吉塚で同じ屋号の店を利用したけど系列なのかな「信濃庵 赤坂門店」福岡市中央区大名

仕事場の近くに「信濃庵」という蕎麦屋がある。
これがなんと「ゆで太郎 赤坂門店」の隣にあるんだよね、いや「ゆで太郎」が後からできたんだけどね。

信濃庵 赤坂門店

同じような業態で安い店と安くはない店が並んでいれば、安いほうばかり利用するケチな俺だが、たまには安くはないほうでメシ食ってみようと思った。
ところで吉塚で「信濃庵」という店を利用したことがるが系列なんだろうか、とか考えつつ店内へ。

昼メシどきで盛況で、フロアスタッフが相席上等で客をバンバン招き入れるのは吉塚もそうだったから系列かな。
俺も、オジサン2人組のテーブルにお邪魔して相席。
混み合う時間帯でも堂々と灰皿が置いてあるのは昭和の食堂の風情で、好きだ。

信濃庵 赤坂門店信濃庵 赤坂門店

品書きを見ると、そんなにいろいろあるって感じじゃないな。
吉塚の同じ屋号の店では焼きそば、皿うどんなんかあったけど、こちらでは見当たらず。

信濃庵 赤坂門店

メニューには英語の解説文が添えてありグローバリズムを感じるが、オーダーし易い呼称としてだろうか“冷そゴ”とか“うゴ”とか暗号っぽいものも書き添えてあって面白いなぁ。
ミニかつ丼セット900円也を注文したのだが、それは“ミかセ”だったのかなぁ確認しとかなかったのを後悔。

信濃庵 赤坂門店信濃庵 赤坂門店

そんでまぁ、蕎麦はフツーに良かったけど、かつ丼はイマイチだった記憶だな。
見て判るように玉子への火の入り方が、これはどうなのよって感じで。
「ゆで太郎」の日替わり500円セットのカツ丼なら気にしないが、セット900円だとガッカリってレベルね。
こういうことがあると、やっぱ安いほうでいいやって思っちゃうのね。

↓「食べログ」での店舗情報

信濃庵 赤坂門店そば(蕎麦) / 赤坂駅天神駅西鉄福岡駅(天神)

関連記事

ステーキカレーのビジュアルの強さに抗えず「AFTER THE RAIN」福岡市中央区今泉

とにかくこのポスターのビジュアルに吸い寄せられた。

AFTER THE RAIN

元祖博多ステーキカレー、580円。
カレーライスにドカっと肉が乗ったスパルタンなルックス、そしてキャベツと茹で玉子の黄身の彩り。
惹かれる内容で、それが580円という安さ(税別だが)、これはもう食べてみねばなるまいと思わせる魅力がある。
ステーキって牛じゃなくて豚じゃんか、と思う向きもあるのかもしれないが俺は豚肉が大好きなので問題ない。

AFTER THE RAIN

それを提供しているのは国体道路沿いに昔からある「AFTER THE RAIN」という店で、バーとして認識していたが昼にランチをやってたんだなぁ。

AFTER THE RAINAFTER THE RAIN

うん、バーだよねという内装だね、バックバーには酒が並んでいるし。
カウンター席について元祖博多ステーキカレーを注文すると、ではキャベツとタマゴをどうぞと案内された。

AFTER THE RAINAFTER THE RAIN

キャベツとタマゴはセルフで盛り放題なんだね。
ポスターのビジュアルではカレーに盛り付けてあったが違うんだなぁ、それにしてもタマゴが大量に用意されてるな。
ご自由にって感じだが、小心者なのでちんまり盛った。
タマゴが、ころん。
このタマゴ……どうすればいいんだ丸ごと食うのかと少し狼狽えた。

AFTER THE RAINAFTER THE RAIN

あ、席にタマゴスライスマシーンが用意されてたわ。
メタリックにスタイリッシュなスライスマシーンで、欲しくなった。
キャベツにドレッシングを、スライスしたタマゴに塩をかけていただきました。

AFTER THE RAIN

ほどなくしてカレーが来たよ。
豚肉のステーキ、いわゆるトンテキが乗っかって、その焦げ目とか焼けた香りが食欲を刺激する。
さてここで、またキャベツとタマゴを取ってきてカレーの皿に盛り付けても良かったんだろうけど、ものぐさなのでそのまま食いました。
そんで、食ったら普通に美味しかったです。
安かったし豚肉とキャベツとタマゴが食べられたので良かったと思います。

↓「食べログ」での店舗情報

AFTER THE RAINダイニングバー / 西鉄福岡駅(天神)天神南駅薬院大通駅

関連記事

一見して黄色いが実は表情豊かなカレーと感じた「スリランカふくおか」福岡市中央区大名

大阪でスパイスカレーに目覚めてから、カレーを意識するようになった。
日常的に外食でカレーを食おうと思うことはほとんどなかったが、最近は意識的に食べてみようと思ってる。

大名の「スリランカふくおか」へランチタイムに。

スリランカふくおかスリランカふくおか

この店ってスリランカ政府公認とかだっけ、昔からあるんだっけ、スリランカのカレーってどんなんだっけ。
いろいろとおぼつかないまま、メニューの写真を眺めて美味しそうだなと思いつつ階段を上がって2階の店舗へ。

スリランカふくおか

あー、なんか本格的っぽい気がする、現地の言葉が飛びかってる。
いや、それがスリランカの言語だと判断できるほどスリランカについて知らないんだが、きっとスリランカ人がスリランカ語で喋ってるんだろうと思うしかない(これを書きながら調べたらスリランカってシンハラ語とタミル語と英語とって複数の言語を民族ごとに使ってるんだな)。

スリランカふくおかスリランカふくおか

まぁとにかく、エスニックな気分になった(知能が低いなぁ俺って)。
たぶんスタッフはスリランカの人たちなんだろうけど日本語が堪能で、店内奥のテーブルかカウンターへどうぞと日本語で案内してくれた。

スリランカふくおか

奥のスペースはアジアンリゾート的空間でオサレだったし男女比率的にいえば女子が圧倒的に多かったので、オッサンである俺はカウンターに席を。
注文をとメニューを見ていたらドライカリーがよく出るとスタッフが推すので、というより店先に掲示してあるメニューでもドライカリーが美味しそうだったし、それを注文。

スリランカふくおか

オーダーが通ると、まずサラダが出ました、けっこうなボリューム。

スリランカふくおかスリランカふくおか

カレーが出てきました。
全体的なファーストルックは、色相として黄色い。
それがスリランカカレーというものだ、と判断できるほど俺にはスリランカカレーを食った蓄積がないので、素直に“色相的に黄色”と思いました。

それで、食ってみると、見た目の色相は単一に見えるのだが感じる味または食感は、様々だなと感じた。
辛い、甘い、コク、ナッツだかの食感、クミンの主張、スプーンで突き崩せるホロホロの鶏肉、ゴロっとしたジャガイモ、などなど相まって楽しく食えた。

スリランカふくおかスリランカふくおか

デザートにシャーベット、そしてホットとアイスを選べる紅茶。
ランチ価格890円。
コーヒーでなく紅茶なのは、スリランカは以前はセイロンと呼ばれていた紅茶の茶葉の世界的産地だからだね。

スタッフ同士は現地の言葉でコミュニケーションしていて、店に入ってすぐは正直なところアウェイ感を少し感じたが、その印象はすぐに覆ってホスピタリティを感じた。

いいじゃん、と思った。

↓「食べログ」での店舗情報

スリランカふくおかスリランカ料理 / 赤坂駅天神駅西鉄福岡駅(天神)

関連記事

日本酒が好きならきっと楽しめるとオススメしたい「酒場のシャトル」福岡市中央区大名

ヴァレンタインの夜、女の子から電話があった。
どこかで飲みたいとのこと、さて何処へ行ったものかと考えて、以前から利用してみたいと思っていた大名の「酒場のシャトル」へ行ってみた。
なにしろヴァレンタインだから、そこそこオサレな店はどこもカップルで埋まってそうと予想されて、女の子を連れて飲みにというシチュエーションには選ばれにくい気がしてのセレクトだ。
幸いにも電話をくれた女の子は酒好きでオヤジ酒場も平気だから、行き先を告げるとあっさり同意をくれた。
(ここまでほぼヴァレンタインの夜に女の子から電話があって飲みに行ったということしか言ってない本筋とは関係の薄い俺ってモテるじゃんアピールである)

酒場のシャトル

看板のクジラ(?)の絵がカワイイので女子に人気が出ても良さそうだと思うが、ビニールシート張りの店先は女子を惹きつけるファクターではないんだろうなとも思う。
その店先は立ち飲みエリアになっているのだが、女の子を伴っているので立って飲むのもアレだなと奥へ。

酒場のシャトル酒場のシャトル

奥は座れるんだが、予想外に殺風景だった。
内装なんて気にしない、って経営方針なのだろうかと思うほど。
客は、男のグループ客だらけだった記憶。

酒場のシャトル

内装はどうあれ、日本酒は豊富に揃っている。
銘柄ごとにコメントが添えてあって、どれを飲むか選ぶのに便利。
画像がボケボケで恐縮。

酒場のシャトル酒場のシャトル

そんでまぁ、どれを飲もうか吟味して選んでも良かったんだけど、店員さんが飲み比べセット的なものを推してきた。
上の画像の店員さんだ。
飲み比べね、それもいいんだろうけど、あらかじめセットに決められた酒しか飲めないんでしょと訊くと、いいえどれでも選んで飲み比べできますとの返答。
ほう、それはいいね。

酒場のシャトル酒場のシャトル

そんな感じの経緯で、店員さんに好みを伝えて、純米度が高いのと、辛口をなにか、それと店員さんのオススメでよろしくと3種の飲み比べセットをフィックスしてもらった。
それを2人でそれぞれ頼んで、店員さんのオススメ山口の東洋美人は2人ともに注がれたから計5本の日本酒が並んで楽しい絵面だ。

この店員さんを、すっかり気に入った。
すごく酒に情熱のある人だな店長さんかなと思ったが、一店員ですとのこと。
名前を聞いたが、さすがにネットでは公開しないが、たぶん店に行って“日本酒を飲みたい”と言えば来てくれると思うよ、この店員さんが。

飲み比べで気に入ったのを追加で飲んだり、まったく違う日本酒も飲んだり、だいぶいっぱい飲んだ。
合間にビールも飲んだ。

酒場のシャトル酒場のシャトル

酒のアテも良かった。
素材も調理も良いなぁと思ったよ。

酒場のシャトル酒場のシャトル

写真を撮ってるのは海鮮系ばっかだが、この店の名物となってる湯豆腐とか、イノシシ焼いたのとか、いろいろ食って美味しかったね。
なんかいろいろ注文して食い切れるのかと不安になったが、女の子がすべて美味しくいただきました。
食欲の旺盛な女の子は、良い。

楽しく飲めたので、また立ち寄りたいと思ったよ。
ヴァレンタインの夜に女の子から電話があって、じゃなくても日本酒を楽しんで飲める店だと感じたな。
(とにかく最後までヴァレンタインの夜に女の子から電話があって飲んだとアピールすることに終始した)

↓「食べログ」での店舗情報

酒場のシャトル居酒屋 / 天神駅西鉄福岡駅(天神)赤坂駅

関連記事

敷居が高いバーだと勝手に思っていたが違ったよ「ケーブルカー」福岡市中央区大名

ずいぶん昔から存在を認識してるから、渋い初老のマスターが独りでやってる老舗オーセンティックバーという印象を持ったまま、長いこと敷居の高さを勝手に感じてしまっていた「ケーブルカー」。

ケーブルカー

沖縄に日帰りで行って帰ってきて、その足で立ち寄ってみた。
帰宅する前に、沖縄テンションからのチルアウトのために、背筋をのばしてカクテルなど一杯いただこうと思って。

いや、全然。
まったく敷居の高さとかそういうの、ないね。
若いバーテンダー2人で、とてもウェルカムな接客……かつ、キチンとした振る舞いで迎えてくれた。

ケーブルカーケーブルカー

まずは喉を潤すためにビール、バスペールエールを。
バーで一杯目にビールってのはちょっと……俺が若い頃はそんな風潮があったので、いきなりビールで失礼といった旨を伝えたのだが、むしろそんなことを言うものオジサンだってことなんだろうなぁ。
グラスを持ち上げてビールを飲むと、コースターがかわいいなと気づいた。

ケーブルカーケーブルカー

目の前にアードベックTENを推してますよとの案内が目に入り、それに「ハーフペニーグループ」と書いてあった。
ここって、市内にブリティッシュなパブを展開してるグループの店舗だったのか、まったく知らなかったよ。
ここだけブリティッシュじゃなくてアメリカンなんですよ、とバーテンダーが教えてくれた。
サンフランシスコのケーブルカーがモチーフだとのこと。
それはそうと推しのアードベックTENを、オススメのハイボールで一杯もらった。
炭酸で割ったらスモーキさが飛んじゃうかなと思ったが、そんなことはなく美味しかったな。

ケーブルカーケーブルカー

そこまで混んではなかったので、ちょっとウロチョロしたいとお願いして店内を徘徊。
古い調度品というか雑貨がたくさん飾ってある。

ケーブルカーケーブルカー

ラベルが貼ってあるのが時を経て古ぼけているのも良い味わい。

ケーブルカーケーブルカー

ポスターや、今ではあまり見かけない何かのカタチをしたボトルも面白い(ボトルと言ってもいいのかな)。
昔は反戦とか自由の女神とかマリリン・モンローのカタチをした陶器のボトルをよく見かけてたよなぁ。

ケーブルカーケーブルカー

オールドな祖父のスタチュー、かっこいいな。
そして店内奥にはズラリとミニチュアボトルのコレクション、壮観。
ミニチュアボトルというのは昔、いくつかのウイスキーメーカーが作ってる程度だと思ってたんだけど、ホワイトスピリッツやリキュールのミニチュアボトルってのもあったんだねぇ。
相当な数があって、これは必見と言いたいな。

ケーブルカー

一通り徘徊して席に戻り、なにか変わったウイスキーをとバーテンダーにリクエスト。
「燻酒」というシングルモルトを出してくれた。
これは、日本人に合うモルトをというコンセプトで、日本の業者がアイラのモルトを買い付けてボトリングしたものだそうで、確かに珍しいね。
度数は50度あって、ハイボールにしてもキリっとスモーキー。

これはいろいろ珍しいボトルがあるのかもと思い、バーテンダーに大阪の「King of KIngs」の話をしてみた。
あっさり出てきたよ、King of KIngs(マンローズ・キング・オブ・キングス)。

ケーブルカー

大阪では飲めなかったが、ここ福岡で飲めるとは嬉しい。
ストレートで一杯もらった。

ケーブルカーケーブルカー

芳醇で、というかすごく甘くて、なんかもうブランデーみたいだなと感じた。
正直、好みではなかったが、飲めて嬉しい。
これはオールドボトルってことで高いかなと値段を確認したが、1杯1,800円。

ケーブルカー

最後の締めに、そもそも俺はチルアウトするために寄ったんだと思い出し、クセのないブレンデッドのホワイトホースを一杯。

良いバーだね。
カジュアルに使える空気だし、掘ればいろいろある。
また利用したいなと思ったよ。

↓「食べログ」での店舗情報

Bar CABLE CARバー / 赤坂駅天神駅西鉄福岡駅(天神)

関連記事

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement