンはラガーなのか訊ねて注文。
キリンとサッポロのビールがある食堂は良い食堂だ。
ビールといっしょに、煮物をちょろっと出してくれた。

丸万食堂丸万食堂

ビールのお供に、マカロニサラダとコロッケ。
マカロニサラダは、いくつかの色のマカロニが使われていて、添えられたトマトのキュウリとで、なに気に配色的にオシャレなもの。
コロッケは注文後に揚げたてで。

丸万食堂

俺の後に訪れたのは近所の常連さんみたいで、定食を注文していた。
そのあとの客は麺類だったか。
やはり食堂なので食事目的の客が多いんだろうが、俺みたいに飲むだけの客をけむたがる様子は微塵もない。
期待通り、飲める食堂だったから、嬉しい。

望むべくは、通し営業だったら昼酒にうってつけの店なんだが、なんて思ったりするけど店のオイサンけっこう歳もいってらっしゃるし、中休みしないとキツいよね、と思った。

↓「食べログ」での店舗情報

丸万食堂定食・食堂 / 中洲川端駅祇園駅呉服町駅

関連記事

単なるうどん屋さんではない「當仁うどん」福岡市中央区黒門

福岡市営地下鉄の唐人町駅を、商店街とは反対の側から出た通りにある「當仁うどん」。

當仁うどん當仁うどん

もうだいぶ以前だが、最初に見かけた折に魅力的な佇まいだなと感じていたんだけど、この辺りでメシを食うようなタイミングは訪れずに月日が流れた。
店先のメニューサンプルも魅惑的だし、いい感じに古びているし好きなタイプ。
いつか利用したいなとずっと思っていて、ようやく立ち寄ることができた。

當仁うどん

良い、タイル張りの床に、カテイノダイニングテーブルみたいなのが並んでいて良い。
壁の品書き短冊も効いていて、良い光景。

當仁うどん

屋号に“うどん”とあるが、いやいやいろんな料理がある。
たいていのうどん屋さんにも丼ものはあるしカレーがあるのも特異ではないが、ここはオムレツとか八宝菜とかソース焼きそばとか白身魚フライ定食とか、節操がないくらいラインナップ豊富。

當仁うどん

カツカレー650円也をいただいた。
雑な盛り付けが、なんだかホッコリする。
カレーソースは粉っぽさを感じて辛さはそんなに感じない、昭和のメシ屋のカレー。
俺にとって期待通りだった。

この店は、飲める店なんじゃないかなという期待もあった。
俺のあとに来店した常連氏は、おもむろにビール小瓶とハムエッグを注文していた。
飲めるじゃん、良いね、テーブルには灰皿もあったし、良い。

俺は午後からの仕事があったから飲まなかったが、次の機会があれば飲みたい。

↓「食べログ」での店舗情報

當仁うどんうどん / 唐人町駅大濠公園駅

関連記事

ここでなければというのは感じない「徳田酒店 第4ビルB2店」大阪市北区梅田

日曜の昼間に大阪駅前ビルをうろうろして、なんとなく「徳田酒店 第4ビルB2店」に辿り着いた。

徳田酒店 第4ビルB2店

カウンターの空いてる席に着いて、まずビール。

徳田酒店 第4ビルB2店徳田酒店 第4ビルB2店

赤星があるのは良いし、何種類かビールを置いているのも高感度大だが、キリンはラガーじゃなくて一番搾りなのが惜しいな。

徳田酒店 第4ビルB2店

アテは、なんか豚バラの何かを注文したのだが、あまり魅力を感じなかった。
なんというか、全国チェーン展開居酒屋みたいなクオリティだな、と。
スタッフも若いオネーサンとかで、なんか全体的に全国チェーン展開居酒屋みたいな印象を受けた。
総じてあんまり魅力を感じなかった。

↓「食べログ」での店舗情報

徳田酒店 第4ビルB2店居酒屋 / 東梅田駅梅田駅(阪神)北新地駅

関連記事

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement