メニューや内装にどこか昭和ノスタルジーを感じる「ねむの木」福岡市中央区赤坂

勤務先の近所で、「ねむの木」という店が気になっていた。

ねむの木

店先にランチメニューの案内が、いささかゴチャゴチャとアピールされている。
その中の、あるメニューになんだか強く惹かれた。

ねむの木ねむの木

ハンバーグ・ドリアだ。
ドリアといえば「サイゼリヤ」の「ミラノ風ドリア」だろって風潮があるような気がするんだけど、そしてそれは安くて手軽に腹が充たせるものだという風潮もあるように思えるんだけども、もっとこうスペシャルなゴチソウで簡単に食べられるものではなかった時代もあったねという想いがある。
ドリアって昔は、一部のレストランとか洒落た喫茶店とかじゃないと食えなかった気がするなー、と。
そういった感慨を胸に、ドリアを食いたいと思った。
が、この店にドリアがあると気づいたのは、まだ暑い時期だったから寒くなったら食おうと思った。

ねむの木

12月になって、ようやくドリアを食べに。
この店って混むんだなぁ、近くの勤め人の人気ランチスポットだなぁとか思いつつしばし待った。

ねむの木ねむの木

ついにドリアと対面した。
シズル感のない撮影で恐縮だが、アツアツでチーズがグツグツだった。
火傷しないよう注意しながら食べると、ゴハンはカレー風味でチーズの焦げたところがアクセントになりと、食べ飽きない楽しさがありつつ味はクドくなくて良い。
熱くてコッテリでと苦戦するかもと少し思っていたが、スルスルと食べてしまった。

ところで、ドリアを食べながらもアフターコーヒーが100円で飲めるというサービスが気になっていた。
安いし飲みたいなぁコーヒー、と思うんだけど俺にとってコーヒーにはタバコが欠かせない。
最近の風潮から客の多いランチタイムには禁煙だよなと思い込んだが、フロアのスタッフに訊くと喫煙可とのこと。
じゃあコーヒー飲むよね。

ねむの木

この店、夜も営業してて居酒屋っぽい使われ方もするみたいだ。
カウンターのバックバーを見ると酒やグラスが並んでバーみたいでもある。
内装も、どこかバーっぽい気もしてくる。

ねむの木ねむの木

バー、というかカフェバーって感じかね、コンクリート打ちっ放しと黒とのコーディネートが。
昭和の時代に流行ったカフェバーの空気が漂ってる感。
気が向いたら、夜に酒を飲みに行っても面白いかもしれないね。

↓「食べログ」での店舗情報

ねむの木居酒屋・ダイニングバー(その他) / 赤坂駅天神駅西鉄福岡駅(天神)

関連記事

バブル期のキラキラした店という刷り込みは書き換えられた「イタリアントマトカフェジュニア 博多駅地下街店」福岡市博多区博多駅中央街

博多のTジョイで映画を観る前に一服したい、というシチュエーションは悩ましい。
手頃なカフェがない。
映画館のあるフロアの『くうてん』には望むような店はないし、アミュの低層階にはカフェが何軒かあるけど何処もコジャレていて禁煙のように思える。
禁煙のカフェなど意味がない。

ちょっと離れた場所だが、バスセンター近くの「イタリアントマトカフェジュニア 博多駅地下街店」を利用してみようと思った。

イタリアントマトカフェジュニア 博多駅地下街店

この店は、以前から存在を認識しているが、ずっと敬遠していた店ではある。
何故かっつーと、どうにも“イタトマ”というのはキラキラして眩しいという思い込みがあるのだ。
いや今はそうじゃないんだろうけど、80年代は“イタトマ”というのは憧れのオシャレなナウいトレンディスポットという側面があって、そういうキラキラしたのが若い頃から苦手な俺は、当時からずっと敬遠してるのよ。

イタリアントマトカフェジュニア 博多駅地下街店

しかし、バブル期の幻影のようなものを頭の隅から追い出す努力をして目の前の店舗を努めて客観的に眺めると、そうキラキラはしていないんだよね。
むしろ、あんまり繁盛してないようでもある。
しかもどうやら喫煙席があるようなので、利用してみようと思ったわけです。

カウンターには列などなく、すぐに注文できた。
コーヒーと、なにか腹に入れておきたいと思ってピザパンというものを注文した。
ピザパン、って懐かしいな。
今のようにピザ(というかピッツア)が日常的になる以前の昭和の頃、ピザパンと呼ばれるものが馴染み深かった。
それは、丸く平たいパンにピザっぽい具材を乗せてマヨネーズかけてオーブンで焼いた的な、惣菜パンに分類される種類のものだった。
本格的なピッツアはまだ一般的ではなく、その代替品としてピザパンという位置付けだったと言えるが、手軽で好きだったなぁ。

イタリアントマトカフェジュニア 博多駅地下街店

コーヒーだけを受け取って喫煙席へ。
店の奥が喫煙となっているが、禁煙のスペースと空間的に仕切られてはいないので、これはタバコの煙が苦手な人には不十分な分煙だなぁと、重度喫煙者の俺でさえ思った。
が、そういうことは気にしなさそうだなと思える客層だったな。
キラキラした人たちはいなくて、むしろ、くすんでるオッサンオバハンが多い印象だった。
“イタトマ”とは、もはや昭和を引きずる世代が利用する店になっているのかしら、なんて思った。

ピザパンは、思ったより提供に時間がかかった。
出来合いの惣菜パンを温めて出すだけだろ、と思ったが。

イタリアントマトカフェジュニア 博多駅地下街店

立派にピッツアっぽいものが提供された。
できたてフカフカ。
昭和惣菜パンのノスタルジーを期待してはいたが、いや美味しくいただきました。
俺だって、いつまでも昭和を引きずってはいられねぇ。

そんなこんなで、俺の勝手な思い込みに反してキラキラしてなかったんだけど、むしろ居心地は良かった。

↓「食べログ」での店舗情報

イタリアントマトカフェジュニア 博多駅地下街店カフェ / 博多駅祇園駅

関連記事

路地裏の古びた飲み屋という佇まいが魅力的「自由亭」福岡市博多区冷泉町

いつだったか休日の昼下がりに神屋町あたりから博多まで酔ってウロついていて、その佇まいに惹かれた店。
後日それは地理的にどこだったかウロ覚えで再訪しようにも見失っていたが、ようやく辿り着いた。

自由亭

冷泉町の「自由亭」という店。
祇園から博多駅よりだっけと間違って記憶してたが、酔ったときの記憶はあてにならないもんだねぇ。
最初に昼下がりに見かけた際には、空き地やマンションに囲まれて忽然と古びた背の低い建物がポツンとあって印象的だったが、陽が落ちた時間帯だと辺りに馴染んで、暖簾だけが看板の灯りに浮かび上がってこれもまた味わいがある。

自由亭

ガラガラ、ガラっと(スムースにはいかず)引き戸を開けると、カウンターだけの店なんだね。
カウンターだけでウェルカムだ、俺は独り飲みが基本なので座敷や小上がりは求めない。
立ち寄ったのは18時を過ぎたばかりだったからだろう、先客はなかった。
おばあはんが独りで切り盛りしているようで、瓶ビールはあるか訊くと“そこに”と俺の背後を差した。
ああ、振り返ると冷蔵ショーケースがある。

自由亭

自分でビールを出すわけね。
手前にズラっと嫌いな銘柄のビールが並んでいたが、すこし奥にキリンラガーが1本だけあった。
キリンラガー瓶があって嬉しい。

自由亭

グラスも冷蔵ショーケースの中からお借りして、栓抜きも拝借して自分で抜栓。
気楽で良い。

おばあはんは、あまり身体の自由が効かないようで、だからあれこれお構いできずにゴメンねと言うが構われ過ぎないのが俺は好きだからノープロブレムよ。

酒のアテは、まだいろいろ準備が完了していなくて、豚汁はどうかとオススメされた。
うん豚汁は嫌いじゃないけど、汁物をアテに酒を飲むってのは得意じゃないなぁ。
汁は要らないから具だけくれますかと訊くと、応じてくれた。

自由亭

一見、大衆酒場で出てくる煮込みのようだが、汁なし豚汁です。
根菜がゴロゴロして、まぁ肉は少なかったんだけど、なかなかキチンと酒のアテになった。
こういうアテにはポン酒だね。

自由亭

酒瓶とコップを目の前に用意してくれた。
自分で好きなように注いで飲めということ。
やや遠慮してコップ摺り切りに注ぐと、もっと受け皿に溢れるほど注げと。

おばあはんは話し好きのようで、世間話などしながら飲んだ。
このあと友人と約束があったので軽く飲むだけのつもりで立ち寄ったが、ポン酒を3杯いってしまった。

至れり尽くせりのサービスはないが、むしろそういう店が俺は気兼ねなく飲めて好きだ。
この店は初見で外観に惹かれたが、中も同様に古びて鄙びた風情があっていいね。
これから月に一度は立ち寄りたいと思ったよ。


↓「食べログ」での店舗情報

自由亭居酒屋 / 祇園駅呉服町駅中洲川端駅

関連記事

【残念ながら閉店】もちろんタンクトップとホットパンツに惹かれて行ったわけだがアメリカンフードうまかったです「フーターズ 福岡店」福岡市博多区中洲

<追記:2019年04月02日>
残念ながら閉店してしまった。
公式でのアナウンスを確認すると“HOOTERS福岡店は2月28日をもちまして閉店”だったんだな。
残念だなーつっても、俺も2回しか行ってないもんなー。もっと行かなきゃだったな……。

<初回投稿:2017年12月21日>
ついに福岡に「フーターズ」がやってきたよ。
調べたら日本上陸が2010年10月、“うわぁー日本にも「フータ−ズ」できたよ行ってみてぇー!”と思ったが、東京や大阪へ飲み屋巡りに行った際にわざわざ「フーターズ」行くのもなぁと思って機会を逃してはや7年、ちょっともう”今さら感”もないではないが、せっかく近くにあるのなら行っておくべきなんだ。

フーターズ 福岡店

中洲のスプーンビル1Fと2Fの2フロアという店舗は、思ったより外観は派手じゃないね。
内装も、意外と大人し目に感じたし、そう広くはない。
ま、それより目当てはフーターズのユニフォームであるタンクトップとホットパンツに身を包んだピチピチパツンパツンのフーターズ・ガールである。
溌剌とした笑顔のフーターズ・ガールが総勢10人近くいたかな。

フーターズ 福岡店

フーターズ・ガールを眺めてニヤニヤしてばかりではイカンと、メニューを眺める。
とりあえずバドワイザーが安くなっていたので、それを飲むことにした。
バドワイザーってすすんで飲みたいものでもないし、もうたぶん何年も飲んでない気がするが、アメリカ発の陽気なバーで飲むにはふさわしいだろう。

飲み物が提供されると、フーターズ・ガールが乾杯の音頭をとってくれた。
パリピ的ノリで苦手なのだが、こういうのはノッておかねばらなんのでチアーズ!

フーターズ 福岡店
(フーターズ・ガールは許可を得て撮影・掲載しているよ)

独り飲みがデフォルトの俺だが、さすがにここには独りは無理だろうと仲間を誘っていた。
それぞれ思い思いにフードを注文した。

フーターズ 福岡店

これはイロモノだろうけど話のネタになればいいか、と不純な動機で注文したフライド・ピクルスは、予想外に美味しかったのでビックリした。
ぜひ食べてみて欲しい。

フーターズ 福岡店フーターズ 福岡店

カーリーフライとか、バッファロー・チキン・サラダとか。

フーターズ 福岡店フーターズ 福岡店

チーズ・ナチョスとかコンボ・スライダーとか。
なるべく“フーターズっぽい”ものを意識して注文したのだが、どれもこれまぁ量が多くて、その量の多さもフーターズらしさでもあろうけど、小食の俺にとって呆れるほどのボリュームだった(同行者が健啖家なので残さず美味しくいただきました)。
いろいろ食って、やっぱフライド・ピクルスがもっともインパクトと喜びがあったんだけど、チーズ・ナチョスもなかなか“バカが好きな食いもの”っていう楽しさがあって良かった。

フーターズ 福岡店フーターズ 福岡店

食うばかりでなく、いろいろ飲んでみた。
アメリカンな雰囲気がウリの店だからシューターを飲むべきかなと思ったが、泥酔の恐れがあるので無難なものを。

フーターズ 福岡店フーターズ 福岡店

季節外れだがモヒートと、フーターズ・ガールのユニフォームに由来する“オレンジショーツ”という(たぶん店オリジナル)カクテルを。
しかし、オレンジのホントパンツを履いてる女の子にオレンジショーツちょうだいって言うの、妙に変態っぽいな。

そんなこんなで食ったり飲んだりする合間に、フーターズ・ガールがテーブルまでやってきて場を盛り上げてくれる。
テーブルごとに担当の女の子が着くようで、我々のテーブル担当はYUMAちゃんという可愛くて元気な子だった。

フーターズ 福岡店
(フーターズ・ガールは許可を得て撮影・掲載しているよ)

フーターズ・ガールは、オーダーを受けたり品物をサーブしたり、笑顔で客に話しかけるだけが仕事ではなかった。
いきなり店内BGMの音量が上がって、なにかなと思ったらショータイムのスタートだった。
フロア中央でダンスを始めるフーターズ・ガールたち。
唐突だったので呆気にとられたが、なるほどこういう余興もあるのか。
ピチピチのタンクトップとホットパンツに包まれた健康的な肉体が躍動する様は、楽しいものだった。
踊る女の子たちの笑顔は、一切の如何わしさを一蹴するもので、まぁちょっとエアロビみたいで色気に欠けると思わんでもなかったが陽気なパッションを感じたな。

フーターズ 福岡店フーターズ 福岡店
(フーターズ・ガールは許可を得て撮影・掲載しているよ)

総じて、楽しめた。
とか言いつつ、俺はまた利用するかというと、それは微妙かな。
一度経験したら、もうそれで満足したという感じだ。
ただ、行こうかどうしようか迷ってる人がいたら、ぜひ友達を誘って行ってみるといいよとオススメしたい。
気になってるのに行かないのは、もったいないと思うよ。

↓「食べログ」での店舗情報

フーターズ 福岡店アメリカ料理 / 中洲川端駅呉服町駅天神駅

関連記事

【閉店】手作り感のある惣菜バイキングで楽しめるランチ「味菜」福岡市中央区赤坂

大正通り、ハローワーク近くのサニー地下飲食店街に昼メシを求めて。

味彩

惣菜バイキングのランチ850円か、いろいろ食えそうだなと惹かれた。
そんなに惣菜の種類は多くはないようだが、メインに加えてあれこれプラスして食えるのはそれなりに楽しいかなと思える……などと考えていたら。

味彩

あら“12月15日頃をもちましてランチは最終営業”だって。
なんとも“頃”というのはアバウトだなと感じつつ、この日は12月14日で、明日までしかランチは食えないってことか。
では食ってみよう。

味彩

そんなわけで「味菜」という店に。
外観は、ちょっと趣のある小料理屋っぽくもあってバイキングをやってそうには見えない印象。
ランチが明日までというなら最後に食べておこうという馴染み客で混んでいるかと予想したが、そうキャパの大きくない店内はゆったりめの客入り。
カウンター席に案内され、さっそく惣菜を取りに。

味彩味彩

思ったより豊富にいろいろあるな、惣菜だけで定食が構成できるなというラインナップ。
チャーハンがあってチキン南蛮があって、もうそれで十分と思えた。
玉子焼きが、ダシがじゅわっと美味しかったな。

味彩

メインのおかずにトンカツを頼んでいて、揚げたてで登場。
あらかじめソースたっぷり。

味彩

それにカレーを合わせて、別皿カツカレー状態で楽しんだ。
美味しく作られた家庭のカレーというテイストで、肉もゴロゴロじゃがいもゴロゴロ、食べ応えのあるカレーだった。

馴染みの客が、しきりに名残を惜しんでいた。
まぁ、この惣菜バイキングランチが終わるのは残念だよねと俺も感じたが、それにしても根性の別れのような様子だったので大袈裟だなぁと思っちゃったりしたが。

味彩

ランチが終わるだけじゃなく、店自体も廃業なさるのね。
そうか、それなら別れを惜しむわなぁ。
2017年12月22日で店をたたむとのこと。

俺はこの日に初めて立ち寄ったので閉店を惜しむ資格などないが、素直に残念だなと思った。

↓「食べログ」での店舗情報

あかさか味菜和食(その他) / 赤坂駅天神駅西鉄福岡駅(天神)

関連記事

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement