締めに寿司が食える昼から飲める店「鮨金」福岡市中央区天神

けっこう何度も行ってるのに、なぜだか書きそびれていた「鮨金」。

鮨金鮨金

この店、大好き。
どう好きかというと、たぶんこの店は新天町にある回転寿司の店として福岡市民に認識されていると思うんだが、俺にとってはそうではなく昼から飲めて美味しい寿司が食える酒場だ。

鮨金鮨金

店舗は3階まであって1階は回転寿司なんだが、そこには一度も立ち寄ったことはない。
2階で昼から飲めるんだよ、それこそがこの店を好きな点だ。
俺にとって「鮨金」は回転寿司屋じゃなく昼から飲める酒場なんだよね。

鮨金鮨金

アルコールは各種揃う。
キリンラガー瓶があって嬉しいが、季節によって秋味とかになっちゃうのは少し残念。
日本酒は各地の地酒がけっこう揃っていて楽しい。

鮨金

席に通されるとお通しが出るが、それが牡蠣というのが小料理屋っぽくていいかもだが、個人的に牡蠣は苦手だから替えてもらっちゃうのよね。

鮨金鮨金

一品料理、刺身などメニューは豊富。
出汁巻き玉子、ゴマサバ、酢鶏、アナゴ天なんか好きで注文するなぁ。
フロアの主っぽいオバサマが、なかなか押しが強く、いつも1,200円の刺し盛りの注文を促されるので従う。
ま、今では促されるまでもなく注文するようになったし、実際のところお値段に見合う満足感がある。

鮨金鮨金

刺し盛りは一品料理でグイグイと日本酒を飲んだら、当然ながら寿司を食う。
寿司屋だもんね。

鮨金鮨金

というか、寿司を注文しても飲み続けるんだけどね。
握りをお好みで頼むのも酔いが、だいたい細巻きをお願いする。
俺はカッパ巻、鉄火巻をアテにして日本酒をやるのが好きなのだ。

鮨金鮨金

興が乗ると細巻き以外も注文するね、まぁだいたい光りものだけどね。
事前に刺し盛りを味わってると、もう握りはあれこれとは思わない……思わなくて済むという面があるんだ。
特に好きなのだけを、と。

たぶん1階の回転寿司はけっこう忙しいんだろう、知らないが。
2階はまったり、注文が落ち着いた合間にオヤジサンがテーブルで新聞読んでたり、夕方からのスタッフが出勤してきたり、オバサマが我々に話しかけてきたりと、なんというか…ざっくばらん?
このような接客スタイル(?)を嫌う方もいるだろうと想像できるが、俺には逆に“テキトーに飲み食いするんでお構いなく”という感じで、心地よい。
昼間っからダラダラと酒くらう、というのに適した環境だ。
もちろん、オーダー等で声をかけると迅速に対応してくれる、放置ではない。

そんなこんなで、締めに寿司を食える昼から飲める大衆酒場みたいな気分で使わせてもらっている。
それが許される懐の深さも感じて、やっぱり好きだな「鮨金」。

「鮨金」福岡県福岡市中央区天神2-8-222

関連記事

安いしセルフでお気遣いなく「味の笛 御徒町店」東京都台東区上野

食料品の専門店が営む立ち飲み屋がガード下にあって安くて良い、という情報をネットで拾っていて御徒町へ。

味の笛 御徒町店味の笛 御徒町店

越後の地酒と別海の幸と「味の笛」。
広くはない店内に、客みっちり。
とりあえずどういうシステムか判らなかったが、カウンターまで辿り着いたら並んでいるアテと酒を注文して受け取ってたち飲むというセルフな店だと理解できた。

味の笛 御徒町店味の笛 御徒町店

“越後の地酒“と看板にあったので、新潟の酒を飲んでみた。
酒の瓶はガラスだが、コップとアテの皿はプラ。
使ったプラとか箸とかセルフで捨てるシステム。

かなり賑わっていて、安いしセルフで気を遣わなくいいから盛況という感じかな。
個人的には、なんだかハマらなかったけど、良い飲み屋なんだろうと思った、

↓「食べログ」での店舗情報

味の笛 本店立ち飲み居酒屋・バー / 御徒町駅上野御徒町駅上野広小路駅

関連記事

ジャパニーズトラディショナル大衆酒場「新日の基」東京都千代田区有楽町

トラディショナルなジャパニーズ大衆酒場なのに店主が外国の人、という「新日の基」。

新日の基

ガード下というロケーションが、正しく大衆酒場って風情で良いね。

新日の基新日の基

半地下って感じの店内へ下ると、良い意味で穴蔵という雰囲気を感じるし、整然とセッティングされたテーブル席が並ぶ様子は人気店なんだなと感じさせる。
事実、俺が立ち寄った際は空いていたが、どんどん客が押し寄せて席が埋まっていった。

新日の基

まず赤星、やっぱ大衆酒場には赤星が置いてあって欲しいね。

新日の基新日の基

酒のアテは品揃え豊富で、選ぶのに迷うほどだからオススメからイワシ酢を。
キラキラと綺麗で、良い具合に酢で締まっていた。

新日の基新日の基

チューハイなんかも飲んだりして。
うん、正しく大衆酒場だなぁという満足感を得た。
ネットで外国人のお客さんが多いというレビューを見ていたが、この時は見かけなかったかも。
しかし外国の人に“これが日本のトラディショナルな酒場か”と体験してもらうのに良いんだろうね、店主が外国の人だから良いアテンドをしてくれるんだろうね、と思った。
せっかく日本に来て、いかにも外国人向けの妙なジャパネスクの観光居酒屋に行っちゃったら不幸だろうと思うしね。

↓「食べログ」での店舗情報

新日の基居酒屋 / 日比谷駅有楽町駅銀座駅

関連記事

甘いものって甘美で退廃的だね「Décadence du Chocolat」東京都中央区銀座

銀座で、昼間っから女性と飲んでいた。
いい感じに酔っていて、しかも女性と一緒だから、いつもなら足を踏み入れられないような店へも行ける。

Décadence du Chocolat

「Décadence du Chocolat」という、カテゴリ的にはショコラティエになるのかな、という店。

Décadence du ChocolatDécadence du Chocolat

ショーケースには色とりどり、さまざまなチョコレートが並んでいて、悶絶する。
俺は酒好きのニコチン中毒だが、それでいて甘いものが大好きなので、こういう店はたまらん。

Décadence du ChocolatDécadence du Chocolat

どこかお伽話の悪夢みたいなカワイイ造形の店内は女性客ばかりだから、オッサンである俺は独りではとても立ち寄れないので女性の同伴者があることに感謝。

Décadence du ChocolatDécadence du Chocolat

目移りしながらも手当たり次第に選んだチョコレートと、欲張ってプチガトーまで注文。
どれもこれも、甘美でデカダンスな歓び。

Décadence du Chocolat

ところでコーヒーも注文したのだがカップが透明なガラスなので、ソーサーにコーヒーが映っているのを“あっ、こぼれてる”と思ってしまった俺は、オシャレな店にまったく慣れてない田舎もん丸出しだなと思いました。

めったにできない、素敵な経験になったな。
高級スイーツって、素晴らしいな。

↓「食べログ」での店舗情報

デカダンス ドュ ショコラ 銀座本店チョコレート / 銀座一丁目駅京橋駅宝町駅

関連記事

ここが始まりの場所だという満足感「銀座ライオン GINZA PLACE店」東京都中央区銀座

京橋の国立映画アーカイブで映画を観たあと、どこかで酒を飲もうと。
ここから銀座が近いな、銀座って行ったことないんだけど行ってみる機会かな、と。

銀座ライオン GINZA PLACE店

それで、せっかくだから銀座っぽいところへと考えて「銀座ライオン GINZA PLACE店」。
全国あちこちにある「銀座ライオン」だが、やっぱ銀座が総本山でしょ程度のノリで。

銀座ライオン GINZA PLACE店

地下1階と地下2階に店舗があるがどちらも禁煙とのことで、禁煙ではあるが喫煙ブースがある地下2階のほうへ。

銀座ライオン GINZA PLACE店銀座ライオン GINZA PLACE店

とにかくビール、手始めに黒ラベルをグラスで。
喉が潤って、本格的にジョッキで何杯も。

銀座ライオン GINZA PLACE店銀座ライオン GINZA PLACE店

ほどなく知人が合流し、2人でいろいろ料理も注文。
やっぱ「銀座ライオン」ではローストビーフ食わなきゃね、とかいろいろ。

銀座ライオン GINZA PLACE店銀座ライオン GINZA PLACE店

店内はなかなか上品オシャレで、客層もそれに見合って騒ぐ酔客などなく快適。
さすが銀座だね、とか思ったりしたね。
この銀座5丁目にある「銀座ライオン GINZA PLACE店」が、始まりの場所なんだよね。
建物は建て替えられ、さらに店舗は近年リニュアルされてるけど、場所はオリジナルな場所だ。
そういう意味で総本山で飲んだなという満足感を得たよ。

↓「食べログ」での店舗情報

ビアホール 銀座ライオン 銀座五丁目 GINZA PLACE店ビアホール・ビアレストラン / 銀座駅東銀座駅銀座一丁目駅

関連記事

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement