ブルータルな物量に打ちのめされたが気力で立ち向かった「軽食の店 ルビー 泊店」那覇市泊

いやいやいや、こんなに暴力的にボリュームあるメシなんて、と笑ってしまうほど。

軽食の店 ルビー 泊店

以前、「ピッツバーグ・フォーラム」に行ったとき通りすがって“ああ、ここが地元で人気のAランチの店か(ネットで得た知識)次の機会に寄りたいな”と思っていた「軽食の店 ルビー 泊店」。
機会が訪れたので行ってみた。

軽食の店 ルビー 泊店

昼メシどきには混むだろうからタイミングをズラそうと10時台に向かったが、続々とタクシーが駐車スペースへ。
なるほど地元の運転手さんに人気って感じか。

この店ではAからCまでのランチがあって、いちばん軽くて安いCランチを食ってみるつもりでいたが、前日に飲んだ「カラオケパブ ナハ」で居合わせたオジサン客から“Aを食べるべき!”とオススメされたしなとAランチにしてみた。

軽食の店 ルビー 泊店

まずスープが出てきたんだけど、このスープって沖縄ではしばしば遭遇するって気がする(まだ沖縄2回目だというのに既にそう感じている)。
そしてAランチが現れた。

軽食の店 ルビー 泊店

ああ……ちょっとこれは、やらかしたな。
なんて物量だ。
ウインナー、ポーク玉子、赤いプレスハム、ハンバーグ、とんかつ。

軽食の店 ルビー 泊店

とんかつが覆いかぶさって全容が見えてないが、ハンバーグは見えている部分の2倍弱の大きさがある。
それよりもとにかく、とんかつがデカい。

軽食の店 ルビー 泊店

食いものとタバコを一緒に写すのは好きじゃないんだけど、大きさの比較として撮ってみた。
とにかくアホみたいにデカい。
表面積はべらぼうにデカいのだが厚みはそんなにない、のだが、これを残さず食べるのは大変だった。
筋張って脂が多くコロモはザクザクで、猛々しい野生のとんかつという感じだった。

ナイフで切っては食い切っては食い、切ってはトンカツソースをかけて食い切っては醤油をかけて食い切ってはウスターソースをかけて食いという工程はなかなか終わりの見えてこないものだった。
早い段階から満腹感に苛まれた。
とんかつを切っては食いの合間にライスも食べ進めなければならないのは恨めしかった。
とんかつの脇にはマカロニサラダが添えられていて、これもまた満腹を助長するもので憎らしかった。
先に出てきていたスープでも胃の容量を無駄に占められてしまったと、思い返して憎らしかった。
心の拠り所は千切りキャベツだけだったが、それはすぐになくなった。

軽食の店 ルビー 泊店

美味しいとは思わなかったし、無駄に満腹になった。
この日はまだ何軒かの飲食店を巡る計画を立てていたが、もう無理だと感じた。
とか言いつつ、沖縄の“軽食”はウルトラヘビーだなと経験して、旅先で酔狂な楽しみをしたな、と感じた。
凶暴なボリュームを、なんとか気力で食べきったという達成感も得た。
無難にCランチにせずAランチを注文したことは、その点では良かった。
もっともCランチでも品数は減るようだが、とんかつの巨大さは同じみたいだね。

軽食の店 ルビー 泊店

ところで、お冷の替わりにセルフの冷たいお茶とアイスティーが用意されていて自由に飲めたんだけど、アイスティーが予期せず甘かったのでそれも満腹感を助長したな。
アイスティーが用意されてるのは沖縄の食堂では珍しくないみたいなんだけど、どこも甘いのかな。

↓「食べログ」での店舗情報

軽食の店 ルビー 泊店定食・食堂 / 美栄橋駅

関連記事

深夜にコンビニゴーヤーチャンプルー「ファミリーマート 前島二丁目店」那覇市前島

旅先でコンビニに立ち寄って、その土地ならではの商品ラインナップを眺めるのは楽しいね。
「ファミリーマート 前島二丁目店」で、沖縄らしい商品が並んでいるのを見て楽しんだ。

ファミリーマート 前島二丁目店ファミリーマート 前島二丁目店

ポーク玉子のおにぎらずは、まぁ“いかにも”って感じでそれほどでもないが、ジーマーミどうふなんてのがさりげなく売ってあると“ああ沖縄だぁ”ってテンション上がる。

せっかくだから何か買おう。
このとき既にだいぶ酔っていて満腹中枢が麻痺していて、そんなに腹は減ってないはずだがゴーヤーチャンプルー弁当なる商品にひどく惹かれてしまった。

ファミリーマート 前島二丁目店

沖縄で本場のゴーヤーチャンプルー食ったことないし、この機会に食べてみるか、とコンビニ商品なので“本場の”とは言えないだろうとも思いつつ買ってしまった。

ファミリーマート 前島二丁目店

ホテルに戻ってオリオンビールとともに美味しくいただきました。
もうぼちぼち27時になろうって時間帯に、なにやってんだ俺は……と思いつついただきました。
しかし、コンビニ商品だからなのか味が濃いなぁ、たぶんゴーヤーチャンプルーってこんなに濃い味じゃないと思うんだけどなぁ。
とはいえ旅先での楽しいひとときとなりました。

↓「食べログ」での店舗情報

ファミリーマート 前島二丁目店その他 / 美栄橋駅県庁前駅牧志駅

関連記事

なんだかオシャレだった印象「BAR SHELTER」那覇市前島

だいぶ飲んだがもう一軒くらい寄って軽く一杯飲んでカームダウンしてからホテルに戻ろうかな……と、やがて26時という時間帯に前島をウロウロしていた。

BAR SHELTERBAR SHELTER

なんだかオシャレっぽい看板が目に止まって「BAR SHELTER」という店に立ち寄ってみた。
外観も店内も白を基調として、スッキリとした印象でありつつ岩肌の意匠もあって穴蔵っぽくもある。

BAR SHELTER

泡盛を使ったカクテルを一杯いただいた。

もう深い時間帯だから、ほぼ常連客で占められていた感じ。
女性客が多めだったかな、なんかシュッとした感じの男性店主と談笑していた。

BAR SHELTER

俺のようなオッサンにはオシャレな店は似合わないので、一杯だけで撤収。

↓「食べログ」での店舗情報

シェルターバー / 美栄橋駅牧志駅県庁前駅

関連記事

酒と音楽と「Barよなき(ex-Barくらげ ~カレーライスにゃかなわない~)」那覇市前島

那覇で前島のビジネスホテルに泊まることに(安かったから)決めて、近場に良さげな飲み屋があるかネットで情報を漁った。
「Barくらげ ~カレーライスにゃかなわない~」というのが音楽好きのマスターがやってる店のようで、面白いかもと行ってみた。

Barよなき(ex-Barくらげ ~カレーライスにゃかなわない~)Barよなき(ex-Barくらげ ~カレーライスにゃかなわない~)

派手で情報量の多い看板から、バーなんだけどカレー推しなんだなということが判る……というか、まったくカレー屋さんみたいでバーだとは思わないくらいの勢い。

Barよなき(ex-Barくらげ ~カレーライスにゃかなわない~)Barよなき(ex-Barくらげ ~カレーライスにゃかなわない~)

クラゲをあしらったロゴの周囲に、たぶん店主が好きなのであろう音楽ジャンルが列記されてて、パンクやスカとあるのがパンク大好きオジサンとしては好感度高い。
そんなわけで2階への階段を上がりながらガーゼシャツに身を包んだパンキッシュな店主を想像しながら店へ。

Barよなき(ex-Barくらげ ~カレーライスにゃかなわない~)Barよなき(ex-Barくらげ ~カレーライスにゃかなわない~)

予想したより広々とした店内で、予想外に穏やかそうな若い店主が迎えてくれた。
カウンター席に着き、オリオンビールを注文。
たくさんの音源が並べられていて、カウンター奥は楽しげに雑然としている。

Barよなき(ex-Barくらげ ~カレーライスにゃかなわない~)Barよなき(ex-Barくらげ ~カレーライスにゃかなわない~)

カウンターに座って右手のフロアではライブイベントを行うようで、楽器やアンプが並んでいた。
逆側のフロアにはびっしりと音源が陳列されていて、もはやレコ屋のようだった。
これはもう、店主はだいぶ気合の入った音楽好きなんだなと感じたし、実際DJとして活動しているとのことだった。
そして男性が一人先客として飲んでたが、そちらもディープに音楽好きで俺と同世代のオッサンだから、テクノやパンクが勃興してきた時代をリアルタイムに知ってて、話が合った。
そんなわけで3人でいろいろ音楽の話をしていて、流れで現在この店は「Barくらげ」ではないんだと知った。
かつて「barくらげ」の客だった今の店主が店舗を引き継いで「barよなき」として営業しているんだって。
看板は、諸事情により以前のままなんだけどね。

Barよなき(ex-Barくらげ ~カレーライスにゃかなわない~)

「Barくらげ」の店主はパンクやスカが好きだったようだが、「Barよなき」の店主はワールドミュージックが好きだそうで、お気に入りの音源のジャケットを見せてもらったりしたが、ぜんぜん判らない。
ハングルだからポンチャクなのかと思ったが違うって。
ワールドミュージックってトーキング・ヘッズがアフリカのリズムを取り入れだした頃、またキング・サニー・アデの「アシェ」がリリースされた頃から注目され始めた記憶だが、今のシーンはぜんぜん判らないので、俺は時代に取り残されたロックオジサンなんだなぁと実感。

Barよなき(ex-Barくらげ ~カレーライスにゃかなわない~)

オリオンビールをもう1本、その次は泡盛のソーダ割りと、店に入ったのは24時を過ぎてたが、遅くまで気持ちよく飲ませてもらった。
この店、楽しかったなぁ。

↓「食べログ」での店舗情報

Barくらげバー / 美栄橋駅牧志駅県庁前駅

関連記事

ストリップ小屋の造作が残る飲み屋で楽しく飲んだ「カラオケパブナハ(ex-シアター那覇)」那覇市前島

アホみたいに安いLCCのチケットが買えたから那覇へ行った。
二度目の那覇、なんか面白い飲み屋はあるかと事前にネットで情報を漁ったら閉館したストリップ劇場が飲み屋として営業しているという、胡散臭くも楽しげなネタを拾った。
それが「シアター那覇」だ。

カラオケパブナハ(ex-シアター那覇)

いや、現在の屋号は「カラオケパブ ナハ」ということになるよな。
夜では外観がうまく撮れなかったから翌日に改めて撮ったのが下の画像。

カラオケパブナハ(ex-シアター那覇)カラオケパブナハ(ex-シアター那覇)

「シアター那覇」の看板は残っているが、営業時に灯ってなかったから、あくまで現在は「カラオケパブ ナハ」ってことだよね。

カラオケパブナハ(ex-シアター那覇)

入り口のドアは良い感じにチープかつ怪しさが漂いつつも、システムが明快に書いてあるので安心もできるね。
スナック的な店として考えると、けっこうリーズナブルな料金体系なんじゃなかろうか。
さて、お楽しみは店内の様子だ。

カラオケパブナハ(ex-シアター那覇)

ステージが、そのまんまだ。
ストリップ劇場だ。
楽しいな。

カラオケパブナハ(ex-シアター那覇)

ネットで情報を集めると、どうやら2016年までストリップ劇場として営業してたようだ。
飲み屋になった今もステージや照明機材などを活かしてカラオケパブとなっていて、希望すればステージでスポットを浴びて歌えるそうだ。
ただ、ステージの“デベソ”は撤去されていて、ちょっと残念だったな。

カラオケパブナハ(ex-シアター那覇)

せっかく沖縄に来ているからオリオンビール。
店内の片隅に冷蔵ショーケースがあって、そこから取り出したのを缶のまま。
そういう大雑把な感じは好きだ。

この夜はママさん(美熟女)と女の子が一人、先客にオジサンは一人。
ママさん(豊乳)に相手をしてもらいつつ、オジサンとも談笑して過ごした。
店内は狭く、たぶんストリップ小屋としてもかなり小さい部類だろう……ぎゅうぎゅう詰めでも20人も入らなかったんじゃないかな客は。
そういう狭さだからパブとしても手狭でデベソも撤去したんだろうし、ママさんはステージの撤去も考えていると言うが、いやそれは止めたほうがいんじゃないかなと
だってねぇ、元ストリップ小屋で飲むっていうシュールさもある非日常感が楽しいんじゃない……ってのは再訪はないかもしれない無責任な観光客の勝手な言い草だよね。

カラオケパブナハ(ex-シアター那覇)

スナック菓子と手作りであろうポテトサラダが出て、これがチャージ500円相当だな。
後から黒糖コーティングの生姜味豆菓子も出してくれて、おいしかったな。
ママさんは明朗でサバサバした楽しい美熟女で、女の子はおっとりほんわかして、先客のオジサンも快活で常識的な酒飲みだったので楽しく飲めた。
オリオンを何缶か飲んで、会計2000円、安いじゃん。

この店は、再訪したいなと思う魅力を感じたなー。

「カラオケパブナハ(ex-シアター那覇)」沖縄県那覇市前島3-8-13

関連記事

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement