元祖とり天の店であるという「キッチン丸山」大分県大分市顕徳町

なんとなく、ノリで大分に行くことになった。
行く以上は大分名物など食ってみようかと、フツーの観光客のようなことを考えた。

大分といえば、とり天かな。
とり天の“元祖”を標榜する店は複数あるようだが、そのひとつ「キッチン丸山」へ。

キッチン丸山

特急列車を降りたJR大分駅からだいぶ歩いて住宅街のようなエリアに店はあった。

キッチン丸山

炎天下を歩いてようやく辿り着いたから、まずビールを。

キッチン丸山

ビールは好きじゃない銘柄のものしかなかった。
何故かコップは好きなメーカーのロゴが入っていた。
じゃあキリンビール置いてくれよ。

土曜の、まだ正午前、かなりの客入りであった。
俺は独りなのでカウンター席に案内されて、カウンター向こうの広い厨房の様子が目の前にあった。
広い厨房には複数のスタッフがいたので、役割分担して効率的に作業が進められるだろうと予想した。

あまりゴハンを食べるほうではないので、定食ではなく単品とり天をお願いした。
後客もどんどん訪れほぼほぼ満席に近い様子。

ビールをチビチビ飲んで待つ。
この店は禁煙なのでタバコを喫って待つことはできない。
禁煙でないとしてもファミリー客も多かったし、カウンター席も埋まってきて隣の客と近いし、喫うのは憚られた。

およそ20分ほど待った。

キッチン丸山キッチン丸山

唐揚げかな、と感じた。
ニンニク風味を感じる下味をつけた鶏肉を薄く片栗粉のころもをつけて揚げました、かな? と感じた。

↓「食べログ」での店舗情報

キッチン丸山洋食 / 大分駅

関連記事

ひと夏に一度は食いたい「元祖赤のれん節ちゃんラーメン 野間店」の冷やし中華

<追記:2018年09月24日>
なんかスミマセンって気持ちだよ“ひと夏に一度は食いたい”とか書いてたくせにさ、ずいぶんご無沙汰しちゃってて久しぶりの冷やし中華になっちゃったよ。

元祖赤のれん節ちゃんラーメン 野間店

うん、2018年も冷やし中華が健在で良かった(何年もご無沙汰だったくせに)。

元祖赤のれん節ちゃんラーメン 野間店

お値段630円、3年ぶりで30円しか値上がりしてないって、皮肉とかじゃなくすごいね。

元祖赤のれん節ちゃんラーメン 野間店元祖赤のれん節ちゃんラーメン 野間店

あいかわらずカラシたっぷり使えるのが嬉しい。
熟したトマトがボリュームあって嬉しい。
やっぱり美味しい。

本当にもう高宮のほうへ足を運ぶ機会がないのだが、わざわざ行くべき満足感の高い冷やし中華だと再確認したよ。

<初回投稿:2015年09月10日>
「元祖赤のれん節ちゃんラーメン」といえば福岡市中央区天神の大丸エルガーラの国体道路を挟んだ向かい辺りの大将と店のオバサンの言い争いというか喧嘩腰のコミニュケーションがお馴染みの店舗がお馴染みだったのですが、あの店舗どこにいったんでしょうね?

細めの平麺に茶褐色のスープのラーメンが特徴的で、けっこう好きだ。
ラーメン+チャーハン+餃子3個のラーメン定食700円も費用対効果に優れて好きだったのです。
かつて勤め人だった頃に天神勤務で春吉に住んでた頃は利用してたんだよね。
それもそうだけど、実は天神の店舗より俺には西鉄高宮駅近くの野間の店舗が馴染み深いのよね。

元祖赤のれん節ちゃんラーメン野間店:外観

暖簾分けらしい野間店は、天神のほうとは違って店員が言い争いをしてないし混んでないので心安らかに食える。
そしてラーメンより冷やし中華が好きなんだな。
夏になると、毎年一度は必ず食べるくらいには好きな冷やし中華だ。

元祖赤のれん節ちゃんラーメン野間店:料理

ハムではなく蒸し鶏を裂いたのが添えられていて、タレの甘酸っぱさも良い具合で、ピリ辛いのモヤシもアクセントになって良い。
これが600円なんだよなぁ、安いよね。
冷やし中華って700円とか800円って価格設定も珍しくないので、とても有り難い600円だよ。
以前は500円だったけどな、10年くらい前はな、まぁ消費税とか小麦の値段とか上がってるから100円の値上がりは許容できますとも。
ついでに言うと以前はもっと酸っぱさが爽やかに際立ってた気もするが、今の味もイケますよ。

元祖赤のれん節ちゃんラーメン野間店:料理

そんで辛子をタップリ用意してくれるのも嬉しいんだよね。
冷やし中華に辛子は必須だよ。

今では野間や高宮に足を運ぶことはめっきりなくなったが、それでも夏になると食べに行きたくなるのです。

↓「食べログ」での店舗情報

元祖赤のれん節ちゃんラーメン 野間店ラーメン / 高宮駅

関連記事

冷やし中華にその具材はノーサンキュー「めんちゃんこ亭 天神店」福岡市中央区天神

とにかく冷やし中華を食ってばかりの2018年、夏。

国体道路を歩いていたら、あっ「めんちゃんこ亭」が新規オープンしてる、と気づいた。
「ウエスト」とかが入ってるパインクレストの1階西の端で、ここって昔は80's風味のスシバーみたいな店があったよねぇ……ってそれは昔すぎるか直近ではラーメン居酒屋的な店だったっけ。
そんで「めんちゃんこ亭」っていえば『木久蔵ラーメン』を提供していた店だよね、今は林家木久扇さんなんだけどラーメンとして『木久蔵ラーメン』は現存しているのかしら。

めんちゃんこ亭 天神店

なんてことは、まぁどうでもいい。
俺にとっては、この店が冷やし中華を出しているということだけが関心事だ。

めんちゃんこ亭 天神店

ざぶざぶ冷やし中華……ツユダクの冷やし中華ってことか。
まぁとにかく冷やし中華なので、食う。

めんちゃんこ亭 天神店

うん、ツユダクだ。
トッピングは彩り華やかで、いいね。
だが海藻、おまえはダメだ。
そもそも海藻があんまり好きじゃないんだけど、冷やし中華に海藻って、そんなのイヤだ。
海藻ノーサンキュー。

↓「食べログ」での店舗情報

めんちゃんこ亭 天神店ラーメン / 西鉄福岡駅(天神)天神南駅

関連記事

なんかずいぶん小洒落たねビブレ地下「名代ラーメン亭 天神店」福岡市中央区

<追記:2018年09月24日>
とにかく冷やし中華を食ってばかりの2018年、夏。

やっぱ「名代ラーメン亭」の冷やし中華も食っておかねばならないだろう。
以前は美味しいとは思わないけどネタ的に食うという楽しみ方をしていたが、最近はなんだかまともになっている。
さて2018年は、どうか。

名代ラーメン亭 天神店

まずは今年もやってるね、と確認できて一安心。
店頭タペストリーの値段記載部分が修正されてるから値上げしたようだが、それでも安いね。

名代ラーメン亭 天神店

スイカだ、スイカがトッピングされてる。
昔の“なんだこれ冷やし中華にスイカって?!“って感慨が蘇った。
錦糸卵に加えて茹で玉子まで乗っているのは豪華に感じるね。

うん、なんか嬉しかった。

<初回投稿:2016年07月05日>
あー、なんか小洒落た店舗になっとる。
俺の思い出の中での「名代ラーメン亭 天神店」は、こうではなかった。
ぜんぜん飾りっ気がなかった。

かつて天神1丁目で会社勤めをしていた頃、昼メシにしばしば利用した。
近いし早いし安かったからだ。
それはもう10年以上も前のことで、今の「名代ラーメン亭 天神店」はそんなに安くなくなった。
そして店舗はキレイに改装されたってわけです。

名代ラーメン亭 天神店

つーか、場所もちょっと移動してるよね?
以前はもっとエスカレーターに近い位置だったと記憶している。

すっかり立ち寄る機会が激変した「名代ラーメン亭 天神店」なのであるが、ひと夏に一度は食べておきたいメニューがある。
冷やし中華。

ここでちょっと話が逸れるが、俺がひと夏に必ず一度は食べたい冷やし中華は「元祖赤のれん節ちゃんラーメン 野間店」のものだ。
“うまい!”という理由で食いたいものだ。

で、一方、「名代ラーメン亭」の冷やし中華はネタ的に食いたい。
あんまり美味しいと思っていないくせに、ひと夏に一度は食っておきたいという妙な立ち位置のものなのね。

なんかこう、あんまりちゃんとしてない冷やし中華なのよ。
麺はラーメンと同じもので、タレはトンコツスープに手を加えたものかなって感じで、そしてスイカが乗ってる。
スイカ……冷やし中華にスイカって合うか?
あと具材にキャベツも使われてたよな、ちゃんぽんからの流用かな。
そんな感じの、オーソドックスとかスタンダードって言葉を裸足で踏みつけるような独自性のある、そして新たな味の地平を切り拓くでもない“こういうもんでいいじゃろ?”ってな感じの冷やし中華なんだよなぁ。

そんなユニークな冷やし中華を求めて、この夏も「名代ラーメン亭」にやってまいりました。

名代ラーメン亭 天神店

おもむろに冷やし中華を注文すると、醤油ダレかゴマダレかと訊かれた。
へー、選べるんだ。
醤油ダレでお願いします。

待つことしばし……ここはラーメンは速攻で出てくるが手間の多い冷やし中華はそうはいかんね……そして現れた待望の冷やし中華は、なんかまともだった。

名代ラーメン亭 天神店

えっ、パイナップル!?
冷やし中華にパイナップル!?
と、上の画像をご覧になって驚愕した方もいるかもしれん。
しかし、俺の記憶の中の「名代ラーメン亭」の冷やし中華と比較すると、ずいぶんまともだ。
スイカに比べると、パイナップルはだいぶまともだ。

小洒落たのは店舗だけじゃなかったのか、冷やし中華もか。
スイカが乗ってるという奇異さは別としても、以前はもっと貧相なものだった。
それがどうだ、なかなかちゃんとした冷やし中華じゃないか。
もしかして……そう思って具材を退けて麺を見てみた。

名代ラーメン亭 天神店

ああ、ラーメンの麺と思われる麺だ。
そこは変わってなかったか、と妙に安心した。

食ってみたら、フツーにうまい。
普通にお値打ちな冷やし中華500円也だ。
なんかちょっと残念だが。

もうネタ的に「名代ラーメン亭」の冷やし中華を食うことはないのだな。
でもまぁ他の冷やし中華より安いしフツーに美味しいので、フツーにリピートするかもしれない。

【広告】Advertisement


↓「食べログ」での店舗情報

名代ラーメン亭 天神店ラーメン / 天神駅西鉄福岡駅(天神)天神南駅

関連記事

昔ながらの町の中華屋の冷やし中華という満足感「国際飯店」福岡市中央区長浜

とにかく冷やし中華を食ってばかりの2018年、夏。

あそこにはきっと冷やし中華があるに違いない、と「国際飯店」へ。
住所的に那の津かなって思ってたけど長浜になるのか。

国際飯店国際飯店

このなんとも味わい深い外観の店は、ずいぶん前から存在を認識して立ち寄りたいと思っていたがなかなか機会に恵まれずにいた。
ロケーションがね、普段の行動圏から外れてるんだよね。
もっとも近くのKBCシネマにはそこそこ行く機会があるんだが、映画を見終わった時間帯にはもう営業終了してるから利用できないでいたわけ。
休みの日に、冷やし中華のためにわざわざ行ってみた。

国際飯店国際飯店

外観に負けじと内装も味わい深い。
福岡市中央区にも、まだこういう古びた食堂が現存するというのが嬉しくもある、っつーか嬉しい。
先客があって、その行動を見て先にレジで注文をして席につくシステムなんだなと判った。
金色のヤカンに水が用意されていて、セルフで注ぐ……ぬるい。

国際飯店

冷やし中華はノスタルジックにしてオーソドックスな、これこそ町の中華屋の冷やし中華ってものだという満足感。
海老がチャームポイントで、錦糸卵じゃなく茹で玉子なのも良い感じに手抜き感。
期待通りの冷やし中華が食えた。

↓「食べログ」での店舗情報

国際飯店 長浜店中華料理 / 天神駅赤坂駅西鉄福岡駅(天神)

関連記事

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement