絢爛たるスパイスの競演の饗宴などと大袈裟に言いたいほどの素晴らしいカレー「旧ヤム鐵道」大阪市北区梅田

大阪在住の友人が高く評価するカレーの店があって、気になっていた。
最近、昭和の面影を残しながら可愛い商店街として人気らしい空堀商店街にある、「旧ヤム亭」という店だ。
その店を評価している友人と上本町で飲んで、せっかくだから空堀まで足を延ばしたいと夜の商店街を歩いてみた。
無計画に行ったので、目当ての「旧ヤム亭」は閉店時刻が近づきつつあり、立ち寄るのは止めておいた。

九州在住の俺は知らなかったが、大阪独自のムーブメントとして“スパイスカレー”が盛り上がりを見せているらしい。
その先駆となったのが南船場にあった「ヤムカレー」で、そこが閉店して谷町六丁目で復活したのが「旧ヤム亭」ということになるそうだ。
そして今や大人気で、大阪に2店舗、東京の下北沢にも1店舗と展開している。

大阪に行っての二日目に梅田にいたのだが、昨夜「旧ヤム亭」に行き損ねた記憶が消えぬままで、谷町線でカレー食いに行こうかなぁと考えてみたりした。
が、あいにくランチ後のアイドルタイムで「旧ヤム亭」は開いていない時間帯だった……が、近くにも店舗があると思い出した。
大阪駅の商業施設ルクアの地下に「旧ヤム鐵道」があり、夜まで通し営業なのだ。

旧ヤム鐵道

大阪以外では馴染みのない店名だと思うので“キュウヤムテツドウ”と読みを記載しておくね、俺も初めは“えっ、なんて読むの?”って思っちゃったから。

それにしても、この店舗が入居しているルクアB2F『バルチカ』というのは多くの飲食店が軒を連ねるフロアなのだが、どこもなかなかの行列ができている。
目的の店にも行列があり、並ぶの嫌いだから諦めようかとも思ったが、昨夜やっぱり「旧ヤム亭」行っときゃよかったという後悔やら店に辿り着くまでにルクアって何だよ大阪駅の中にあるのか外にあるのか大丸梅田の別棟にそういう名称がついているのか大丸とはまったく関係がないのかルクアとルクアイーレは違うものなのか等々けっこう迷って辿り着いた苦労を徒労に終わらせたくないし二日酔いなんだけどカレー食ったらシャキっとするかもなぁ、とかって複数のファクターが重なり合って自分の背中を押すので頑張って並びました。

旧ヤム鐵道

並ぶ間、店頭に掲示された“今月のカレー”の案内や“カレーの楽しみ方”というガイダンスを眺めていた。
この店では月替わりで4種のカレーがあって、そこから2種を選んで“あいがけ”で楽しむのが推奨されていると把握できた(“トリプル”と“オールがけ”というオプションもあり)。
このときの“今月のカレー”は以下の通り。
 A:柚子味噌がけ ネギ塩牛豚キーマ
 B:春菊と白いんげんのピメン豚(トン)キーマ シャキッとポテトのブラバス和え
 C:金柑菜の花サラダと食べる 花椒ほんのり薬膳鶏キーマ
 D:ジャンさん式! カリフラワーと金時人参の野菜カレー

どういう注文にしようか心が決まった頃に、席に着くことができた。

旧ヤム鐵道

AとBの“あいがけ”にした。
AもBもキーマじゃないか、とツッコミを受けそうではあるが、CとDは恥ずかしながら俺には味が想像できなさ過ぎて敬遠してしまったんだ。

旧ヤム鐵道

こちら、柚子味噌がけ ネギ塩牛豚キーマ。
そこまで柚子は主張せず、穏やかに和風なテイストが加味されて。

旧ヤム鐵道

こちら、春菊と白いんげんのピメン豚(トン)キーマ シャキッとポテトのブラバス和え。
ブラバスはそう辛くなく、ポテトの食感とあいまって良いアクセントかつ箸休め的なポジション。

それぞれをスプーンで、カレーだけすくって食べてみる。
どちらもスパイスの競合と調和が奥行きを感じさせる味わいで、どちらもキーマなのに違う美味しさがある。
そしてそれぞれのカレーとターメリックライスをあわせて食って、さらにカレーとカレーとライスをと食べ進めていくと、もうどんどん奥へ深みへと深淵へと複雑に重奏的な味を楽しむのが止まらなくなってしまう、という感じなんだ。
そしてライスの頂きに添えられたピクルスの酸味とチャツネ(なのかなぁ?)的なものの甘みで、フッと平常心に一瞬戻ったりするが、すぐさま逆にこの酸味と甘みとカレーとカレーを一緒に食ったらどれだけ味は縦横に複雑な彩りとなるのだろうかと食べ進めるのを止められなくなる、のだ。

さらに駄目押し的に、ヤムカレー。

旧ヤム鐵道

この小さなソースポットの、スープカレーのようにサラっとしたものがヤムカレーと呼ばれ、どういう組み合わせでカレーを注文しても付いてくる。
これ自体は(たぶん)クミン(とフェネルかな)の香りが鮮烈で、漢方っぽいほろ苦さも少し感じるもので、これを加えることで皿の上は、またひとつ次元を超えるようなスパイスの饗宴となるのだ……いかん書いててどんどん妙なテンションになってキモい文章になってる……というくらい、今になって思い出しても感性に影響をきたすほど魅了されたのだと判っていただきたい。

すっかり、魅了された。

ところで。
なんで屋号に“鐵道”とあるんだろう(旧字体なのはともかく)、大阪駅にあるからかな、とか思ってたが店作りのコンセプトが鉄道モチーフなのね。
後になって店を思い起こして画像検索して気づいたが、車窓を模した小窓があったり壁に作りつけられた金属製の棚に旅行鞄が置いてあったり、あとあからさまに信号機が飾られてたりしたんだねぇ……まったく気づかなかったよ。
なにしろ混んでいて窮屈でもあり、周りは女性やカップルだらけで、独りオッサンが周囲をキョロキョロしてたらキモがられると思って店内を観察してなかったし、カレーに夢中だったし。
だが、フロアのスタッフはクラシカルでダークな色調のメイド服で、みんな可愛かったのは見ていた。
それは、食堂車の女給さんということだったんだな。

これで、スパイスカレーというものに目覚めてしまった。
ぜひ「旧ヤム亭」に行きたいと思うし、機会を作って中之島の「旧ヤム邸 中之島洋館」も行きたいし、なんなら下北沢の「旧ヤム邸 シモキタ荘」にも行ってみたい。
別の系統のスパイスカレーが谷町辺りに集まってるようだし、生野にも惹かれる店があると知った。
大阪では、飲み屋だけじゃなくスパイスカレーも巡りたいと思うようになった。

↓「食べログ」での店舗情報

旧ヤム鐵道カレーライス / 大阪駅梅田駅(大阪市営)梅田駅(阪神)

関連記事

喧騒から逃れられる憩いの昭和テイスト喫茶店「スター」大阪市浪速区恵美須東

仕事で大阪に飛んで、すぐに仕事は終わったのでさっさと帰っても良かったが、宿泊した。
仕事はもう終わっているから宿泊の必要はなかったわけだが、せっかくの大阪なんだから飲み歩きたいよね、と。
そうして何軒かで飲んだ翌日の大阪二日目、目が覚めたら二日酔いだった。

朝から飲める店に事欠かない大阪だから、早起きして飲み歩くぞなんて前日には思っていたが予定変更。
まずは、コーヒー飲みたい。
二日酔いだからというだけの理由でもなく、いつも起きたらまずコーヒーを淹れるのが俺の日常なのよ。
旅先では淹れることはできないので、飲みに行くことになる。

スター

新世界に行ってみたら、魅力的な外観の喫茶店があった。
古めかしい昭和の面影が素敵な「スター」という店。

コーヒーなら全国チェーンのカフェでも飲めるわけだが、せっかくの大阪だ。
大阪は喫茶店文化が豊かな街だと俺は思っている。
泊まっていたのは新今宮だったので、歩いてすぐの新世界にはきっと個人経営の趣深い喫茶店があると期待して、それは叶ったわけだ。

スター

店先にメニューのサンプル、これ見るの好きなのよね。
なかなか食事メニューが豊富だなぁと思ったが、そんなに食欲はない(二日酔い)。

スタースター

コーヒー350円って安いね。
食べものはそう安くは……というかスパゲティは割と安いがフライ系定食はそこそこするな。
おっ、モーニングが12時までって太っ腹だな。

スタースター

コーヒーは浅いね、昭和の時代はこうだったってコーヒー。
ミックスサンドも注文していて、焼きたてほんわり玉子が挟まってるのが大阪のサンドウィッチって感じ。

スター

この店は、混んでなくて良いなぁ。
客は地元のオッチャンしかいない。
安心の全席喫煙可なのも良い。

スター

新世界は、もはや観光客だらけ(まぁ俺も余所者だが)、近年は大陸や半島からの観光客も目立ち、通りは賑やかに混雑して騒がしい。
そんなエリアにあって、ここは観光客は見向きもしなくて静かに過ごせるという安堵感がある。
観光客が押し寄せたほうが経営的にはいいのかもしれないが、勝手を言えば今のままいて欲しいなぁ。

↓「食べログ」での店舗情報

喫茶スター喫茶店 / 新今宮駅前駅動物園前駅新今宮駅

関連記事

矍鑠たる昭和スナックの風格すら感じつつも和める明朗会計の店「年金バー さかえ」福岡市中央区今泉

福岡県大牟田市には“年金通り”という飲み屋街があり、そこそこ馴染みがある。
福岡市中央区で“年金バー”と看板に掲げてある店を通りすがりに見かけて、すごくソソられた。

年金バー さかえ

西鉄福岡駅高架下ビックカメラの西側の路地に、リミックス天神(昔は新天神ビルという呼称だった)という飲食店雑居ビルがある。
けっこう若い世代の店、サブカル風味の飲み屋なんかが入居している傾向のビルだが、そこに古めかしくも風格のある看板を出している店こそ「年金バー さかえ」だ。

知らない飲み屋、事前情報のない店にも割とフラっと入れてしまう俺だが、ここはちょっと勇気が要った。
外観から得られる情報〜どういう店か・料金はどうか・なにが飲めるのか……〜が乏しく、ドアを開く以上はどんな店であろうと飲むという決意をするのに熱量が要った。
そんなの杞憂だったんだけどね。

年金バー さかえ

こういうの“おばあちゃん家(ち)みたいな店”って表現するんだろうね、という内装。
こぢんまりとカウンターの奥でママさんが、見知らぬ一見客である俺を快く迎えてくれた。
たぶん常連さん以外の来店は稀な気がするから、ちょっとは“あら、何者?”って思ったかもねママさん。

年金バー さかえ

まずはビールをお願いした。
キリンラガー瓶があって嬉しい。

年金バー さかえ

ほどなくしてチャームが出ましたよ。

年金バー さかえ

チャームが増えていきますよ。

はいこれどうぞ、これも食べてね、どんどん飲んでね、という感じでシステム的には飲み放題3,000円時間制限ナシとのこと。
これは、この歓待にお応えするには腰を据えて飲まねばなるまいと肝を据えた。

飲み放題制でチャームがどんどん出てきて、というところから推測できるだろうか、この店はカテゴライズするならスナックということになる。
俺ごときは若輩に映るであろう(つまりそういう年齢である)ママさんが一人で店を切り盛りしており、若い女の子従業員はいない。
カラオケ装置があって、なんならミニステージもあるのだが、歌うよう促されないので気持ちよく飲める。

ママさんに相手してもらいつつ飲んでいて、カウンターの奥の棚に飾ってある色紙が気になって誰のサインか訊くと、吉田羊のものだと。
おお、吉田羊、酒好きアピールしてるので好感度高い。
そして隣の色紙は、スナック好きで知られる玉袋筋太郎のものなのね。

年金バー さかえ

なんでその二人の色紙があるかというと、番組のロケに来たからだと。
そのときの写真と、録画された番組を見せていただいた。

年金バー さかえ年金バー さかえ

そんなこんなで楽しいひとときを過ごせた。
飲んだり食ったり、お話をしたり、そうする間にもチャームは増えていった。

年金バー さかえ

とてもチャームは食い尽くせず、最終的にお菓子を包んでもらって持ち帰った。
最近ちょっと見ない感じの、懐かしい菓子。

なかなかディープにほっこりした。

↓「食べログ」での店舗情報

年金バー さかえバー・お酒(その他) / 西鉄福岡駅(天神)天神南駅天神駅

関連記事

夏のカオマンガイ納めとなったが来シーズンにまたぜひ「博多カオマンガイ 万国屋」福岡市中央区大名

2017年08月下旬は集中的にカオマンガイを食っていた。
大名の「ガムランディー」「ラーンガンエーン」、西新の「アイヤラー」と、GoogleMapsでカオマンガイが食える店を探して、短期間に3軒で食った。

なんでそんなに集中して食ったかというと、それ以前にカオマンガイというものを食ったことがなかったから、“カオマンガイとはこういう食べものだ”というベンチマークを自分の中に形成したかったからだ。
ただ1軒で1度だけ食ってみだけという体験では、ベンチマークたりえない。
それにしても3軒で食えばもうだいたいカオマンガイがどういうものか把握できたと言って良いだろって気分だが、ダメ押し的にもう1軒「博多カオマンガイ 万国屋」へ。

博多カオマンガイ 万国屋

この大名紺屋町通り裏手の小さな路地にある小さな店は、最後に行こうと思っていた、という側面もあるが営業は平日のみで夜にはやってないし平日の昼間に行っても臨時休業しててフラれたなど利用するのが容易でなかった面もあってカオマンガイ巡りの大トリとなった。

博多カオマンガイ 万国屋博多カオマンガイ 万国屋

だいぶ店舗の外まで看板などを出してあるが、店舗そのものは軽く驚くほどに小さい。
店先にも小さな席が用意されてるが、店内には確か4席ほどしかなかったんじゃないかな、カウンターに2席と2人掛けテーブルひとつって感じだったな。
この日は幸い、カウンターが空いていた。

博多カオマンガイ 万国屋

モニターやタブレットでタイのテレビ番組っぽいもの、CMとかが流れていて、注文した料理が提供されるまで眺めていたが、面白い。

博多カオマンガイ 万国屋博多カオマンガイ 万国屋

カオマンガイは美しく盛り付けられていた。
ソースが2種添えられて、別に2種の唐辛子も。
この唐辛子が辛くって、これはヤバいと感じながらも、もうちょっとだけと欲してしまう魔の魅力があった。
茹でられた鶏、そのスープで炊かれたジャスミンライス、どちらもたっぷり満腹になるボリュームがあった。

博多カオマンガイ 万国屋

ところで、今はこの店、営業してないんだよ。
ブログの更新が滞ってたせいで恐縮なんだが、ようやく掲載したこの冬の時期は、やっていない。
だいたい11月まで営業して、冬になると長野県の白馬村での営業という、シーズンで場所を移して活動してる。
たぶんゴールデンウィークを過ぎた頃に、また大名に戻ってくると思うよ。
そしたら、また行きたいな。

この店には、茹でた鶏のカオマンガイの他に、揚げた鶏のカオマンガイ・トートというメニューもあるんだよ。
次回は、それを食べてみたい。

博多カオマンガイ 万国屋

そんなこんなで、これが短期集中カオマンガイ巡りの締めとなった。
満足した。
カオマンガイ、うまい。

↓「食べログ」での店舗情報

万国屋タイ料理 / 赤坂駅西鉄福岡駅(天神)天神駅

関連記事

土日のランチにほっこりカオマンガイという気分「アイヤラー」福岡市早良区西新

2017年08月下旬は集中的にカオマンガイを食っていた。
まずは手近な場所でと、大名の「ガムランディー」「ラーンガンエーン」で食ってみて、なるほどカオマンガイとはこういうものかと認識を得た(それまで食ったことなかったのよね)。

さらに経験値を積むために、カオマンガイが食える店をGoogleMapsで探して西新まで行ってみた。

アイヤラー

明治通りからちょっと横道に入ると、おむむろに静かな住宅地っぽい景色になるね。
この通りに、こぢんまりと目当ての店はあった。

アイヤラー

「アイヤラー」というタイ料理店。
間口が狭く、小さな喫茶店といった佇まいだなぁ。
店に入ると、店内もコンパクトだが、狭苦しいという感じはしない。

アイヤラー

カウンター席に着くと、お冷ではなくジャスミンティー(だったかなぁ)を出してくれた。
暑い日だったので、その清涼感が嬉しかった。

アイヤラーアイヤラー

この店のカオマンガイは、土日祝限定ランチとなる。
730円は安価だなぁと思うね。
カオマンガイは土日祝だけ出してますという店を、これで「ガムランディー」に次いで2軒経験した。
提供日を限るのは、手間を想像すると納得できる。
鶏を茹でて、そのスープでジャスミンライスを炊いて、という事前準備が要るもんね。
それを毎日やって、今日は一皿もカオマンガイのオーダーがなかったって日があれば、けっこうなダメージだろう。
そこまで人気メニューってわけじゃないと思うもんねタイ料理の中で、注文がない日はある気がする。

料理が提供されるのを待つ間にメニューを眺めると、タイ料理で使われる香草などの紹介があって期待が高まるね。

アイヤラー

シンプルに盛り付けられたカオマンガイ。
鶏肉の盛り付けは、ちょっと乱れてるかなと感じもしたが、考えようによって“もうちょっと肉を乗せておきますよ”という風にも見えて嬉しい気もするのだ。

じんわい美味しいカオマンガイだった。
添えられたソースは辛味は穏やかで、スープの旨味が深かった記憶があるな。

雰囲気の良い小さな店で、近くに行ったら立ち寄りたいと思うタイプだね。

↓「食べログ」での店舗情報

アイヤラータイ料理 / 西新駅唐人町駅

関連記事

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement