清々しいほどヤル気なさげな店で普通のラーメン食った「北京楼」横浜市中区伊勢佐木町

2015年12月06日、夜の横浜ですっかり飲み疲れていた。
この日は新橋で朝の7時台から飲み始めていて、ホテルでちょっと昼寝もしたが22時過ぎにはもうヘトヘトだった。

翌日も朝から飲む予定だし、もう今夜は飲むまい。
おとなしくホテルに戻ろうと思いつつも、ちょっとラーメンでも食ってみるかって気分に。
昼間に横浜ローカルフードのサンマーメンを食って満足したのだが、それはそれとしてサンマーメンではない普通の横浜のラーメンというのはどういものだろうか、なんてことが気になってしまったのだ。

伊勢佐木町の大きめの通りを歩いていたら、なんということのない感じの普通の中華料理屋といった風情の店があった。

北京楼

「北京楼」という店で、ここでラーメン食ってみようと決めた。
ラーメン屋じゃなく中華料理屋にしたのは、よく知らずにラーメン屋にはいってしまうと、今風の魚介動物ダブルスープだか濃厚煮干系だかなんだかよくわからんラーメンが出てくるかもしれないから。
横浜なら家系を食うべきだろって意見もあるかもだが、それも割と近年のムーブメントなんじゃん? 知らんけど。
そうじゃなくて、昔から地元の人が当たり前に食ってそうなラーメンが食いたかったの。

北京楼

そういうわけで、割と昔からやってて何の変哲もなさそうな、この店に。

ガラガラっと引き戸を開けると、店内はガラガラだった。
いや、一人だけいる、テーブルに突っ伏して寝てる客がいる、と思ったら店のオバチャンだった。
ぬるぬると起き上がったオバチャンにラーメンを注文すると、あきらかにガッカリしていた。
ようやく客が来たと、せっかく起き上がったっていうのに、ラーメン一杯だけなの? みたいな想いが表情から伝わってきた。
そこで俺は、なんかゴメン、ビールと餃子と唐揚げとか注文できりゃいいんだろうけど飲み疲れてて、なんかゴメン……という気持ちになった。

なんだこの店、ヤル気ねぇな! という気持ちには不思議とならなかった。
まぁヤル気のなさはしっかりと感じたが。

無音だった店内にBGMが流れ始めて、ちょっとだけヤル気を感じた。
しばらくしてラーメンが出てきた。

北京楼

あー、うんうん、こういうのが普通のラーメンね。
納得。
色の薄い醤油味のスープで、モヤシとホウレン草が乗ってるのか、うんうん。
やっぱ九州と違うよね、うんうん。

特に味について述べたいほどの印象は残らなかったが普通にラーメンだなぁ、と。
値段は忘れたが納得価格だったと思う。

ところで、この店のある通りって伊勢佐木モールって名前がついた商店街的なものなのね。
そんな名前がある割には人通りが少ない通りだと感じたが、この辺はモールのなかでもだいぶ端っこなんだね。
この日の朝イチに立ち寄った「甘粕屋酒店」も伊勢佐木モールの仲間になるのかな。

ヤル気ねぇなーと感じたが、悪い印象はない。
実現性は薄いが、もし再訪することがあったら、2,000円分くらい豪遊したいと思う。

【広告】Advertisement


↓「食べログ」での店舗情報

中華料理北京楼中華料理 / 阪東橋駅黄金町駅吉野町駅

関連記事

チープだが客をもてなす気持ちは感じたよ「ヨコハマ居酒屋ローガンズ」横浜市中区福富町

2015年12月06日の夜、俺は横浜でハシゴ酒をしていた。
野毛から、橋を渡って福富町へ。

飲食店と性風俗店が混在する通りに、なんだか妙に惹かれる店があった。

ヨコハマ居酒屋ローガンズ

「ヨコハマ居酒屋ローガンズ」という店。

ヨコハマ居酒屋ローガンズ

ヨコハマ居酒屋って何なのよ?
店舗外観の、まぁとりあえず間に合わせでこんなもんでいいかなって気持ちが伝わってくるような、チープな手作り感。
この物件を契約して飲食店を始めるにあたって改装なんてぜんぜん考えなかったんだろうなぁって想像させる、そのまんま感。
提灯が無駄に輝いているが全体的に薄暗くて、あんまりヤル気ないんじゃないかなって感じも漂う。

ヨコハマ居酒屋ローガンズ

店頭の黒板に書かれたメニューを見ると、まぁ安いよね。
入ってみるか。

店先の薄暗さとは対照的に、店内は無駄に明るい。
この明るさは、飲食店の照明じゃないな。
うん、店舗の照明プランなんか考えてないし内装も考えてませんというような、やはり間に合わせ感がある。

メシ食ってるお客さんがいる、と思ったら店の人だった。
テーブル席でメシ食ってた初老店主と推定外国人妻の2人でやってる店のようだった。
メシ食ってる途中だったが、ウェルカムに迎えてくれた。

ヨコハマ居酒屋ローガンズ

とりあえずハイボールを飲み、フードメニューが安いのでなにか注文してみようと考えた。

ヨコハマ居酒屋ローガンズ

ぜんぜんピントが合ってない画像で恐縮だが、豚ロースしょうが焼き350円也。

ヨコハマ居酒屋ローガンズ

ささみたたき大葉わさび300円也。

どちらも、正直なところ頑張った素人料理の範疇かなと感じたが。
どちらも手をかけて盛り付けもちゃんと頑張ってる、なんか真面目にやってる気持ちが見える。
友達のところに遊びに行って、こういう料理が出てきたら懸命にもてなしてくれてるんだなと嬉しくなるって感じ。
嫌いじゃないなー。

いろんな要素がチープだし、プロっぽさは感じないんだけど、総合的に嫌いじゃないってか好きかも。

でもこの店、今もちゃんと現存してるかしらって、ちょっと心配な気持ちがある。

【広告】Advertisement


↓「食べログ」での店舗情報

ヨコハマ居酒屋ローガンズ居酒屋 / 日ノ出町駅桜木町駅関内駅

関連記事

歴史と品格のあるオーセンティックバーなのかな「クライスラー」横浜市中区福富町

2015年の12月06日の夜、横浜でハシゴ酒をしていた。
野毛をウロウロしてから、大岡川を渡って福富町へ。

川を渡ったら、町の様子が変わった。
福富町は、西通とか東通に仲通にと細かく町名はわかれているようだが、ひっくるめての印象は、普通の飲食店と性風俗店が互いに何食わぬ顔で混在している町、というものだった。
ソープランドありファッションヘルスあり、ラブホあり。

そういう町(は俺は嫌いじゃないけど)で、猥雑な喧騒に似つかわしくないような看板が目にとまった。

クライスラー

昭和モダンの風情。
オーシャンバー総本店と記されており、それは歴史も格式もあるのだろうと想像させる。
福富町西通「クライスラー」というバー。

クライスラークライスラー

クライスラーといえばアメリカの自動車メーカーを思い浮かべるが、看板にはバグパイプを担いだスコットランドの正装をした男性が描かれている。
クライスラーの創業者はスコットランドの血筋なのかな、知らんけど。
船の舵輪を象った看板は、オーシャンウイスキーのトレードマークか港町横浜らしさなのか。
ま、ちょっとコンセプトが錯綜してる気がしないでもないが、なんだか惹きつけられる魅力を感じた。

クライスラー

店内は、なおいっそう味わい深かった。
明るめの照明で、煌びやかさも風格もレトロな風情も同時にあるといった内装。
バックバーは、重厚で圧巻だった。
創業は1950年とのこと、なるほど時の流れの重みがある。

店内を撮影していいか訊くと遠慮してとのことだったので、残念ながら画像はない。

クライスラー

店オリジナルのボトルであるらしい「多謝」というウイスキーをいただいた。
ショット税込1,300円、そこそこなお値段。

初老のオーナーバーテンダーと、キッチン担当の奥様とで切り盛りしているようだ。
フードメニューがいろいろあったと記憶している。

で、まぁ店としてはオーセンティックな感じだが。
客層は近所のオッサンって感じだった。
良い意味で猥雑な町にあるというロケーションのせいか、酒なんて酔えれば何でもいいよって様子のオッサン、そしてオバハン、それからオッサンと同伴かなってオネーチャン。

いやまぁ、俺なんかも上等な客ではぜんぜんないから他人様のことはとやかく言えんが、店構えに対して客層があまりにあんまりだと感じたな。
なんか残念。

【広告】Advertisement


↓「食べログ」での店舗情報

クライスラーバー / 日ノ出町駅桜木町駅関内駅

関連記事

漂う昭和の香りとアングラの気配「旧バラ荘」横浜市中区野毛

2015年の12月06日の夜、俺は横浜でウロウロしていた。
飲み歩く目的で横浜へ来ていて、この夜の目当ては野毛で飲み歩くことだった。

横浜市中区の野毛町は、桜木町駅から歩いてすぐの便利なアクセス。
住所的には野毛町なんだが、一般に野毛と呼ばわる印象で、たとえばチェーン展開の飲食店の名称も『◯◯野毛町店』ではなく『◯◯野毛店』となっているのがほとんどじゃないかな。

そして野毛は、ディープな飲み屋が多い町として知られている。
知られている、よね? 俺はそういう感じに捉えてたけど、間違ってないかな?
とにかくこの日の俺は、ディープな飲み屋を求めて野毛を訪れたんだよ。

でも実際は、なんか観光地っぽくない?
いや観光地というか、あからさまに観光客向けって様子の店が多くない?
あと、若者向けのチャラい店も多くない?

大阪の新世界にはカップルや家族づれが人気店に行列してるのが珍しくなくなってたり。
新宿のゴールデン街で外国人観光客の団体がやたらと目についたり。
そんな感じの、俺にとってガッカリな印象を深く受けた。

ま、俺がディープな路地裏なんかを嗅ぎつけきれなかっただけ、かもしれないけどね。
そういうわけで、やや途方に暮れつつ野毛をウロウロしていた。

旧バラ荘

そんなとき、心惹かれる外観の店が目にとまった。
野毛町1丁目の静かな街角にたたずむ「旧バラ荘」。

旧バラ荘

ん? 「元バラ荘」?

旧バラ荘

いや「旧バラ荘」でいいのか?
ま、どっちでも読めば音は同じ「もとばらそう」だな。

エントランスは店舗っぽいが、建物自体は昭和のアパートって雰囲気もある。
いやエントランスも昭和の造作だよね、タイルなんか使ってあってね、ノスタルジック。
看板に『オーシャンバー』とあるのも昭和だなぁ、今ではすっかりオーシャンウイスキーって聞かないもんね(メルシャンに買収されキリンに買われていちおう名前は残っている)。

店内は薄暗く、穴倉のようで、それが隠れ家っぽい雰囲気がある。
カウンターの上は雑然としていて、その散らかり具合も秘密のアジトって空気だな。

旧バラ荘

缶ビールと、チャームで乾きもの。
アルコールの品揃えがどうこうって店ではないらしく、ビールも缶で出すってのがざっくりしていて、そういうの嫌いじゃない。

本やフライヤーが、やはり雑然と沢山あった。
フライヤーはライブとか芝居とかイベントのもので、アングラ感が漂う。
そして、アングラといえば、俺の実感としては左翼寄りの思想と縁深い。
アングラなテント芝居というのも、だいたいそういう思想が通底してるよなって印象が、何本かの芝居を観た経験から実感としてある。
この店に置いてあるフライヤーのなかに、左翼寄りの集会を告知するものもあったな。

俺は思想、ポリシーというものがよくわからない。
ビールを飲んで、お暇した。

ところで話は変わるが、野毛には都橋商店街という、2階建ての長屋みたいな飲み屋街が川に沿ってある。

都橋商店街

野毛と、隣町の宮川町にまたがって、異様に魅力的な存在感を放っている。
ここにも訪れたい店があったんだけど、目当ての店は休みのようだった。
気まぐれで予備知識のない店に飛び込んでみようかと思ったが、どうもいまひとつ気が進まなかった。

都橋商店街

ロケーションは、ものすごく素敵なんだけどねぇ。
どうも野毛は、俺には合わないのかもしれないなぁ、なんて思いつつ別の町に向かった。

【広告】Advertisement


↓「食べログ」での店舗情報

旧バラ荘バー / 桜木町駅日ノ出町駅馬車道駅

関連記事

これって横浜名物だよねというサンマーメンを初めて食べた「大沢屋」横浜市中区

2015年の12月06日、俺は横浜市にいた。
飲み屋巡りのため関東へ飛んで3日目、早朝の新橋からスタートして横浜まで流れて飲み歩いていた。

飲むことが目的の旅ではあるが、ちょっと横浜の名物料理など食っておきたい気持ちもあった。
せっかく横浜へ、ずいぶん久しぶりに来たし。
横浜といえば中華街という発想が普通かもしれないが、それはもう大昔に経験しているので今回はスルー。
未経験の横浜ローカルっぽい食べもの、サンマーメンというものを食ってみよう。
横浜でしか食えないっぽいよねサンマーメン。

横浜橋商店街界隈から黄金町駅近くのホテルにいったん戻る道すがら、サンマーメンが食えそうな店を探してみる。
「大沢屋」という、良さげな中華そば屋があった。

大沢屋

うん、サンマーメンあるようだ。
そして観光客向けな気配はぜんぜんなくて、これはリアルな地元の味が期待できる。

大沢屋

店内で品書きを見ると、ほぼ麺類一本といった潔いメニュー構成で期待が高まる。
サンマーメンは550円か、安いね。
観光価格ではなくて好感度高いね。

大沢屋

初めてのサンマーメン。
素朴、という第一印象。

サンマーメンというものがどういうものか確とは知らなかったが、少なくともサンマは乗ってないくらいの知識はあった。
ただネーミングの響きから“酸麻麺”という字面を連想し、酸っぱく痺れる辛さの麺かな、なんて想像はしていた。
違ったね。
醤油味のスープで炒めた野菜の餡かけで、なんか穏やかな味のホッとするものだったよ。
連日飲み歩いて疲弊しているであろう胃に、とても優しく感じたよ。

いいじゃん、サンマーメン。
そんなに個性のあるご当地グルメっていうものではなく、インパクトに乏しいと言えなくもないが、素朴で優しい味だからこそ実際に地元で愛されてるんだろうという風にも感じる。
満足して、ホテルで昼寝した。

【広告】Advertisement


↓「食べログ」での店舗情報

大沢屋ラーメン / 阪東橋駅黄金町駅日ノ出町駅

関連記事

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement