福岡で餃子といえば「旭軒」なかでも福岡市中央区春吉「旭軒 春吉店」が好き

そういうわけなんですよ、福岡で餃子といえば「旭軒」なんですよ。
まぁ「テムジン」とか「鉄なべ」のほうが知名度は高いのかなって思うけどもね、俺にとっては「旭軒」なんだな。
で、「旭軒」も店舗がいくつかあって、その全部に行ったわけでもないんだが、俺は春吉店が一番好きだなぁ。

まず、その佇まいがね。
春吉は、もう出店する隙間もないんじゃないかってほどに飲食店ができまくって、かつて(10数年前)“あの辺は暗いし治安悪いしラブホしかない”ってイメージだったのが一変しているわけだが。
それでも今なお暗い路地にひっそりと「旭軒 春吉店」はある。

旭軒 春吉店:外観

それだけでもう、俺には魅力的なんだな。
でまぁ、小振りで二人前サクっと食えちゃう餃子の味も良いんだが、古びた店構えで古びた女性……バーチャンとオバチャンが二人三脚でやってて、昔から古びた女性だったが今も変わらず古びているのが、なんか良い。
逆に、変わらないって老けてないってことか。

旭軒 春吉店:酒

店に入ると、まず焼餃子を注文して、次にビール。
キリンラガー瓶があって嬉しい。

そして餃子が焼けるまで、カウンター上に用意されている手羽先をつまむのが通例となっているようでございます。
ただ俺はあんまり手羽先って好きじゃないので(食うのがメンドくさいから)スルー。

狭い店内は、狭い厨房を囲むようにカウンター6席くらい?
オバチャンは餃子が良い具合に焼けるのを待つ間、テレビに釘付けである。
それはもう、これこそが“釘付け”というものだなぁと感心するほどに、テレビを食い入るように見てテレビに相づちをうったりしている。
それでも、餃子の焼け具合はしっかり監督しているので、これも感心。

旭軒 春吉店:料理

上の画像は焼餃子二人前。
なんなら三人前くらい軽く食えそうだよね。
一人前400円、キャベツが添えられるのが地味に嬉しい。

この店には餃子(焼 or 揚)と手羽先しかない。
なので、ゆっくり腰を落ち着けて酒を飲むのには向かない店だ。
なにより狭いし客は多いので長居はできない。
たまにフラっと立ち寄って餃子をサクっと食って店を出る、束の間を楽しむ店って感じだね。
注文がさばけるとバーチャンとオバチャンがテレビを見ながら餃子を仕込む様子を眺めるのも楽しいよ。

久しぶりに寄ったら表の置き看板に食べログのステッカーが貼ってあって、なんだか時流に乗ってるようで少し笑ったが、他は相変わらず昔から変わってないなぁって嬉しくなった。

↓「食べログ」での店舗情報

旭軒 春吉店餃子 / 渡辺通駅天神南駅薬院駅

関連記事

深夜に賑やかになる清川「アニア」はふんわりした居心地の飲み屋だ

<追記:2016年03月30日>
久しぶりに行ったら、なんか酒が増えてたぞ。
ウイスキーが以前よりいっぱいあった。

アニア:店内

俺が好きなVAT69もあったので、ハイボールで1杯ロックで2杯。
酒が増えて嬉しい。

<初回投稿:2015年04月23日>
福岡の中央区の賑やかなところって天神で。
そこから西へは大名に赤坂に警固くらいまで賑やか。
南へ下ると渡辺通り、薬院から高砂、白金辺りまで賑やかで、ちょっと賑やかさが途切れるのが清川。
というわけで天神を中心に飲み歩くとしたら、清川はちょっと遠いなと感じるエリアとなる。

その清川に「アニア」はある。

アニア:外観

暗い路地に、ポツンとあるといった佇まい。
まぁ今は昔より近隣に飲食店が増えたが、以前はほんとにポツンとあるという感じだったな。

けっこうな築年数のビルの一階にあり、寂れた風情があるのだが人気店だ。
深夜そうとう深い時間から明け方くらいまで満席に近いことが珍しくない。

ガラガラと引き戸を開けると、床には砂利が敷いてありカウンターは照明暗め。

アニア:店内

フードメニューはない、酒を飲むためのバー。
バー、というかしこまった空気でもないか、なんともユルい店であるし。
そのユルさはマスターが醸し出すものであるし、マイペースに振る舞うように見えるマスターである。
だが実は、繊細なホスピタリティに溢れている。

なにを飲もうかとバックバーにある酒を眺め……いやそんなに品揃えは豊かではないんだよね……とりあえずなんかウイスキーちょうだいと所望する。

アニア:ウイスキー

あるものを飲む、という流れになるんだわ、この店では。
この夜に出てきたのは、スノウグラウス。

アニア:ウイスキー

フェイマスグラウスのバリエーションだな、飲んだことなかったので良い機会だ。
味わいは……酔ってたし忘れた。

マスターはマイペースな感じと書いたが、唯我独尊という風ではなく、接客はとても柔らかい。
のんびり、というか、はんなり、というか。
俺は割と、せっかちなほうだが、ここに来るとのんびりした気持ちになる。

アニア:店内

この店では横に座った見知らぬ客と会話が盛り上がるのも珍しくなく、それもマスターの個別の客に接しながらも客同士で和ませるスタイルによる、と感じる。

そんなマスターだが、その柔らかい印象や風貌からは窺わせないが、実はハードコアパンク好きなんだよ。
LIP CREAMとかね。

この店の魅力はマスターの魅力とイコールである、と言える。
その意味でパーソナルな店なんだが、人が集うのが魅力である店でもある。
心地良く酒が飲める店だよ。

【広告】Advertisement


↓「食べログ」での店舗情報

アニア居酒屋 / 西鉄平尾駅渡辺通駅薬院駅

関連記事

俺みたいな喫煙者には嬉しくない「プロント 福岡赤坂店」で朝メシ

俺はおおむね「PRONT」という業態全体に好意的で、割とあちこちで行っております。

でもあんまり好きになれない店舗に行き当たりました。
とはいえ、それは俺が喫煙者だからなんだけどね。

プロント 福岡赤坂店:外観

仕事前に朝メシをと、「プロント 福岡赤坂店」へ。
福岡市営地下鉄赤坂駅にも舞鶴公園にも近いってな絶好なロケーションだね。

赤坂の様子

俺が立ち寄ったのは3月下旬の気持ち良く腫れた日の10時過ぎ。
そのすぐ花見が楽しめるじゃないかって日だったね。

プロント 福岡赤坂店:外観

それhそうと俺は朝メシを食いたかったわけだが、店先にはいい感じにモーニングメニューの案内があった。
リーズナブルな価格帯で嬉しいね、と思いつつ店内へ。

レジで注文と会計をし、喫煙スペースへ向かった。
まぁ、この店舗の喫煙スペースは店の奥まったところ狭いねぇ。

喫煙可ではない席は、大きな窓のレイアウトで陽光が明るいし舞鶴公園の様子も見える、素敵なテラスのようである。
一方、喫煙エリアは陽の当たらない隅っこである。
が、それまぁ仕方ないなぁとは思うよ、今の世の中、喫煙という行為というか嗜好は日陰者の嗜みとなっている。
それに異を唱えるつもりはない。

ただちょっと、カフェで過ごす短い時間くらいはタバコを喫わずにいれたらいいのにね俺、と思っただけだ。
とは言っても、俺にはコーヒーとタバコは切っても切れないものだから、それは無理だ。

プロント 福岡赤坂店:コーヒー

というか朝メシを食いに来たんだった。
モーニングメニューからトーストセット390円也を注文したのだが、野菜がテンコ盛りで有り難いものだった。

プロント 福岡赤坂店:料理

なかなかのお値打ち感。

それにしても、世間には意外と喫煙者に優しいカフェが多いんだなと妙なことを再確認した。
ここみたいに禁煙席がちょっと羨ましいなぁと思うことは、あんまりないんだよね。
そう考えると、世の中はまだそこまで喫煙者を冷遇してはいなんだなぁとか思った。

↓「食べログ」での店舗情報

プロント 福岡赤坂店ダイニングバー / 赤坂駅天神駅西鉄福岡駅(天神)

関連記事

街中で安くしっかり朝メシ食える「やよい軒 天神2丁目店」

とにかく安くてゴハンおかわりできるというのは大きなベネフィットだ。

やよい軒」は“ホモ弁”を展開する「株式会社プレナス」の外食業態だね。
それを知ってると定食とかのいろんなオカズはホモ弁クオリティと変わらない気がして有り難みが薄れるような気もしないでもないし、それにしてはけっこう平気で900円とか1,000円近いメニューが少なくない印象で、あまりリーズナブルにメシ食える店っていうイメージはないのよね。

その一方で、福岡に本社がある企業だから親近感がないでもない。
そして、朝食メニューについては大きく評価できる。
俺は納豆朝食370円也が好きだ。

やよい軒 天神2丁目店:料理

冒頭に書いた“とにかく安くてゴハンおかわりできるというのは大きなベネフィット”というのは、実は納豆朝食に関してだけ当てはまる。
味噌汁、海苔、納豆、生たまご、冷奴、そしてゴハンおかわり可。
とても満足感を得られる。
似たような構成の朝食メニューは「すき家」とか「松屋」とかでも提供しているが、ゴハンおかわり可という点で「やよい軒」は他を凌駕する。

以前、しばしば利用してた頃は350円だったなーって記憶だが、現在でも370円で提供しているって十分に安い。
ところで生たまご、俺は黄味と白身を分離して黄味だけをゴハンにのせて食べます。

やよい軒 天神2丁目店:料理

白身はどうするかって?
味噌汁に投入して掻き混ぜます。
で、たまごがけゴハン食って、海苔でゴハン食って納豆でゴハン食ってとね、若い頃は3杯はゴハン食ってたね。
今はもうオッサンになって2杯でおなかいっぱい。

こちら天神2丁目店はロケーション的にオフィス街な空気もあり、そのせいか店舗も落ち着いた外観。
なんだか「やよい軒」じゃないみたい。

やよい軒 天神2丁目店:外観

店内からはオフィスへと急ぐOLさんの姿が眺められたりするが、それは別にメシ食う環境として嬉しくはない。

やよい軒 天神2丁目店:店内

明け方など利用する時間帯によっては仕事明けのナイト君と客のギャルがウェ〜イwwって騒いでてウザい「やよい軒」ですが、10時過ぎだとそういう客層はいないみたいね。

カフェのモーニングなど同等の価格帯で楽しめて選択肢も多い天神界隈だけど、ゴハンがっつり食えるって独自性があるから「やよい軒」ネヴァーダイで頑張ってくれたら嬉しいです。
納豆朝食しか食わないけど。

↓「食べログ」での店舗情報

やよい軒 天神2丁目店定食・食堂 / 天神駅西鉄福岡駅(天神)天神南駅

関連記事

ふーむこういうチェーンもあったのか「かつや 福岡箱崎店」

天気が良いのでチャリンコでふらふらしてたら福岡市東区。
あー箱崎の辺りって懐かしいなぁ、決してその辺りの大学に通ってたとかではなく(俺は勉強ができないガキだったので通えるレベルではなかった)、箱崎には味のある飲み屋が存在しており飲みに行ってたのね。

そんでまぁ、あちこちうろうろしてたら「かつや」って店が目にとまったわけなのね。

かつや 福岡箱崎店:外観

メシ系ファストフードだなぁ。
これひょっとして「松屋」とか「すき家」の他業態なのかなぁ、とか思ったが。
ぜんぜん違うんだね、「アークランドサービス株式会社」ってとこが展開してるのね。
ふーん、知らん。
でもまぁ、物珍しさもあり腹も減ってたので立ち寄ってみたわ。

まー、混んでたわ。
地域で人気の店なんだろか。
カウンター席には空きがあったので待たずに座れた。
メニューをチラっと見て、とにかく「カツ丼(梅)」490円也を注文した。
それがフラッグシップメニューであろうから、初めてだしそれを。

かつや 福岡箱崎店:メニュー

他にも定食とかあったけどね。
あとタレカツ丼なるものがプッシュされてたが。
それは岡山とかのソースカツ丼っぽいものかと思ったが、トンカツではなくチキンカツなんだな。

かつや 福岡箱崎店:メニューかつや 福岡箱崎店:メニュー

待つこと、しばし。
「松屋」や「すき家」のオペレーション速度を期待してはいけないんだな、牛丼とかと違ってオーダー後の調理過程が多いしな、逆にいえば少し待ったということは、ちゃんと調理された食べものであるということだな。

で、まぁカツ丼がきました。

かつや 福岡箱崎店:料理

見た目は、三つ葉っぽいものが散らされていて悪くないかな……いやまぁ一目見て卵に火が入り過ぎのようだが。
で、まぁ食ってみたら、なんかこう……ボソっとした……水分が欲しくなるような、仕上がり。
クソマズくはないけど、なんかこう……いやでも490円だからな、500円もしない食いものにあれこれ望み過ぎては人としての品位を自ら貶めることになるよな。

あ、でも外税だから会計529円か。
500円越えてると、なんかこのレベルでは嬉しくなれないな。

また利用することはない気がする。

↓「食べログ」での店舗情報

かつや 福岡箱崎店とんかつ / 箱崎宮前駅馬出九大病院前駅

関連記事

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement