熊本で最強かもしれない八代市のフリーダムな飲み屋「ボーロ食堂」

<追記:2015年12月30日>
年の暮れ、ゆく年くる年な時期になると様々なことを振り返りつつ、あの飲み屋まだ存在してるかなってのが気になったりもするんだよ。
特に、吹けば飛ぶよな掘建て小屋みたいな飲み屋は、もう(物理的に)潰れちゃったり、廃業してはいないかしらと心配になったりもする。
そんなわけで、八代市の「ボーロ食堂」へ。

ボーロ食堂:外観

おお、健在だ! 良かった!

マスターは、11月はちょっと体調を崩されていたようだが、元気に店を開けていた。
もう70歳になろうかってマスターなので、引退して店を閉めてはしないかと不安を抱きつつ訪れたのだが、いつものように昼から営業していてくれて嬉しい。

とりあえず、ここでは、他所では滅多に飲むことのない第3のビールだか新ジャンルだかわからんものを飲む。

ボーロ食堂:酒

ちゃんとしたビールも今ではメニューに加わっているが、最初にこの店に入ってみたときは第3のビールだか新ジャンルしかなく、まぁあるものを飲むかと仕方なく飲んだのだが、もはやこの店では第3のビールだか新ジャンルを飲むのが俺には通例になってしまった。

平日の昼下がり、いつものように客席はほぼ埋まっていて、いつもの常連さんの見覚えのある顔ぶれ。
客層はマスターと同じくらいか、それより歳上という年齢層だ。

ボーロ食堂:酒

以前はポン酒は置いてなかったが、今はレギュラーで置いてある。
月桂冠の「月」だったかの紙パック酒だが。
安っぽくて、だけどそれでいいんだよ。

健在を確認してサッと飲んで帰るつもりだったが、常連さんと話が弾んで、というか身の上話を聞いたり手造りの干し柿をいただいたり一杯ゴチソウになってしまったり、なんやかんやで長居してしまったな。
いや楽しく飲めたので、ぜんぜんやぶさかではないのだが。

ここは、八代が誇るべき酒場だと思う。
マスターが末永く健康で、末永く店を開けていてくれると嬉しいなぁ。

<初回投稿:2015年03月02日>
ものすごく好きな飲み屋。
この店に行くためだけに電車に乗って八代に行ってもいいレベル。

JR八代駅から八代市役所に至る、そこそこメインストリートな通りから見える。
ほんのちょっと路地に入るんだけど、大きい通りから店舗が見える。
どんな感じに見えるかというと。

ボーロ食堂:外観

バラックみたい。

遠目には店に見えんわな。
でも店だよ、季節によってサッシの引き戸が開いてたり閉まってたりするが、開いていれば中で大勢の客が酒飲んでるのがわかるし、閉まっていてもサッシに屋号のシールが貼ってあるから店だとわかる。
わかっても、ちょっと入るのに勇気が要るとは思うんだけどね。

だいたい14時過ぎから開いていて、その時間帯からほぼ満席になる。
ぶっちゃけ常連ばかりで占められる店ではあるが、一見を排除するような空気ではないよ。
年齢層は高く、ほとんど60歳オーバーだと思う。
そこへ俺はスーツ姿で行ったもんだから、初めはちょっと常連さんに警戒されたかも。
だが70歳に近いマスターはオープンマインド来る者拒まずな感じに、飄々と迎えてくれた。

ボーロ食堂:店内ボーロ食堂:店内

まぁ雑然とした店内である。
狭く、L字形のカウンターのみで、背中はすぐ壁の圧迫感で、横の客とも近い。
で、最初は場違いな奴であったであろう俺は、すぐ常連の輪の中に入れてしまった……見知らぬ客にも、すぐ話しかけてくるのよね酔ったジジババって(笑)。

ボーロ食堂:のどごし生

ビールはなくて、のどごし生。
俺は普段、発泡酒とか新ジャンルとか、わざわざ金払って飲みたくねぇやってスタンスなんだけど。
この店でだけは飲む。
あるものを飲めばいいやって、この店では思うんだよね。
なんかそういう、いろんな事こだわらなくてイイじゃんって思ってしまう空気の店なんだよ。
ちなみに、のどごし生180円也。

アルコールは他に、焼酎があった。
ポン酒はありませんかと訊くと、恐縮しつつ、無いと。
無いなら仕方ないなと思ったが、なぜか常連さんがわざわざ外の酒屋まで買いに行ってくれたりしたな。
そのうち俺が何度か飲みに行くようになると、ポン酒を常備してくれるようになった。
たまたまポン酒が切れていると、仕方ないので焼酎を緑茶で割って飲んだり。
急須で茶を淹れてくれて、夏場なら氷で冷やしてくれる。

酒のアテは、いろいろある。

ボーロ食堂:メニュー

おでん、うどん、にゅうめん、プロセスチーズ、玉子焼、焼き魚、鯨、鹿刺など、結構いろいろあるよね?

ボーロ食堂:玉子焼き

俺が気に入ってるのは野ぜり、芹だ。

ボーロ食堂:せりボーロ食堂:せり

マスターが摘んできた野生の芹を、その場でお浸しにしてくれるんだが、野趣溢れる香りと味わいでシャキシャキしてて、ポン酒のアテにいいんだよ。

それから、このしろ。

ボーロ食堂:このしろ

なんか盛り付けもへったくれもないような見た目だが、浅く締められていて削った生姜もいい感じ、やはりこれもポン酒のアテにいいんだな。

常連客との会話は、方言がキツくて、ちょっとなに言ってるかわからないときもあるが、面白い。
話好きのマスターは、読書家のようで話題が豊富で話すと楽しい。
正直なところ地元の小さな寄り合い所みたいな入りにくさは感じるとも思うが、マスターも常連客もオープンマインドなので一歩踏み出せば、あとは大丈夫だ。

もう38年やっているそうだが、勝手ながら末永く店を開けていて欲しいと願う。

住所は八代市大手町2-8-5で、ストリートビューでも所在を確認できるから、行ってみて欲しい。
酒が好き、ディープな酒場が好きな人なら、きっと楽しめると思うよ。

関連記事

ここのカツ丼がすごく大好き八代の風情あるメシ屋「きやす食堂」

<追記:2015年12月30日>
年の瀬にあたり、いろいろ振り返ってみるに、やはり八代「きやす食堂」のカツ丼が俺のフェイバリットである。
まぁそんなにカツ丼を食い歩いてるわけでは全然ないが、この店のカツ丼はとにかく好きだ。
そんなわけで、電車に乗って八代市までカツ丼を食いに。

久しぶりなんで廃業してないか少し心配したが、健在で良かった。
平日の、昼メシのピークが過ぎた店内に先客はなく、出前担当の店のオッチャンが客席でうつぶせになって寝てた。
そんなことには動ぜず、厨房のオバチャンにカツ丼を注文しながらセルフの茶を注いで席に着く。

きやす食堂:メニュー

注文した後でメニューを確認すると、カツ丼は値上がりなどしておらず相変わらずの630円。
嬉しい安さだよねぇ。

そして変わらない姿のカツ丼が出てきた。

きやす食堂:料理

この、玉子たっぷり使ってある感じの見た目がまず、好きなんだなぁ。
玉子トロトロで、甘みが強めで、ツユもたっぷりめ。
カツは衣は揚げたてでカリっと、肉の繊維質の噛み応えに肉の旨味、しっかりした下味と、脂身のトロっとした甘みも充分に楽しめる。
やや固めに炊かれたゴハンも嬉しく、トータルな完成度が高いレベルで結実したカツ丼なんだよこれが。
しかも安い。
非常に満足できるカツ丼です。

もう仕事で八代に行くことはないので、わざわざ電車に乗って食べに行かなければならないのだが、その価値はある。
とは言いつつ、時間も金もかかるので、そう頻繁には行けないんだけどね。
熊本駅から八代まで在来線で40分ほどで、片道740円かかる。
時間的には、東京から横浜、大阪から京都へってな距離感なんだが、そのどちらも電車賃は500円くらいで済む。
そう考えると、地方に住んでるってのはいろいろ不便で悩ましいもんだぜって思っちゃうね。
それでもまぁ「きやす食堂」のカツ丼には魅力があり、そして合わせ技で「ボーロ食堂」にも寄って酒を飲めば、時間も電車賃も惜しくはなくなる。
「きやす食堂」と「ボーロ食堂」の2店がある限り、八代市には訪れる価値がある。

<初回投稿:2014年11月18日>
カツ丼って、素敵な食べものだよね。

ガッツリであり、動物性タンパク質と脂質と炭水化物が摂取できるパワーメニューであり、たまごトロトロが嬉しくもあり、出汁の味と甘さが優しくもあり。
あと子供の頃あまり食べられなかった店屋物への憧憬なんかもあったりする。
ガツガツ食うと“うぉ〜メシ食ってるぞぉ〜!”という充足感もある。

そんなカツ丼ですが、いろんな業態の店にメニューとしてラインナップされてて、当たり外れがある。
価格帯のバラつきもあり、800円くらいのカツ丼で外れをひくと、とてもガッカリする。

で、俺が知る限りの現状でマストでフェイバリットなカツ丼は八代の「きやす食堂」のカツ丼です。

八代市役所や熊本総合病院の近く、肥後銀行の隣、住所的には八代市本町にある古くからあるであろう食堂。

きやす食堂:外観
きやす食堂:店先

店頭のメニューディスプレイが昭和の雰囲気です。

きやす食堂:店頭メニュー

さぁ、カツ丼。

きやす食堂:カツ丼

たまごトロトロのアピアランスで、ちょっとウットリしちゃうね。
分量的に、けっこう使ってるよね、たまご。
火の入り具合も絶妙だと思うのであります。

きやす食堂:カツ丼

トンカツが、いい感じの大きさ厚みで、コロモの付き具合も肉の食感をスポイルせず、かつコロモの食感も楽しめるような按配。
数としても満足できるだけのトンカツが潜んでいる。

ゴハンの分量も良し、甘みもダシの味も良し、トータルに満足できるカツ丼なんだよ。
これで630円、安い。

店自体も、好きなんだよね。

きやす食堂:店内
きやす食堂:店内

飾り気のない店でね、テーブル席と狭くて寛げない小上がりもあって、自分でお茶いれてね、厨房内で忙しくしてるオバチャンに大きな声でオーダーしてね。

きやす食堂:メニュー
きやす食堂:卓上メニュー

店内がそんなに混んでなくても、出前のオーダーでけっこう忙しそうなんだよね。
正午過ぎには店内も一気に混んで満席になる。

きやす食堂:店内メニュー

俺は食べたことないけど、他のお客さんのオーダー聞いてると、おにぎり定食ってのが人気みたい。
持ち帰りも多い。

ご近所さん、近くのショップ店員、たぶん役所や病院のスタッフ、肉体労働系、ジジババなど多様な客層で賑わう町の食堂。
2年くらい前だったか仕事で八代に頻繁に行ってて、この食堂でメシを食うのが楽しみだったんだよね。
雰囲気も安さも、味も良い。
正直、カレーはいまいち感あったんだけど、いくつかのメニューを食べてみてカツ丼は最強だなと思った。
近所にあれば毎週でも通いたいメシ屋さんだよ。

↓「食べログ」での店舗情報

きやす食堂定食・食堂 / 八代駅

関連記事

昼酒砂漠熊本では珍しく14時から飲める中央区の並木坂「トリッパ」

並木坂を歩いていたら、昼飲みできる店を見つけた。
酒飲み文化がプアな熊本では、昼から飲める店というのは珍しいのだ。

屋号からしてイタリアンな店であろうと思われる「トリッパ」。

トリッパ:外観トリッパ:外観

ワイン酒場とのことだが、けっこう前向きに昼飲みをプッシュしていて好感が持てるね。
なんだか若者向けのオサレな店っぽくて、俺には入るのに勇気が要るのだが昼酒が飲めるのなら立ち寄ってみねば。

トリッパ:店内

ナチュラルにウッディな店内、割と広めのフロアにテーブル席、カウンターの向こうはオープンキッチン。
キッチンに若い男性が2人、フロアに若い女の子、いずれもシャレた格好の若者なので、むさ苦しいオッサンである俺としては場違いでスマンという気持ちになる。

トリッパ:メニュートリッパ:メニュー

メニューを眺めると、ほほぅ2時間1,500円でワイン飲み放題か。
昼の時間帯14時から18時まではチャージなしで、安価なアテもいくつかあるな。
屋号にしているトリッパは昼の時間帯には出さないようだが、まぁ俺は内臓が苦手なので要らない。
これは、気軽に飲むのに良いじゃないかと思った。

そこまでガブガブ飲もうってテンションじゃなかったから、ワイン飲み放題じゃなくビールを。

トリッパ:酒

アテに、豚バラ肉のリエット380円也を注文した。

トリッパ:料理

380円で、こんなに? というほどリエットたっぷり。
なめらかで、豚の脂の甘みと旨味とが楽しめて、これはお値打ちだなぁと思ったね。
ただ添えられたバゲットが、カリカリってかバリバリなのがちょっとね、もっとシットリのほうがリエットと絡んで良いと思うんだけどね。

さてところで、この店に入ってみようと思ったのは昼酒ができるってだけでなく、表の黒板に自家製リモンチェッロがあると書いてあったからでもあった。
俺は、大衆酒場とか立ち飲み屋が好きだからリモンチェッロなどという飲み物を知らないと思えるだろうが、こう見えてリモンチェッロが好きだ。
まぁ滅多に行くことはないが、イタリアンな店に行って飲み食いをしたら、〆にエスプレッソかリモンチェッロが飲めないと不機嫌になる。
ちなみにエスプレッソにグラッパを垂らしてくれるような店に当たると、すごく上機嫌になる。
まぁそんなわけで、リモンチェッロしかも自家製があるとなれば、それはとても飲んでみたいってことなのよ。

トリッパ:店内トリッパ:店内

写真がボケボケで恐縮だが、自家製リモンチェッロは水俣産の無農薬レモンを使っているそうだ。
自家製を裏付けするように、漬け込んである瓶が店内に飾られていた。
ソーダ割り、ロック、ストレートでとのことだが、やっぱストレートだろ。

トリッパ:酒

リキュールを飲むサイズのチューリップグラスで出してくれたら嬉しかったが、まぁいいや。
レモンの酸味の爽やかさと、濃厚な甘さが、グイグイ迫ってくるリモンチェッロだった。
美味しいです、満足。

オシャレな店だなぁと物怖じしたが、なかなか良い店じゃないかと思った。
俺が立ち寄った月曜の15時台、先客も後客もなかったが、頑張って昼営業を続けてくれると嬉しいな。
昼から酒を飲むという文化が田舎町熊本に根づくまで、負けないで欲しい。

↓「食べログ」での店舗情報

トリッパイタリアン / 藤崎宮前駅通町筋駅水道町駅

関連記事

ニュータイプ角打ちと成り得るのか楽しみではある熊本市上通り「T-LAB」

昼から角打ちできる酒屋ってゆーかワイン屋が、上通りにあるとの情報を拾った。
酒を飲む文化の成熟度が低い熊本にあっては、それはとても珍しい。
ぜひ立ち寄ってみねばと思った。

上通りアーケード内、ドコモショップの隣、井上ビルの2階。
階段を上がり、狭い通路の先にある。

T-LAB:外観T-LAB:外観

で、行ってみたら閉まってた。

T-LAB:外観

なんだよコノヤロー、営業日や時間を確認しておこうと事前に店のFacebookページを見てから行ったってのによぉ。
店的には不定休とのことだったが、不定休ならばこそFacebookやってるんなら今日は休みですとか投稿しとけよ、なんのためのFacebookだよ、これだからクソ田舎熊本の店は駄目なんだよ、とだいぶアタマきた。
もういい、二度と行くかヴォケ! と思った。

思ったのだが。
昼から角打ちできるってのはクソ田舎では貴重なので、やっぱ気になって、後日また改めて行ってみた。
その日はちゃんと営業していた。

店の感じは、酒屋とかワイン屋というより輸入食材セレクト店っぽい雰囲気で、たとえるなら「カルディ」みたいな感じの店舗である。
いやまぁ判り易くいえば「カルディ」っぽいってことで、たぶん品物のセレクトは「カルディ」よりも矜持のあるものだと思うんだけどね、それにワインが豊富に陳列されてたしね。

店には穏やかそうな若めの男性店員さんがいて、ここで酒が飲めるのか訊いてみた。
はい、買ったものを飲めるスペースがありますと案内してくれた。
ワインが豊富だが、輸入ビールが何種類か冷蔵ショーケースにあったので、そちらからいただくことにした。

T-LAB:酒

ピルスナーウルケル、370円+Taxで400円。
足のついたグラスを用意してくれて、ありがたい。

買ったものを飲める、つまり角打ちのためのスペースは売り場と繋がった小さなスペース。

T-LAB:店内T-LAB:店内

逆L字の木のカウンターと、綺麗なブルーに塗られた椅子が用意されている。
なかなか小洒落た空間だ。

T-LAB:メニューT-LAB:メニュー

アテとして、乾きものやチーズなどもあるが、隣の姉妹店「ポム・ド・テール」の営業時間なら、そちらから料理を頼むこともできる。
隣の店が混んでいるときに、ウェイティングバーとして使うこともできるかもしれないね。

T-LAB:店内

売り場と角打ちスペースは、小さくて背を屈めないとくぐれない通路で仕切られている。
そのせいで、角打ちスペースはちょっと秘密の部屋みたいな雰囲気があってカワイイね。

売り場には、割とひっきりなしに来店客があった。
ほぼ女性で、ワインを買い求めに来ていたようだった。
店員さんは、ひとり一人に丁寧にワインを選んでいた様子で、好印象。
そうやって買い物をする客が多いので、角打ちスペースが仕切られているのは有り難い。
仕切られてなければ、買い物客を気にしてしまって落ち着いて酒が飲めないからね。

忙しそうだったので、ほぼ店員さんと会話できなかったのだが、ワインの一杯売りもやってるのだろうか?
入荷したオススメのワインを試飲できるのなら、より利用価値が高まると思う。
あくまでワイン屋なんだろうけど、角打ち利用を推したい気持ちもあるように感じたので、ワインを買うついでに一杯やっていく客が増えると良いなぁと思う。
俺のような大衆酒場、立ち飲み屋、角打ちのマニアみたいなオッサンじゃなく、一般の人たちに気軽に一杯飲める店として広まってくれたほうが、街が楽しくなるなぁと思うんだよね。

そんなわけで、俺向きの店ではないが、もっと知られて人気の店になって欲しいなと思う。
しかしそれはそうと、休みはちゃんとしっかり周知してくれよ。
どうやら火曜に休むことが多いようだ。

↓「食べログ」での店舗情報

T-LABバー・お酒(その他) / 通町筋駅水道町駅熊本城・市役所前駅

関連記事

やっぱ新橋駅前ビルは楽しいな「南1号店」でガヤガヤと飲んだ

新橋にて、旧知の友人お二方(オッサン)と座りの居酒屋で飲んでいたが、そんなに楽しい店でなく。
せっかく飲み屋巡りに東京に来ていて、フツーの居酒屋で飲むのは面白くないと感じる俺である。

河岸を変えようと提案し、新橋駅前ビル1号館B1F「南1号店」という店へ。

南1号店:店内

店先の通路にテーブルを出していて駄菓子屋っぽい飲み屋。
駄菓子屋のオバちゃんっぽい気さくな女性スタッフが迎えてくれた。

南1号店:店内

いや、オバちゃんってのは失礼だな、俺より間違いなく若い。
この人が女将なのかどうか覚えてないし、南1号の他に北2号とかもあるのかも知らない。
なにしろもう、だいぶ酔っていたので記憶が定かではないのであった。
この日は上野で3軒、新橋で2軒とハシゴをかけていて、また俺には珍しく新橋2軒目からは独り飲みではなく友人と一緒に飲んでいたので酔い方がいつも通りではない。

南1号店:店内

飲んでいながら、ふと周囲に視線を移すと駅近くのビル内通路であるロケーションが楽しいなぁ。
電車の時間を気にするサラリーマンに優しい飲屋街って感じ。

ここで、他所で飲んでた旧知の女性2人が合流してくれた。
オッサン3人で飲んでいたところに女性が2人も加わったので、楽しくなってまいりました。
そりゃオッサンだけで飲んでるより女性がいてくれたほうが嬉しい。
それで俺の酔いも、加速した。

南1号店:酒南1号店:料理

そしてまた、この店のオープンな雰囲気が楽しいのもあって、酔いが深まる。
店先でガヤガヤとバカ話に興じる俺たちを、暖かく見守る空気があった。
酒のおかわりとかアテはいかがかと、店のオバちゃんは絶妙に勧めてきたので、どんどん飲んだ。

それで、俺はもうだいぶ酔ってしまった。
良い飲み屋だったなぁと店を後にし、友人たちと別れ、駅へ向かった。
楽しい夜の余韻を胸に、もう宿で休めば良かったのだが……俺は飲み屋巡りに東京へ来ているんだから、もうちょっと徘徊しようと思ってしまったんだよね。
そうだ、神田へ行こう。
そう考えて電車に乗った俺は、その後、思いもしなかった場所へと行ってしまうのだった……。

↓「食べログ」での店舗情報

南 1号店居酒屋 / 新橋駅汐留駅内幸町駅

関連記事

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement