ラーメン290円という看板を見かけたなら素通りはできないわな「唐木屋」福岡市六本松

やっぱ福岡、ラーメン屋の層が厚いよなぁ。
たかがラーメンに800円みたいな価格設定をするファッキンな店もあれば、すごく安い値段で提供している店もある。

安さでは、店を閉められた野間の「勝龍軒」の100円は別格例外として、290円で提供している「はかたや」、同系列で280円の「膳」に勝るものはないと思っていた。
だが六本松に「はかたや」と同額の290円でラーメン出してる店があったんだねぇ。

唐木屋
「唐木屋」という店。
たまたま通りがかって看板が目に止まり、おお「はかたや」と同じ値段じゃん! と驚いた。

唐木屋

興味は、「はかたや」と同じくらいに俺が好きになるラーメンだろーか、という点である。
さっそく食ってみっかと店へ向かう。
そこで、加えてもう一点、気になるところがあった。

唐木屋

サイドメニューが、ツマミとして店先でアピールされている。
じゃあ飲めるっていうことか。
うむ、とにかく「はかたや」と同額のラーメンがどういうものか気になっているのだが、まずは飲めるなら飲もう。

店に入ると左手にカウンター席の向こうに厨房、右手には壁に面してカウンター席、店の奥に食券マシーン。
ビールの食券を買う際に、店員さんにビールの銘柄を確認すると黒ラベルとのこと。

唐木屋

黒ラベル、いいねぇ。

アテは何にしようか考えるが、まぁ落ち着いて確認すると特に酒のアテという感じではなく、まぁラーメン屋にはこういうサイドメニューあるよねってラインナップではあった。
もう一つ面白みに欠けるなと思いつつ、チャーシューネギ。

唐木屋

うん、でもチャーシューってビールに合うし、250円という価格設定は嬉しいよな。

俺が店に入ったときはノーゲストだったが、後から客がどんどん来てラーメンを食っていて、小ぢんまりした店なのでのんびり酒を飲んでいられる雰囲気じゃなくなる。
まぁ賑わってるのは店にとって良いことだわ。
では俺も飲酒を切り上げて290円のラーメンを食おう。

唐木屋

見た目、茶色いねって感じ。
ちょっと「元祖赤のれん 節ちゃんラーメン」を思い浮かべたが、そういう特徴のあるラーメンでもなかったな。
えー、好き嫌いでいえば、俺の好みじゃないや。
まぁスープがどうのこうの麺がどうのこうのは、290円のラーメンにそういうこと言うのも無粋なんで触れない。

店は大将と、推定東南アジア系男子アルバイトスタッフで切り盛りされていた。
注文が集中したら二人で黙々とこなし、オーダーがさばけたら二人で談笑していた。
そういうの、店の人間が私語をするのはけしからんなんて怒る人もいるのかもしらんが、俺は好きだな。
ま、話題がパチンコや風俗のことだったら不快だが、この先どうすんの日本で? みたいな話してたからね。
店主が従業員を大事にしてて、また雇われてる側も雇用主を信頼してる空気があった。
なんか、店主とスタッフが仲よさそうなのって、微笑ましいじゃん?

そんなこんなで、ラーメンは好みじゃなかったけど店自体はなんか好きかもしれん。

↓「食べログ」での店舗情報

唐木屋 六本松店ラーメン / 六本松駅桜坂駅別府駅

関連記事

あれから10年ちょっと経ったかな今ではいろんな酒が飲めるよ「ウエストうどん屋天神店」

福岡市で暮らしてると、いろんな機会に「ウエスト」に立ち寄るわな。
そんで「ウエスト」には沢山の店舗があるから、店毎に懐かしさとか想い入れもそれぞれあったりするんだな。

国体道路沿い、西鉄天神福岡駅からそう遠く無い場所にある「うどん屋天神店」に、けっこう思い出がある。
「ウエスト」を利用するのって独りの場合が圧倒的に多いんだけど、この店舗では珍しく何人かで利用した思い出がある。
明け方の妙な時間帯、さんざん酒を飲んで腹が減ってきているが酒もまだ飲むぜってコンディションで、友人たちとダラっと酒を飲むということが何度かあったよなぁという思い出。

で、その頃に思ってたのは、せっかく24時間飲める店ではあるがビールしか飲めなくて他のアルコールも出せばいいのに、ってこと。
俺の記憶が確かなら、頑なにビールしかなかったんだよ。
焼酎文化圏の福岡だから焼酎はあってもいいんじゃないかとも思ったが(俺は焼酎が苦手だが)、ビールオンリーだった印象が今の強く残ってるんだ。
まぁ何十年も毎日のように酒を飲んで脳が萎縮してる酔っ払いの、10年ちょっと前の記憶っていうのは甚だあてにならないって気もするけどもさ。

今は、いろんな酒が飲める「ウエスト」で会って嬉しい。
居酒屋メニューを出すようになったのも嬉しい。
そんな「ウエストうどん屋天神店」に、すごく久しぶりに立ち寄った。

が、立ち寄ったのは17時前だった。
そう、うどんを食いにじゃなく酒を飲みに寄ったんだが、「ウエスト」って居酒屋メニューは17時からなんだよね。
うっかり少し早く着いてしまった。
しかし天神の店は早い時間帯から飲めるんじゃないかなって淡い希望もあったんだ、熊本市の生そば業態店が以前は17時だったのが15時から飲めるようになったケースもあるし。

だが、やっぱり居酒屋メニューは17時からだった。
とりあえず店先で17時になるのを待つのは嫌で、店に入ってしまえばどうとでもなるかと甘く考えて店内へ。
フロアスタッフのベテランっぽいオバチャンにダメ元で確認するが、居酒屋メニューは17時という業務ルールは変わらず。
ただ、とりあえず座って10分ほど待ってたらどうかとのサジェスチョンをいただいた。
居酒屋メニューの時間帯になるまで別になにも注文しなくていいから座ってゆっくりしといて、と。
これは、ありがたかった。
最悪、いなり一個だけとか注文して時間をやり過ごそうかと考えてもいたが、別に欲しくないものを注文するのはストレスで、それが回避できる提案なので嬉しかったね。

こういう、ちょっとした融通が利くからオバチャンスタッフは良いね。
まぁ若いピチピチギャル店員であっても注文を急かすようなことはないと思うが、なんか気まずくなると思うんだ。
注文せず座っていれば、若いピチピチギャル店員が厨房スタッフから早く注文取れよと怒られるかもしれん。
だがオバチャンなら安心で、あのお客さんは居酒屋メニューの時間になったら注文しんしゃると厨房に一声かけてくれて、俺は気兼ねなく10分ほどボケっと座ってられるってわけよ。

ウエストうどん屋天神店

さらに嬉しいサジェスチョンがあり、とりあえず生ビール飲めば、と。
えっ、でも居酒屋メニューは17時からじゃと思ったが、思い直してみれば生ビールはレギュラーメニューに含まれてるんだよね。
ハイボールとかポン酒は17時からじゃないとダメだが、ビールは飲めるじゃんってことだ。
そういえば昼間に「ウエスト」でビール飲んだことが何度かあるわな。
妙な思い込みでビールも17時にならないと思い込んだ俺は、ずいぶんアタマの固いオッサンになっちまったもんだな。
それにしても、オバチャン有能。

ウエストうどん屋天神店

そんなこんなでビールを飲みつつ、居酒屋メニューをチェックする。
アテのメニューは店舗毎に少し独自性があると思うんで、その辺を確認。

ウエストうどん屋天神店ウエストうどん屋天神店

ふむふむ生ハムとかアヒージョあるのか、しゃれとんしゃー。
アテはそんなに多く要らない俺ではあるが、オバチャンへの感謝を込めてちょっと多く注文しようか。

ウエストうどん屋天神店ウエストうどん屋天神店

まず、鶏皮カリカリせんべい。

ウエストうどん屋天神店

それから鶏天ねぎマヨポン酢。
あ、どっちも鶏じゃねーか、まぁいいや。
鶏皮は揚げたてカリっジュワーを想像したが、調理済みで冷たかったが、まぁいいや。
冷たいながらも酒が進む味付けで、ビールの次はポン酒にいきましたね。

飲み食いしながら、他にも何か楽しげなものはあるかとメニューを眺める。
夜定食というのもあるのか、まぁありがちでもあるが。

ウエストうどん屋天神店

むっ、だがちょっと待てよ?
夜定食、+100円で吸い物を「半玉うどん」か「肉すい」に替えられます、だって?
ここでは“肉吸い”が通じるのか!
九州は“肉吸い”って言っても何ソレ?って返される文化圏だと思ってたが、「ウエスト」では通じるのかぁ。
(肉吸いってナニ?って方はこちらをどうぞ。)
いやこれも個店差があって他所の店舗じゃ通じないのかもしれないが。

肉吸いも注文しようかと思ったが、夜定食のサイド扱いで単品注文はできないかと思ってスルー。
まぁ単品でも注文できたかもしれんし融通を利かせてくれたかもしれんが、またオバチャンに世話かけることになっても申し訳ないなという気分もあって、スルー。

それより、うどん屋なんだから酒とアテだけじゃなく、うどん注文したほうが良いかもしれんなオバチャンへの感謝も込めて。
そう考えた。
そう考えたのだが。

ウエストうどん屋天神店

そば注文しちゃった。
うん、どうしてもね、うどんorそばって選択肢が目の前にあったらね、そば選んじゃうのよね。
なんかスマン、おばちゃん。

そんなこんなで最初は想い出から書き始めたが、後半はオバチャンの配慮を思い出しつつ書きました。
有能なオバチャンがいる有能な「ウエスト」だよ、うどん屋天神店。

↓「食べログ」での店舗情報

WEST うどん屋天神店うどん / 西鉄福岡駅(天神)天神南駅天神駅

関連記事

福岡市西新「西新亭」は飲めるラーメン屋でもあるが320円のラーメンの魅力が大きい

西新には商店街があって、飲食に限らずいろんな店を眺めて歩くのが楽しいんだ。
そしてまた商店街から地下鉄が走る明治通りへ抜ける細い路地も、穴場っぽい店があって楽しい。

「西新亭」というラーメン屋も、薄暗い路地にある。

西新亭

この店を俺は知らなかったが、ラーメンが安いじゃないか320円だってよ。
俺の愛する「はかたや」の290円よりは安くないが、それに肉薄する安さだ。
別に安ければ安いほど良いし安さこそ全てだと思ってるわけじゃないが、すごく低価格なラーメン屋が「はかたや」の他にもあるんだなっていうのに福岡のラーメン界の層の厚さを感じたね。
ラーメン県ってより、うどん県じゃないかなと普段は思ってるんだけど。
いやいやどうしてやっぱり侮れないラーメン県やね。

西新亭

では320円のラーメンというのを食ってみよう。
店内は厨房を囲むL字カウンターのみ、店に入ってすぐの所に食券マシーン。
マシーンに記載のメニューを一瞥するが選ぶのは320円のラーメンだ。

西新亭

注文が通って、すぐにラーメンがでてきた。
この見た目、うまそうじゃないか。
透明でツヤがある、といった印象。
透きとおるスープに脂が浮いて、とも言い換えられる。

食ってみたら美味しい。
えー、マジでー、230円でこんなにー? って程に。
いや500円は払えるよってレベル。
コッテリギトギトはしてない、でも十分なトンコツ感と旨味。
これはー、愛する「はかたや」より高い分だけの美味しさがあるなと認めざるをえない。

と、思ったのだが。
いや確かにうまかったが、だいぶ後まで口の中に残っちゃう味のクドさがあるな。
そういう感じが、食後1時間くらいまで残ってたかも。
食ってしまえば終わる刹那の味、「はかたや」の方が俺はやっぱ好きかな。

それとはまた別の話で、320円のラーメンしか選ばんしと食券マシーンのメニューを一瞥しかしなかったので気付かなかったが、店を出るときに酒のアテになるメニューがあったんだと気がついた。

西新亭

店主に、昼から飲めるのねと確認すると、そうですと肯定された。
そしてカウンター席の隅で飲んでる客がいたことにも気づいた。
けっこうオールドなレディーが一人で瓶ビールを楽しんでいたのだった。
オールドなレディーに話しかけてみると、上機嫌で昼間によく飲んでるとの答え。
飲んでるビールの銘柄を見るとキリンラガーじゃないか、こいつは素敵だ。

そんなことがあって、後日また昼下がりに訪れた。
今回は、まずビールだ。

西新亭

キリンラガー瓶があって嬉しい。
さて、アテは何を選ぼうか。
餃子やチャーシューは普通にラーメン屋にありそうなので、ちょっとラーメン屋にはないだろうってものを選ぶのが楽しいな。
牛スジ煮込みを選んだ。

大鍋からサッと提供されるかと思ったが、冷蔵ケースから下拵えの済んだであろうものを取り出し鍋にあけて仕上げの調理をしているようだった。
待つことしばしで、煮込みがでてきた。

西新亭

すごくシンプルな。
コンニャクとか、なんもないスジだけの煮込み。
まぁ、ネギの色が映えるシンプルさではある。
食ってみると、まぁ正直そこまで本格的な煮込みってほどでも、ないかな。
でもまぁビールのお供になるよ。

うん、昼から飲めるラーメン屋ではある、けれどもそんなに腰を落ち着けて飲める店でもないね。
とはいえサラっと一杯やるには良いかもしれない。

さて、俺は蕎麦屋で蕎麦を食わなかったりするんだけどね、酒を目当てに立ち寄った場合は。
ここでもビールと煮込みだけでいいやと思っていたところもあったが、ラーメン食いました。
前回の、うまさの記憶が濃かったというのもあるし、安いからというのも大きい。
これが500円超えのラーメンだったら、ビールとアテに使った額と合わせて余裕で千何百円かになっちゃうなとケチくさく躊躇したりするんだが、320円だからね。

西新亭

そんなわけで、2度目にここのラーメンを食ったのだが、やっぱりうまかった。
そして、また食いたいと思った。
うん、「西新亭」のラーメンが、すっかり好きになったようだ。
俺の愛する「はかたや」は店舗がいくつかあって、この西新にも店があるのだが。
西新にいるときだけは「はかたや」じゃなく「西新亭」を選んじゃうかなこれは、と思った。

西新でだけ浮気するよ、ゴメンね「はかたや」。

↓「食べログ」での店舗情報

西新亭ラーメン / 西新駅藤崎駅

関連記事

西新の商店街を歩いていて平日は14時から飲める「藤達」って店に辿り着いた福岡市早良区

西新は福岡市の中でも住んでみたい町ランキング上位に入ると思うが、俺も住みたいと思った。
学生向けの安い賃貸物件が多めな印象だし、活気があって庶民的な商店街に魅力があるんだよなぁ。

福岡市営地下鉄に藤崎という駅がある。
地下鉄西新駅の隣なんだが、藤崎も西新の延長というか一部という気が俺にはする。
西新の商店街をのいろんな店を眺めながら歩くと楽しくて、いつのまにか一駅分歩いて藤崎まで行っている。
そんな藤崎で、気になる看板が目にとまった。

藤達

煮込み、か。
開いてます、か。

まだ昼だが、酒が飲めるってことか。

藤達

うむ、14時から飲めるってわけね。
これは立ち寄って見ねばなるまい。
俺は昼から飲める店が大好きだ。

藤達藤達

彩やかなイエローが怪しげなビルの1Fに、なるほど営業中の店があった。
「藤達」という店。

平日の14時から17時まではアルコールすべて390円って、ハッピーアワーなわけね。
昼間がハッピーアワーな店って、いいね。

店先のドアは開け放たれていて、ちょっと覗くと薄暗い店内。
外は昼だが店内は夜の雰囲気だね少し。
立ち寄ったのは平日の15時ちょい過ぎ、カウンター席には先客が一人あって、ちゃんと昼から飲める店として機能してるんだなぁ。
俺もカウンター席に着き、まずは一杯なにを飲もうか。

煮込み推しの店のようだからアテに煮込みを注文するとして、それなら飲みたいのはビールだな。
瓶ビールはあるかマスターに訊くとビールは生だけとのこと、生の銘柄を訊くとサッポロ黒ラベルとのことで、それなら生をいただこう。
生ビールといいながら発泡酒や第3のなんとかを出す店もあるので確認しないと生は注文したくないのだが、ここはポリシーを持って黒ラベルを選んで出している空気があって、それなら信用できる。

藤達

うん、ビールうまい。
では、煮込みを注文しよう。
だがここでまた、煮込みはどういう煮込みなのか訊かないと気が済まない俺。
なんでかっつーと、俺は内臓が苦手だからなのよね。
で、どんな煮込みか訊くと、牛煮込みだ、との答え。
で、牛のモツなのかスジなのかどういう部位なのか訊くと、やや憮然とした様子でスジや赤身の煮込みとの返答。
東京で煮込みってーとモツだかスジだかわかんないし、大阪でどて焼き、名古屋でどて煮を頼むときもそれは同様で、俺は内臓が苦手だからいちいち訊くんだよゴメンねと伝えると納得してくれたようだった。

しかしまぁ、大衆酒場や立ち飲み屋が好きなのに内臓や焼酎が苦手ってんだから、俺もまぁ変わった酒飲みかもしれないね。

藤達

さて、牛煮込み。
並650円と小550円とあって、小を。
小にしても、俺には十分過ぎる量だな。
正直、550円というのは大衆酒場価格に較べると高いと感じたが、いやいや納得の満足感はある煮込みだ。
豆腐やコンニャクのたっぷりで、肉もこんもり。

藤達

コクのある深い味付けで、こりゃ汁だけでも酒が飲めそうだと感じる味。
ただ店的には煮込みの汁をゴハンにぶっかけて食うのが推奨のようだが、酒飲みからするとゴハンのお供にするのは勿体なく思ってポン酒を注文した。

藤達

ビールもいいが、ポン酒も煮込みに合うよねと思うんだ。

この辺で、落ち着いて店内を見回す。

藤達藤達

煮込みだけじゃなく、酒のアテになるものがいろいろある。
カウンターに並べられた惣菜もいいね、キレイに焼かれてる玉子焼きもソソる。
普通の玉子焼きじゃなくて、品書きによると“う巻き風”とのことで、うなぎじゃなくサンマの蒲焼を巻き込んであるとのこと。
それもいいじゃない、と注文した。

藤達

うん、適度にチープ感があって、こういうの好きだわ。
調子にのってポン酒もう一杯。

最初はとっつきにくいかなと思ったマスターは、意外とけっこう話好きで、なかなか楽しく飲めた。
14時から飲めるのは平日だけっていうのも、なんか独自のスタンスを感じて面白い。
藤崎は自分の普段の行動圏ではないけど、わざわざ行くのも良いなと思える魅力があるね。
昼から飲める日は西新、藤崎に出ていって過ごすというのも、バカンス感があって良いかもね。

↓「食べログ」での店舗情報

藤達居酒屋 / 藤崎駅西新駅室見駅

関連記事

美味しいと話題の「ごろごろチキンカレー」を食べてみようと「松屋」大名1丁目店へ

「松屋」の新商品ごろごろチキンカレーが、ものすごく美味しい。
そんな意見をtwitterのTLで幾つか見かけ、ふーむ、そうなのかと思っていた。

ま、ステマなんじゃないのと思いつつ、釣られて一度くらい食ってみるのもいいかな、と。
そう思ったが、並盛り590円(税込)もするのね。
高いなー、「松屋」で500円以上は使いたくないなぁー。

アバウト600円を出すなら、メシ系ファストフードじゃなくて定食屋とかでメシ食えるじゃない。
そう考えると、590円を使って「松屋」でカレーを食うのは躊躇われた。

twitterのTLでは、パッと拡散してサッサと収束しそうな気配があった。
あら、ごろごろチキンカレー早期に姿を消しちゃうのかな、と感じた。
そうなると消える前に食っておこうと思っちゃうんだよね。
なんか、メンドくさい奴だな、俺。

そんなこんなで「松屋」大名1丁目店へ。

食券を買うとき、オリジナルカレー330円でいいんじゃないかな、と思った。
しかし意を決して590円を、使う。

ごろごろチキンカレー

そこそこ客は多かったが、みんなネギたま牛めしとかを食ってる様子。
やっぱねぇ、400円以下でメシが食える「松屋」で、わざわざ500円以上のメニューを選択するって酔狂だよなぁ。

ごろごろチキンカレー

注文の品が来た。
うん、なかなかごろごろしてるな鶏肉が。
あと、良い香りだ。

ごろごろチキンカレー

鶏肉の他は、牛めしに使われているものの流用かなって気がするタマネギがはいってる。

さっそく、一口。
うん、美味しいんじゃない。
うん、なかなかこう、イケますな。
鶏肉が、食べ応えありますな。

うん。

でも、590円の満足感かな?
また食べたいと思うかな?

俺はもう、いいや。

↓「食べログ」での店舗情報

松屋 大名1丁目店牛丼 / 西鉄福岡駅(天神)天神南駅天神駅

関連記事

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement