セブンで「のり弁」風おにぎり売ってたの見かけたわ買ってないけど

近所のセブンイレブンによく行くんですけどね、タバコを買いに。
そんでタバコを買うついでに売り場を物色するのよね、なんか面白い新商品がないかなと。

あ、のり弁おにぎりだ。

セブンのり弁おにぎり

のり弁の具が埋め込まれた爆弾おにぎりだ。
その商品が視界に入ってすぐさま、あー「ヒライ」の真似だ、と思ったね。

熊本ローカルなので全国的にはまったく知名度が低いと思われる「ヒライ」は、弁当や惣菜の販売とイートインの店舗を展開する熊本地場企業で、俺はたいそう「ヒライ」が好きである。
その「ヒライ」に、「小さなのり弁」という商品があるんだよ。
のり弁の具を埋め込んだ爆弾おにぎりだよ。

ヒライ小さなのり弁

詳細は過去のエントリーを見てね。

あー、セブンがパクったな、と。
全国展開する巨大企業がローカル企業の商品をパクりましたな、と。
そういう風に俺は受け止めました。

にしても、「小さなのり弁」がリリースされたのって2015年の春なんですけど。
それからだいぶ時間が経ってから真似たなぁと思った。
セブンほどの巨大企業だと、商品企画から実際に売り場に出るまでにそんだけ時間がかかるのかね。
それとも、すぐに追随した商品を出したらパクったのが露骨なので、ほとぼりを冷ますため時間をおいたのか。
って、パクったという前提で考えてて失敬かもしれんけども。

まー、「ヒライ」はローカルだから、全国の消費者はパクたとか気づかんと思うけどねぇ。

で、どんなもんかと。
セブンの、正式名称「ばくだんおむすび(のり弁風)」はどんなもんかと、試してみねばなるまい。
と、思ったが。

セブンのり弁おにぎり

高けぇよ。
税込298円。

「ヒライ」のは税込205円よ。
100円くらい高いじゃん。
って比べなくても、おにぎりに300円は使いたくねぇなー。

だから買いませんでした。

買ってない、食ってないものについて言及するのもアレかなとは思うが。
なんだかなぁ……と思った気持ちを書き留めておく。

地震でえらいことになった熊本の「ヒライ」。
セブンの今回の商品が話題になって、オリジネイターとして「ヒライ」も話題になって売り上げが上がんないかなー。
「ヒライ」が儲かったら地場の経済も活性化するだろうぜ。

そういった意味も含めまして、書いてみましたよ。

関連記事

駄菓子屋さんみたいな空気を感じる「立ち飲み日昇」横浜橋商店街で中華を楽しむ

2015年12月6日、朝から東京の新橋で飲み始めて横浜に河岸を変えて飲み続けて、昼を過ぎた。

昼メシどき、小腹が空いたかもしれん、というか酒ばっかじゃなくて何か腹に入れないと身体に毒かもしれん。
朝は「横浜橋通商店街」を通り抜けて角打ちができる酒屋さんが集うエリアへ向かったわけだが、酒屋エリアを離れて商店街に戻り、適当に食べもん屋さんに入ろうと思った。

この商店街、近所の人が日々の買い物に利用してますっていう生活密着感があって、加えてチャイナやコリアの店も少なくなく、楽しくカオスな様子なのよね。
で、なにを食おうかといろんな店を眺めながら歩いてたら、立ち飲み屋の看板が目に止まった。

立ち飲み日昇

「日昇」って店。

何か食おうと思ってたんじゃないのか、とツッコミが入るかもしれないが店頭で点心っぽいの売っててね。

立ち飲み日昇

そういうのを店内で食えるようなんだね。
あー、中華街で中華料理を食うってのが、ひとつの横浜観光であるな、そういうことを俺もしてみよう。
そう思って、立ち寄ることにしました。

商店街の中の軽食スタンド、とでも言うのかな、焼きそばとかタコ焼きとか、夏はかき氷とか売ってそうな小さな店ってあるじゃない。
そういう感じの店の規模で、コンパクトな敷地。
立ちカウンターがあるが、椅子も用意されている。

立ち飲み日昇

店頭でも売ってる点心とかの他に、アイスなんかも売ってる。
子供が遊びの合間に、おこづかい持って寄りそうな店でもあるなぁ。
いやアイスは250円するから子供にはキビシイか……大人が買い物の途中に休憩するのかな。
でもなんだか、ちょっと駄菓子屋さんっぽい雰囲気を感じるなぁ。

立ち飲み日昇

まぁ酒もありますから、俺みたいなオッサンも立ち寄るわけですな。

なにか食おうと立ち寄ったけど、酒があるなら飲もう。
でも少し控えめにしておこうかなと、ウーロンハイ。

立ち飲み日昇

そして食いものは、横浜中華街っぽい気分(?)で小籠包。

立ち飲み日昇

小籠包とウーロンハイでチャイナな気分よの。
小籠包は3個300円で、なら1個100円か。
横浜中華街で食うよりリーズナブルだぞ、美味しいし。
極めてありきたりな表現だが、ジューシーで美味しい小籠包だった。

そんでさぁ、3個ってのが丁度いい数かもね小籠包の。
こういうのって10個とか食っちゃうと興ざめするような、そんな気がしない?

ウーロンハイと小籠包で600円だったかな。
この気楽な安さも、駄菓子屋さんっぽく感じる一因かな。

店のスタッフは明るく仕事をしていて、客は近所の住人が普段着で立ち寄って、っていう。
なんかよく意味わからんけど、“日々是好日”と感じさせる店だったよ。

↓「食べログ」での店舗情報

立ち飲み日昇立ち飲み居酒屋・バー / 阪東橋駅伊勢佐木長者町駅黄金町駅

関連記事

博多駅とりあえず行ってみたよね駅から300歩横丁その中の「魚助」に寄ってみた

俺はそんなに新しいもん好きでもないと思うが、つーか新しくできた店とかに早速駆けつけるのは気恥ずかしい。
しかし飲み屋が何軒も集まる施設ができたというなら、やっぱ気になりはする。

というようなわけで博多駅の隣にできたKITTEとJRJPビルに、オープンからしばらく経っての5月の半ばに立ち寄ってみたのです。

まー、とりあえずKITTEの地下の飲食店フロアは俺には馴染めないわ。
なんか、いろんな店があるんだけども、どれも壁がなくオープンな造りで、それらは“店”ってよりデパートの一角にありそうな飲食コーナーみたいに感じて。
まぁショッピングモールのフードコートとかよりは、それぞれに“店”な感じではあるんだけど。
そんで、やたらと人も多いし平日の昼間なのに。
なんか、落ち着かなそうで、どの店にも立ち寄らず。

で、JRJPビルの「駅から300歩横丁」へ行ってみた。

魚助

こちらは照明も抑えめで、人通りも多くなく、やや落ち着く。
酒器をあしらった壁面の意匠も、酒飲みを歓迎している感じが演出されていて馴染む。

一通り、端から端まで店を眺めて、一軒の飲み屋に立ち寄ってみた。

魚助

「長浜鮮魚卸直営店 博多 魚助」という店なんだが、長いな、「魚助」でいいじゃん。

何軒か店があるなかで「魚助」に寄ったのは、他の店はランチタイム後のアイドルタイムに休んでいたというのもあるが、ここは昼酒を推しているようだというのが、店先の掲示に見て取れたからだ。

魚助

それと、店先で客寄せしてた店主らしき人にタバコが喫えるか確認したらオーケーだったからだ。
どの店も通路に面してオープンだから、どうせどこも禁煙だろうと思っていたので予想外に嬉しい。

平日の昼下がり、先客はない様子。
奥のテーブル席についても良かったが、あえて通路に面したカウンターへ。
だいたいカウンターが好きなのよ。

まずビールを飲もうと、銘柄はなにがあるか訊くと、プレミアムモルツだけだった。
じゃあ、消極的に、それで。

魚助

キリンやサッポロはないの? という遣り取りを店員さんとしたのだが、それを受けてだろうカウンターの向こうの厨房スタッフが“ビールはモルツが一番なのに!”みたいなことを同僚に話してたんだが、俺にも聞こえてるよ。
俺はモルツもプレミアムモルツも好きじゃないんだよ。
アサヒファッキンスーパードライみあいに嫌ってはいないが、好きじゃあない。

それはそれとして、お通しを持ってきてくれた女の子スタッフが初々しくて可愛かったです。
お通しが出るという、そのことは嬉しくないんだけども。

で、ビールのアテはどうしようかとメニューを眺める。

魚助

いろいろあるけど、おおむね500円という印象。
安くはないなぁ。
うーん、お通しが出たからアテはそれだけでいいんじゃね、とも思ったがオープン間もない店の暇そうな時間帯に訪れた一見の酒飲みとして、料理を注文しないのは酒飲みとして無粋かもなぁとか思った。

魚助

穴子の白焼き500円也。
うー、もう一仕事が欲しかったかも、もっと骨抜いて。

カウンター席、客の目線の真ん前にはカップ酒がいくつも並んでいた。
その品揃えも“売り”であるようだったから、飲んでみようかと思った。

魚助魚助

あ、カップ酒どれも850円なのか。
安くはないなぁ。

カップじゃない酒、喜多屋を注文、一合500円だったかな。

魚助

なんか独創的な酒器で出てまいりました。
冷か燗か訊いてくれた女の子スタッフが初々しくて可愛かったです。

で、まぁ昼酒推奨で喫煙可で、そういうところは好きだけど、総じての印象は“安くはないなぁ”というものだね。
うーん、ついつい東京や大阪の駅近くの酒場とかを思い浮かべちゃって比べちゃうと、安くはない。
いやそれよりすぐ近く、博多駅DEITOSに安く飲める店があるので、それと比べて安くないなぁ。
なんか、お得感が希薄なのよね。

うーん、なんか残念ね。

長浜鮮魚卸直営店 博多 魚助魚介・海鮮料理 / 博多駅祇園駅

関連記事

これぞ本格角打ちという満足感を得た「浅見本店」横浜市南区阪東橋駅から徒歩10分

2015年12月6日、俺は横浜でハシゴ酒をしていた。
市営地下鉄の阪東橋という駅の辺りに角打ちできる酒屋があるという情報をもとに、昼前から徘徊していた。

角打ちが楽しめる酒屋は阪東橋駅の東南、歩いてちょっとの辺りに集まっている印象。
駅から東へ行くと「横浜橋通商店街」という楽しく生活感のあるアーケード街があり、そこを通り抜けてからが酒屋地帯という感じだね。
アーケードを抜けて大きな通りを渡ると、軒が大きく張り出して連なる商店の並びがある。

浅見本店

その中に「浅見本店」という店があった。
あー、いい感じに昭和な風情で、にぎやかにゴチャゴチャした店先。
あ、店内からはみ出すように立って飲んでる人が見える。

だいぶ古くから営業している、角打ちできる酒屋だという情報を拾っていた。
事前情報がなくても、ああ飲めるんだなと一目瞭然な感じもあった。

俺が立ち寄ったときには、もう既に何人もの客で賑わっていた。
日曜の正午過ぎ、お休みの日の昼メシ時って時間帯なわけだが、酒屋で立ち飲みしてる人が何人もいるということだ。
そういうの素敵じゃない。

浅見本店

俺もポン酒を一杯。
銘柄は忘れたが、三重県の、二級酒だ。
二級酒、というクラス分けが今でも品書きに残っているのが楽しいな。
二級酒一杯230円。
一級だと10円高い。

浅見本店

角打ちコーナーは逆コの字カウンターで、一辺は小売りスペースとの仕切りになり店主が酒やアテを供する空間で、他の二辺は壁を向いている。
壁を向いた辺には品書きの短冊がいっぱい。
とても几帳面に分量と金額が明記されていて、明朗会計な感じだなぁ。

浅見本店浅見本店

歴史を感じさせる写真なんかも貼ってあり、昔からの酒屋で角打ちしてるって気分も楽しい。

浅見本店

この日に開催だった福岡マラソンの中継が店内のテレビで流れていて、常連客たちはそれを眺めながら即席マラソンコメンテーターと化していた。
俺はマラソンより、店内の様子を眺めているほうが楽しい。

いやぁ、これぞ角打ち、という楽しさがある。
角打ちエリアが広くて、ちょっともう酒立ち飲み屋という様相を呈してもいるが、小売りもやってる酒屋であることは間違いないので正しく酒屋で角打ちなのだ。

なんかもう貫禄さえ感じる空気が店にはあって、でも客は日常の様子で楽しく酒を飲んでいて、ああ良いなぁ。
ここに来れただけで、もう横浜まで足を伸ばした甲斐があったという気持ちになったよ。

横浜、楽しいなぁ。

浅見本店立ち飲み居酒屋・バー / 阪東橋駅伊勢佐木長者町駅黄金町駅

関連記事

ブルーライン阪東橋駅界隈の酒屋を徘徊「田原屋酒店」で楽しく角打ち横浜市南区

2015年12月6日、朝は新橋にいて昼前には横浜にいた。
横浜市交通局ブルーライン(市営地下鉄ですな)の駅に「阪東橋」というのがあって、その界隈には角打ちできる酒屋が何軒かあるということで機会があれば行ってみたいと思っていたのだ。
機会は来た。

目的の酒屋が集まっているのは駅チカではなく、駅の東南歩いてちょっとな辺り。
その辺りに行く道すがら、商店街を通ってみた。

田原屋酒店

「横浜橋通商店街」っていうんだね。
ガヤガヤと楽しい、そう規模は大きくないのも濃縮されてる感じがする良い感じの商店街だねぇ。
庶民的で、またチャイニーズやコリアンな店もちらほら目立つ、コンテンツてんこ盛りって様相もあるね。

商店街を通り抜け、頭上に都市高速が走る広い道路を渡って、少し入り組んだ住宅地の中に目的の酒屋を見つけた。

田原屋酒店

「田原屋酒店」。
なんだか懐かしさを感じてしまう佇まいだ、と思いつつ同時に、この外観では角打ちできるのかどうか判んないなぁとも思った。
もっとも、ネットで事前に情報を拾ってはいるんだ、角打ちできるって。
とはいえネットには古くて更新されないままの情報というのも溢れていて、とくにタイムスタンプのないテキストには信頼性を疑っておくべきものも少なくない。
というようなことを、店の前まで来ておいて考え込んでも意味がないので、ずんずんと店先へ近づくのだ。

田原屋酒店

店先の台の上に、いきなり灰皿が置いてあって重度喫煙者の俺に嬉しい。
だが待て、外に灰皿が設置されてるってことは店内は禁煙ってことだろう、それはそれとして店内を覗き込んでみても角打ちカウンターのようなものは見当たらないんだが。

と、覗き込んで逡巡していても意味がないので、ずかずか店内へ入るのだ。
オッチャン店主がいて、ここで飲めるかと訊くと、あっちで、と。
そう言ったオッチャン店主が指差すほうを見ると、ああ角打ちコーナーがあるじゃん。
店に入って右手は小売りスペース、左手が角打ちコーナーってわけだ。
それらは仕切られているので、いったん外に出て、最初は気づかなかった角打ちコーナーへの入り口から入りなおす。

田原屋酒店

飲み屋のカウンターは、だいたい厨房とか店主の側が囲まれる形になっているよね。
でも、ここは逆で、客がカウンターに囲まれているような感じ。
まぁ、古い大衆酒場や立ち飲み屋ではたまにあるよね、逆コの字形のカウンターってやつね。
ここは囲まれてる空間が狭くて、なんだか飲んだくれが隔離されてると想像してみると面白い。

田原屋酒店

さて角打ちコーナーと小売りスペースは仕切られているので、客が自分で酒やアテを手に取ることはできない。
オッチャン店主にビールを注文した。

田原屋酒店

黒ラベルの350ml缶。
黒ラベルもいいよねぇ。

オッチャン店主は話し好きで、先客の地元オッチャン客も交えて、たまたまこの日に開催されてた福岡マラソンの話しなんかをしつつビールを飲んだ。
俺はスポーツ全般にぜんぜん興味がないんだけど、マラソンのコースになってる街のことなど話す。

田原屋酒店

古くから地元に根付いてる酒屋って感じで、それでいて一見の他所者である俺にも敷居が低かった。
こういう、町場の気取らない酒屋での角打ちってのは、やっぱいいもんだ。
こういう酒屋が横浜にもあるんあだなぁと知れて、横浜へ足を運んだことが報われて嬉しいって感じた。

↓「食べログ」での店舗情報

田原屋酒店その他 / 阪東橋駅伊勢佐木長者町駅黄金町駅

関連記事

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement