福岡市中心部では貴重なモーニングなのかもしれない「ぽてとBOY」福岡県中央区赤坂

いつも朝メシは部屋で適当に済ますのだが、たまには外で食ってみようと思った。
勤務のある朝であれば出勤経路に沿って店を選ぶことになるが、この機会にいつか寄ってみたいかもという店が既にあったので、そこへ。

ぽてとBOY

「ぽてとBOY」という喫茶店だ。
その屋号のネーミングの、まさに紛うことなき昭和……と言ってしまうのは正確じゃないな、ジャスト80年代センスにシビれていたから、いつか寄りたいと思っていたわけだ。
ま、それだけではなく朝の早い時間からいつも開いてるなぁという点に好意的なものを感じていた部分もあって。

ぽてとBOY

俺が立ち寄ったのは平日の08時ちょい過ぎで、先客はなかった。
だが店は十分にスタンディングバイな気配であった。
入って左手にカウンター、右手にテーブル席があって奥行きが少しあり、ゆったりした印象。
テーブル席に着いた。

ぽてとBOY

メニューを出していただいたが、2種類あるモーニングからどちらかを選ぼうと先に決めていた。
サンドウィッチにコーヒーがつくBセット500円也を注文した。

ぽてとBOY

まずコーヒーを出していただいた。
同時に出てきたクリームは、ねっとりと上質なものに見えた。
まずはそのままコーヒーを飲むと、あぁ喫茶店のコーヒーってこういうものだよっていう、浅いコーヒー。

ぽてとBOY

ほどなくサンドウィッチが。
なるほどこういうものか、という物足りなさを感じるものだったが、こういうものだろう。
一体感のない、ほどけそうなサンドウィッチだというファーストインプレッションだったが、それは言い換えれば作りたてということだ。
実際、焼きたてのタマゴは温かく、正しく今さっき作ってくれたというサンドウィッチだった。

思うところはあるが、喫茶店のモーニング文化ってあるのかなと思ってしまう福岡においては、嬉しい喫茶店と言えなくはないのだ。
もしモーニング文化が盛んな土地であれば、この内容は390円であって欲しいとは思うんだが、福岡はそうじゃない。
だから費用対効果について不平は言いたくはない。
ちなみに、俺にとってモーニング文化が豊かだと感じるのは大阪で、名古屋ではない。

感じのいい、推定ご夫婦でやってらっしゃる店だった。
会計をお願いするタイミングで後客があって、常連さんであるようだったから店を愛用してくれている人がいるんだなと嬉しい気持ちになった。

↓「食べログ」での店舗情報

ぽてとBOY洋食 / 赤坂駅薬院大通駅西鉄福岡駅(天神)

関連記事

老舗メイドカフェのアルコールメニューは意外に充実していた「天神Style」福岡市中央区天神

メイドカフェなるものが一部で話題になりだした頃、なにそれ面白そう行ってみたい、と思った。
が、恥ずかしくて行けないなよとも思って、行く勇気のないままに月日が流れた。
いや月日どころじゃないな、けっこうな年月が流れたわ。

およそ10年くらいの時を経て、ようやくメイドカフェというものに行く機会を得た。

天神Style

北天神にある「天神Style」という店で、俺の記憶では福岡のメイドカフェのなかで結構な老舗である。
ざっくり調べたところ、どうやら2006年にオープンしたようである。

天神Style天神Style

ところで先に書いておくと、この店は2017年10月29日でいったん営業を終了し、経営が変わってリニュアルオープンする運びとなっている(公式によるアナウンス)。
俺が立ち寄ったのは2017年9月17日で、すでにリニュアルについて公言されていた。
というわけで、今から店について言及することは過去のこととなってしまう。

天神Style

メイドカフェというものは、メイドさんがケチャップで字を書いてくれるオムライスが代表的なメニューであるという認識で、他にはソフトドリンクくらいしかないと思っていた。
ところが、意外にアルコール類が充実していたので驚いた。
いろんなビールが用意されていたので、喜んで飲んだ。

天神Style天神Style

そして自分が注文したものではないが、生絞りチューハイ的なものがあった。

天神Style天神Style

メイドさんがグレープフルーツを、目の前で絞ってくれるというサービス。
「ふぇぇ〜ご主人様ぁ〜いっしょうけんめい絞りますぅ〜〜」というサービスだった(誇張しています)。
なかなかいいな、と思いました。

しかしまぁ、店のコンセプト、ノリには、あまりうまく対応できなかったな。
照れがあると楽しめないということだね。
俺にはまだ、メイドカフェを楽しむ器はなかったな。

とか言いつつ、せっかく来たのだからとオムライス注文したね。

天神Style

オムライスは、想定外に美味しかったです。

↓「食べログ」での店舗情報

天神スタイルその他 / 天神駅西鉄福岡駅(天神)天神南駅

関連記事

とにかく満腹になったが唐揚げだけを食べればよかったのかもしれない「オフ ブロードウェイ」福岡市中央区舞鶴

カレーと唐揚げが食べ放題だという。

オフ ブロードウェイ

親富孝通りの「オフ ブロードウェイ」という店。
この路上看板は既に1年ほど前に目視し認識していて、いつか行く機会をと思っていた。
ようやく行ってみた。

オフ ブロードウェイ

店に入ると席を案内されて、ゴハンとカレーと唐揚げとサラダが食べ放題であるという説明を受け皿を受け取り、前金で料金を支払う。

オフ ブロードウェイ

さっそく食う。
サラダなど食わず、とにかくゴハンとカレーと唐揚げを食う。
おかわりもした。

カレーには特筆する点はなかったという印象だが、揚げたての唐揚げは、大ぶりでうまい。
醤油味とピリ辛、2種の唐揚げがあった。
ピリ辛は辛いかなぁこれ、と思った。
が、醤油味は濃い味で、なかなかいけた。

ガツガツと食っている最中、これはもしかしてカレーは利用せずにゴハンと唐揚げだけを盛って、唐揚げライスとして食ったほうが幸せになったのかもしれないと思った。

オフ ブロードウェイ

夜はバーになるんだろう、と思わせる内装だった。
と言うか、バーであったはずだという記憶があった。

オフ ブロードウェイ

たぶんもう20年近く前に、この店をインターナショナルバーだなと認識していたよなぁ。
店のスタッフに、ここって昔からやってる店ですよねと訊くと、もう25年くらい店は営業しているとのこと。
それくらいの当時って、俺の記憶では屋号は「OneWay/OffBroadway」だったように思うし、もしかしたら店舗はもうちょい広かったような印象もある。
フロアで踊れるくらいのスペースがあって、サルサのイベントとかやってような気もする。
その辺までスタッフに訊きたかったが、忙しくしてらっしゃったので止めておいた。

オフ ブロードウェイ

店は禁煙だったが、昼メシを食うほどの短い時間にさえわざわざタバコを喫おうとは、俺でも思わない。
ただ喫煙席は用意されていたので、そこに安心感はあった。

また利用することがあったら、サラダと唐揚げだけを皿に盛って、ビールを飲みたいかもしれない。

↓「食べログ」での店舗情報

オフ ブロードウェイダイニングバー / 天神駅赤坂駅西鉄福岡駅(天神)

関連記事

なんというか普遍的な喫茶店のカレーという感じ「おかりな」福岡市中央区天神

だいたいいつも自分で作ったサンドウィッチを昼メシに食っているんだが、たまには違うものが食いたい。
そう思って散歩がてら天神まで歩いてウロウロしに出かけた。

福岡天神センタービルには用事がなくって、めったに行かない。
でも、たしか地下に飲食店街があったなと思って立ち寄ってみた。

おかりな

なんか昭和っぽい喫茶店があるな、「おかりな」っていうのか、と近寄ってみた。

おかりな

店先にメニューのサンプルが提示されていて、どうやらカレー推しの店のようだ。
昼メシにカレーというのは適切に無難で、まぁカレーでいいかなって気分だ。
しかしそれでいて切実にカレーを食いたいとも思わなかったのだが、ショーケースの中に『毎週火曜日はカレーよう日』という案内があると気づいた。
この日はたまたま火曜日だった。
うん、カレーライス全品100円引か、じゃあカレー食おう。

店に入るとカウンター席があって、右奥のほうにテーブル席のスペースがあった。
カツカレーを注文して待った。

おかりな

うん、カツカレーだ。
カツは注文後に揚げてくれたものだった。
デフォルトで福神漬けが添えられていないのがいいね、俺はカレーライスに福神漬けを欲しないのよ。

ヴィジュアル的に“普通にカレーだな”と感じるものだったが、食ってみても“普通にカレーだな”と感じた。
それが悪いというわけではなく、まぁ驚きもなければ失望もなく、カレーを食ったという事実のみが残るといったカレーだった。
普通に喫茶店のカレーだった、という感じ。
それが、ビジネスビルの近いの店として正しいよな、と思わせるものでもあった。
いいんじゃないかな、こういうカレーで。

↓「食べログ」での店舗情報

おかりなレストラン(その他) / 天神駅西鉄福岡駅(天神)赤坂駅

昼総合点-

関連記事

ありきたりの木綿豆腐が好きです「まつり」福岡市中央区春吉

業務の一環として春吉へ酒を飲みに。
店の選択はあらかじめなされていて、春吉の「まつり」という居酒屋に。

まつりまつり

ちょっと小料理屋っぽさもある外観で、なかなかいいかもと少し期待した。
飲み放題コースでの10数名の飲食、案内されたスペースは窮屈さはなく良かった。

まつりまつり

飲み放題でも瓶ビールが注文できるのは嬉しいが、好きな銘柄ではなかった。
生ビールを飲んで、次にハイボールを飲んだ。

まつり

ハイボールは、あたりまえのハイボールは何故かなかったのでジムビームの炭酸割りを注文したのだが、俺はどうもバーボンの炭酸割りは苦手なんだよね。

まつりまつり

刺身が出てきて以降はポン酒をずっと飲んだ。
料理は何品かいろいろ出たのだが、店の推しである“ごどうふ”というものは、あまり好みではなかった。
ごどうふ(呉豆腐)とは、後で調べたことだが佐賀県、長崎県に分布する郷土食で豆乳にくずや澱粉を混ぜ加熱して凝固させたもので食感はもちもち感がありプリンを思わせる、というものだ(Wikipedia調べ)。
先付け的に出されたものは、あっさりした胡麻豆腐かなって感じでそれはそれでと思ったが、ごどうふを使った揚げ出し豆腐は、これはいかがなものかと思った。

しかしまぁ、そもそも多人数での飲み放題コースでの飲食そのものに対する期待値はそもそも低かったので、まぁ悪くはなかったというところです。

↓「食べログ」での店舗情報

まつり居酒屋 / 天神南駅渡辺通駅西鉄福岡駅(天神)

関連記事

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement