カレー屋さんはジオンだった「Curry House Spice」福岡市博多区上川端町

テレビ番組で紹介されてて美味しそうだったから、と連れられて行った冷泉公園近くの「Curry House Spice」。

Curry House Spice

店先に“カレー専門店”のノボリが出てるが、なんだか特徴のない喫茶店かなって外観。

Curry House SpiceCurry House Spice

入り口傍にすごく立体的にメニューサンプルがディスプレイされていて楽しい。
そのサンプルの造形に、妙に感心してワクワクが高まった。

店内に足を踏み入れて、まったく予期してなかった光景にビックリ。

Curry House Spice

ザクやん。
でっかいザクの頭やん。
いやそこは運転席じゃないよって箇所から兵隊フィギュアが身を乗り出して片手にはカレー。
ガノタ(ガンダムヲタク)はザクなどのモビルスーツの作品内設定にこだわりがちだが、自由な発想で面白いね。
そんなザクがカウンターに飾られていて、その大きさもあってインパクト大。

Curry House SpiceCurry House Spice

いやザクを見に来たんじゃない、カレーを食いに来たのだ。
テーブル席につくと、ソースポットに入ったコロッケ、の食品サンプル。
この店どんだけ食品サンプルが好きなんだろう(俺も見るのは好き)と思いつつメニューを拝見。
ハンバーグカレーがイチオシとのことで、それを注文。

Curry House Spice

注文を終え、ふと視線を上げると。
ザクやん。
でっかいザクの肩やん。
照明の傘がザクのショルダーアーマーになってんだな、これまた面白い。
なかなかの造形で鋳造の表現がいい感じで、もしかして金属かなと触ってみたらプラだった。

Curry House Spice

いやザクを見に来たんじゃない、カレーを食いに来たのだ。
卓上には漬物とスパイスが2種。
小さなスプーンで掬って手の甲に落として舐めてきると、黄色いほうはガラムマサラで赤いほうはチリペッパー主体と思われ刺すような辛さがあった。

カレーが提供された。
ターメリックで色付けされたゴハンが華やかな彩り。

Curry House SpiceCurry House Spice

こんもりしたハンバーグは、なかなかのボリューム。
カレーは丁寧に作られた穏やかな欧風カレーという味わい。
カレーもハンバーグも、真面目な洋食屋さんの仕事というように感じた。
美味しくいただいたし、腹も満ちた。

Curry House Spice

それにしても、店内いたるところ、ジオンである(ジオン……正確にはジオン公国……とはTVアニメ「機動戦士ガンダム」劇中に存在する仮想の国家である)。
ザクのショルダーアーマーは、そういう商品があるのかと思ったが、店主に訊くと“自分で作った”とのこと。
驚いた。
食品サンプルも含め、この店の店主は造形マニアなのか、と。

Curry House Spice

ザクばっかりじゃなくてガンダムも(こっそり)いるよ。

↓「食べログ」での店舗情報

スパイス喫茶店 / 中洲川端駅呉服町駅祇園駅

関連記事

ステンドグラス輝くレトロゴージャスな喫茶店「淀」大阪市淀川区十三東

いわゆる“純喫茶”というのを巡るのが好きになった。
情報源として「マーブルマーブル」さん、「わき道にそれて純喫茶2」さん、また『食べログ』でのramynotoraさんのレビューなど参考にさせてもらってます(感謝)。

十三に良さげな喫茶店あるかなと調べたら「淀」って店が素敵っぽいと思ったので行ってみた。

淀淀

直線的な印象のコンクリートな店構え、店先のメニューサンプルショーケース好き。
モーニングがあるのも嬉しいなぁ。
(ちょっと話は逸れるがモーニングといえば名古屋という風潮があると思うが俺は大阪のほうがモーニング文化が豊かだと思っている)

淀淀

店内は入口あたりはゴチャっとしているが視線を上げると豪奢で優美。
吹き抜けで煌めく輝きの滝。

そのシャンデリア(と呼んでいいのか自信ない)の近くに座ろうと思ったが、店の方がステンドグラスの見える席がオススメと中2階(になるのかな、この店はけっこう複雑な階層構造をしている)の席へ。

淀淀

うん、美しいステンドグラスだねぇ。

淀

外からだとあまり綺麗とは見えないのに、外光を透過するとこうも美しく魅せるのかというのがステンドグラスの醍醐味だろうなんて思っちゃうね。

淀淀

サンドウィッチのモーニング410円、安いよね。
実はサラダも付くのだが、あまり食欲がなくて辞退した。
コーヒーは普通に美味しかった。

喫茶店のモーニングを“安い”と感じる俺のベンチマークは、コーヒーにトーストと茹で玉子がついて390円。
トーストと茹で玉子より手のかかったサンドウィッチにサラダまで付いて410円というのは、すごく安い。

それはそうと、テーブルの天板がクリムトの「接吻」を思い起こさせる模様だなぁ。

淀

昭和な喫茶店では、店オリジナルの伝票も楽しみのひとつ。
こちらのは割と素っ気ないが、味わいがあるな。

↓「食べログ」での店舗情報

喫茶店 / 十三駅

関連記事

博多の名店「寿久」福岡市博多区博多駅中央街

<追記:2018年07月15日>
過去に撮った写真を整理してたら、2017年の10月28日にもゴマカンパチと豆腐の煮込み(玉子いり)を注文した記録があって笑った。
俺って、いつも同じもの注文してるのか。

寿久寿久


<初回投稿:2018年07月11日>
こと福岡市において、これぞ大衆酒場といえる店は「寿久」。

寿久

これほどまでに、まさに大衆酒場だな、という店を福岡市では他には知らない。
昔から、好きだ。
だけど、そんなに頻繁に通っているわけではない。
というのは、開店間もなくすぐに満席になって入れないことが珍しくないからなんだ。
近隣の勤め人、たぶん合同庁舎とかの職員が、この店の開店17時を少し過ぎたタイミングで押し寄せて席はすぐに埋まってしまうんだろう。
俺は住居も仕事先も博多駅近辺ではないから開店ダッシュで行くことはできなくて、それで満席で利用できないということを何度も経験した。
小上がりの席なら2階と3階にあるから、そちらなら開いてると案内されることもあるが、「寿久」は1階でこそ。
その1階は、いつも客で溢れている光景ばかりを今まで見てきた。

そんな「寿久」の1階が、ガラガラだった様子を、たぶん初めて見た。

寿久寿久

これはちょっと、なかなか見られない光景だ。
全部の席が空いている。

この日は、西日本に甚大な被害を及ぼした大雨の日だった。
俺は大阪出張に前乗りする予定で博多駅に向かったが、山陽新幹線が運転を見合わせて博多から出られない状況で、それはどうしようもないことだから諦めて酒を飲もうと思った。
そこで、こんな日はもしかして「寿久」もガラガラかもしれないなと寄ってみたときのこと。
見事なほどに、思惑通りガラガラだった。

寿久寿久

ゴマカンパチと酒、そして利用できるときはだいたい注文する豆腐の煮込み(玉子いり)。
いつもと違う「寿久」を楽しんでるうちに、徐々に客が入り始めた。
ずっとガラガラじゃなくて良かった。

俺は生活圏も行動権もこの辺りじゃないから、開店ダッシュで飛び込む機会はそうそうなくて、入れないことが多い。
でもそれでもいいや、この近くで働いてる人たちの安息の地であって、近隣の人たちに愛される酒場であればそれで良いと思ってる。
そして、たまに利用できるだけで、福岡で大衆酒場といえば「寿久」だと心の中で讃え続ける。

↓「食べログ」での店舗情報

大衆割烹 寿久居酒屋 / 博多駅祇園駅東比恵駅

関連記事

お洒落で穏やかな隠れ家って感じ「カルカロドン・カルカリィス」大阪市淀川区十三本町

この辺りはキャバクラとかラウンジとか多いなとか、おぉここが「第七藝術劇場」か、なんて思いながら十三本町をウロウロして一軒のバーを探す。

カルカロドン・カルカリィス

この界隈には不似合いな上品さを感じる佇まい、「カルカロドン・カルカリィス」。

カルカロドン・カルカリィス

こじんまりとしたバーだが、調度はどこかヨーロッパ風味で壁の色は重厚かつ華やかさもある。
クラシカルに額装されたワインのおすすめメニューが目を引くが、ウイスキーが安いのでオールドクロウを。

カルカロドン・カルカリィスカルカロドン・カルカリィス

チャージが付くが、チャームにフルーツが出されてチャージ料金を惜しいと思わない。

カルカロドン・カルカリィス

常連が多い様子だが、一見の俺も以後地の悪さは感じない。
常連の多くは女性という印象で、それは穏やかな印象のマスターの魅力なのかもしれない。

この店はロックなバー「ATTIC BAR」で紹介された。
マスターは以前「ATTIC BAR」のスタッフだったそうで、かつ店名がサメの学名だから、ワイルドなロック兄ちゃんの飲み屋ってのを想像したがまったく違った。
優しい感じの酒場だね。

カルカロドン・カルカリィスカルカロドン・カルカリィス

ジミヘンのポスターとカウンターに焼酎瓶が並ぶのがミスマッチな気がしたが、まぁ完璧にキメキメの世界観を作り上げたバーよりは、気楽な気もする。

知ってると友達に自慢できそうな、ちょっと良いバーだね。

↓「食べログ」での店舗情報

カルカロドン・カルカリィスバー / 十三駅

関連記事

ロックな姐さんのロックなバー「ATTIC BAR」大阪市淀川区十三本町

十三には何度か来たが駅の西のほうには行ったことないかもと、十三本町の方に向かおうと大きな交差点で信号待ちをしてたら気になる電飾と看板。

ATTIC BARATTIC BAR

アンティークな、というかアーリーアメリカンな意匠の、どうやら飲み屋らしい店の看板。
「ATTIC BAR」という店、惹かれるので寄ってみた。

ATTIC BAR

店は2階のようだと階段を上がったら、確かに店はあってドアを開けたが満席だ、と。
上にもあるからと案内され3階へ。
ウッディでアメリカンなバーで、ポンパドールがばっちりキマった女性店主が迎えてくれた。

ATTIC BARATTIC BAR

ウイスキーが安い。
バーボンを筆頭にカナディアンも用意されてるのがアメリカ寄りって感じか。

ATTIC BARATTIC BAR

ダッドをロックで。
チャージ500円なのだが、出されたチャームが美味しかったので納得の500円。
カウンター、テーブル席は何組かの常連さんが飲んでて、カウンター奥のモニターで流れるミュージックビデオを楽しんでいたのだが、そのビデオが中島らも。
おお、大阪だなぁと感激した。

ATTIC BARATTIC BAR

このライブ映像は以前に見たことがあるなと懐かしさと共に思い出し、かつ改めて観て圧倒された。
中島らもは、最高にロックだ。
詩集にもなってるブックレットも見せてもらい、しばし中島らも世界に浸る、バーボンを何杯もおかわりしつつ。

ATTIC BAR

この店が好きになって、数ヶ月後に再訪した。
そのときはストーンズ初期の映像を見せてもらった。
この店は音源も映像ソフトも膨大にあって、凄い。

ロック好きなら楽しめること必至の飲み屋だ。

【広告】Advertisement


↓「食べログ」での店舗情報

アティック バーバー / 十三駅

関連記事

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement